子供と一緒にデイキャンプを楽しもう!最低限必要な我が家の持ち物リストをご紹介

ども、みそおですっ!

今回はキャンプはキャンプでも、デイキャンプ。日帰りで軽装備でも十分に楽しめて気軽にアウトドア気分が味わえるのが、魅力の1つ

そんなデイキャンプについて実際に我が家がデイキャンプの楽しみ方や道具などご紹介しますよっ!

スポンサードサーチ

子供と一緒にデイキャンプを楽しもう!最低限必要な我が家の持ち物リストをご紹介

ファミリー層あるあるだと思いますが、子供の学校行事や用事などでなかなか連続した休みが取れず、キャンプにも行けず、悶々としてしまうんです

ありますよね……あります。うん。ホントに

……

そんな時はあれですよ、デイキャンプですよ!

デイキャンプって何?

「デイキャンプ」ってキャンプをする前では知らなかった言葉なんですが、 公園遊びでもなく、キャンプでもないデイキャンプは、外でご飯を食べる「日帰りのキャンプ」のこと

デイキャップのメリット

なかなか子供がいると予定が既に入っていて連続した休みがが作れずにキャンプが出来ないケースも多くありますよね

そんな時にキャンプより手軽にアウトドア気分を味わえるのがデイキャンプなんです

キャンプはテントやシュラフなど宿泊をするアウトドアなので荷物も多くなります。 その点、日帰りのデイキャップは、より身近で手軽にアウトドアな遊びが出来るのがデイキャンプの魅力の1つ

デイキャンプは何処でする?

デイキャンプしたいんだけど、何処ですれば?って思うんですが、やはり無難で快適なのはキャンプ場です

一泊の料金よりお安くなる上にキャンプ場の下見まで出来てしまうのではじめてのデイキャンプにはオススメ。

……ですが、デイキャンプは日帰りとなる為、 もう少しお手軽にしたい我が家は、いつも無料バーベキュー場(夏は川原)を利用しています

有料キャンプ場ほどの快適さは無くても、滞在時間が短いデイキャンプなのでそこまで神経質になる必要もなく、キャンプほど荷物も多くないので無料のバーベキュー場で過ごすだけでも十分に楽しめますよっ!

デイキャンプとバーベキューの違いは?

デイキャンプって特に明確な基準等はないため、バーベキュー? デイキャンプ? え?これは何をしてる? とか思ったりしますが……

テント・タープの有無に限らず、 「日帰りで炭火を使ったらバーベキュー」 って普段、バーベキューをしない私は今、決めました

(バーベキューはあくまで調理手段とかいうツッコミは無しの方向で……)

とかとかドヤ顔で話していますが何をどうやって過ごすのか、ルール・マナー内で自由にデイキャンプなりバーベキューを楽しめばいいんです。言葉に囚われてはダメです。それがアウトドアなんですよっ!

“最低限必要な”デイキャンプの道具リスト

デイキャンプはキャンプと違い日帰りの遊びとなるため、比較的荷物も少なく、思い立ったら行けてしまうぐらい気楽に楽しむ事ができます

キャンプにも使える道具ばかりなので、「キャンプはもう少し様子見……」という方も、宿泊をしないというハードルが下がるので先ずはデイキャンプで試してもあり

そんなデイキャンプで我が家が実際に使っている道具などをご紹介しますよっ!

タープ ★★★

特に夏の日差しや急な天候の変化、風を防いでくれるタープは必須

また、タープがあるとプライベート感も加わって見た目からも一気にキャンプ感が出ちゃってテンション上がるんです

簡易型のテントも持っていく場合はありますが、 個人的にはテントやシェルターなんかはあまり必要としませんでした……

手軽さ無くなる事もありますが、基本的に遊ぶ・食べるぐらいしか我が家はしない為、そこまで必要性を感じていません

ただ、川遊びなど着替えをする場合だけ、人目が気になる時用にワンタッチテントを持っていってますよっ!

