Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

MENU

『キャンプってやっぱり難しい? 』キャンプ初心者が考えるもっと気楽にキャンプを楽しむコツ

ども、みそおです


『キャンプって難しそうで、チョット……』


って感じでキャンプって敷板が高い趣味と思いません?

いや〜もうね、高いよ。何も知らないところから始めているキャンプど素人の私なんでキャンプの後ろにチョモランマを感じる

そこで、今回はキャンプ初心者が『気楽にキャンプをする』為のコツ? 心構え? みたいな事をご紹介しますよっ!



キャンプをもう少し気楽にするコツ


今でも思いますが、キャンプって何も知らない状態で1からスタートするには結構、敷居が高い趣味だと思うんですよね


テントや必要機材の購入に始まり、キャンプ場現地での設営、食事、睡眠といった生活環境の一部をこなす趣味

こんな色々な趣味がある中でも衣食住を全てこなす趣味はなかなか無い。(だから、面白い)


ただ、インターネットがあるこの時代。調べればお洒落なサイト、美味しそうな料理、遊べそうな環境を目の当たりにするんです

妄想が妄想を呼び興奮しちゃいませんか? 無駄に嫁に熱く語りませんか? こんなんいいよね?!みたいな感じで無我夢中になりませんか?



はい、それは私ですよっ!(ドドドっ!)



でも、チョット待って……?


そんな猪突猛進で突き進む私に『待った』をかける存在が出現するんです


そう、嫁ちゃん。イエス、マイ・ワイフ


イケイケどんどんと突き進む派の私なので、石橋を叩いて渡る派の嫁ちゃんが物申してきたんです

でも、実際にキャンプってやる事が意外とあって、未知数な部分も多くあり、増してや子供を連れて……ってなると心配してしまうんです



『むむむ……やっぱりキャンプって難しいな』


って我に帰り、もう少し『気楽に』キャンプを楽しむためにキャンプ初心者の我が家では色々と手を抜くとこは手を抜いてしまえ! っという結論に至ったわけです


今回は、どちらかと言えばギアや方法ってよりは、心構えみたいな内容になってますが、ご紹介していきますよ〜



場所はオート区間サイトで!


私の初キャンプデビューが無料のフリーサイトだったので余計に感じるんですが

キャンプ初心者にフリーサイトは、武器を持たずに戦場に立たされている気分になり 途方に暮れます。

ホントにキャンプ場に到着してから設営開始まで1〜2時間ぐらいはグダグダ悩んだかな……

うん。もうね、よくわからんってなってた


その辺は、別の記事にもご紹介していますがオート区間サイトってホントにキャンプを手軽にしてくれます



フリーサイトで、のびのびと広々使えていいわ〜なんて全く思わなかったんですよね

区間サイトだと勝手に場所に指定されちゃうけど、 『気楽に』キャンプをするっていう意味合いではオート区間サイトの一択ですね


区間サイトって楽だわ〜


『何もしない』をする!


究極にして最高の贅沢

遊びに来たのに何もしない


いやいや、キャンプする前は妄想しましたよ? アレで遊んで、コレで遊んで、そんでもって美味しくご飯食べて、焚き火して、コーヒー飲んで……

みたい事を想像してましたよ。でもね、私は無理でしたね。気持ちが先行しちゃってますが、そんな余裕が無いんです

バタバタバターーーって文字通りに「あっ」という間に時間が過ぎていきます。え? もう夜? ってなる


なので、初キャンプ後からは基本的に『何もしない』って言う気持ちでいます。キャンプ場にいる事だけで幸せなんです


ただ、それだとファミリーではあまりにも寂しいので 『空いた時間にコレをする! 』って感じのラフさでキャンプ毎に1つテーマを用意しています


焚き火に挑戦する!
キャンプ場のコレで遊ぶ!
燻製を作ってみる