アウトドアワゴン ★★★

キャンプ場とは違い無料バーベキュー場や川原では、駐車スペースから離れている事もありますのでアウトドアワゴンはあると便利

我が家は、基本的に車で保管しているので外で遊ぶ際の出動率はかなりお高めなので、キャンプに限らずイベントの多いファミリー層は持っていて損はありません

テーブル・チェア ★★☆

チェアを上げていますが、私の場合チェアは持っていかない事が多い(いわゆるお座敷スタイル)

と、いうのも我が家の場合。デイキャンプでチェアに座ってのんびりってよりは遊びがメインなので食べる時ぐらいにしか使わない……わざわざ持っていくのも面倒い……って感じです

ただ、テーブルはあった方が楽に食事が出来ます。文明を手にした感があります。

(1度、テーブル無しでデイキャンプしましたがやっぱり不便……)

デイキャンプでは長時間過ごす訳でもないので、お座敷でも高さが微妙にテーブル高さが高くてもそこまで気にしてないです(汗)

よくある組み立て式よりロールテーブルの方が圧倒的に楽で便利ですよ〜。(ただ、それなりのお値段がします……)

カセットコンロ ★★☆

後述するバーベキュー・コンロかバーナー・カセットコンロがデイキャップでは一般的

ただ、子供と行くデイキャンプの場合、炭などの用意、片付けなどがないカセットコンロをオススメします

カセットコンロ一つあれば、煮る、焼くなどお手軽に調理する事ができ、バーベキューと比べると持ち物も減るのでデイキャンプは、もっぱらカセットコンロが便利なんですよね

先ずは気楽にチャレンジする! ってのは自宅でも使え、ノブを操作するだけの手軽さがカセットコンロの魅力の1つですねっ!

バーベキューコンロ・焚き火台

河原でデイキャンプしながらバーベキューを楽しむ。それはもう最高な時間です

その日のメニューよってカセットコンロかバーベキューコンロのいずれかを持っていっています

ただ、よくあるバーベキューコンロって大きくて持ち運びが大変なので我が家では、コンパクトな焚き火台でバーベキューをしています

食器・コップ類 ★☆☆

キャンプをやる(やっている)前提であれば、その食器を持っていけば事足りるんですが……

デイキャンプやバーベキューをとりあえずはじめたい! みたいな感じであれば、紙コップ・紙皿でも十分。ってそちらの方がお手軽で後片付けが楽なんですよ〜

無料のバーベキュー場だと洗い物がNGの場合もあったりするので、デイキャンプ後の予定などで選んでも良いかと思います

我が家は100均のセリアの紙皿を使っています。意外とオシャレで、使い勝手も悪くありません

クーラーボックス・ソフトクーラー ★☆☆

外で食事をするデイキャンプなのでクーラーボックスも持って行ってます。ただ、キャンプと違い1食分+αぐらいの 容量で30Lぐらいあれば十分です

また、春先や秋・冬など比較的保冷力を必要しない場合には、折りたためるソフトクーラーなんかもあると使い勝手が良かったですよっ!

(ファミリー層なら運動会や公園遊びとかにも使えるしね)

子供と行くデイキャンプで用意したい道具

薬・虫除けスプレー

特に夏になると蚊やアブなど自然が近くにあるアウトドアなので虫除けはしっかりとした方がいいですね!

特に園児がいる私なので虫に刺されるとかきむしってしまって酷いことになったりとしますので……(汗)

我が家では、ベビー用品店にあった天然成分100%で子供でも安心して使える「パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー」を使っていますよ〜

スポンサードサーチ

「デイキャンプ」で手軽さにアウトドアを楽しもう

キャンプってなるとテントからはじまってシュラフなど荷物が多く、気軽にはじめるとなるとやっぱり気合いが必要となるんです……

その点、荷物も少なめで自宅から近い公園・無料バーベキュー場などでも身近にアウトドアを味わう事が出来るデイキャンプ

キャンプの練習や雰囲気を味わう事も出来るデイキャンプなので皆さんも気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか〜

おわり〜

関連・オススメ記事

www.misojicamp.com

www.misojicamp.com

Sotoshiru

アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!

最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

読者登録していただけると励みになります!お気軽にどうぞー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

みそお
根っからのアウトドア派の筆者「みそお」です。嫁ちゃん、長男、次男の4人家族で2018年からファミリーキャンプを楽しんでいます。そんなファミキャンの様子やギアのレビューなどをご紹介していますっ! ・ソトシル公式メディアとして参加しています。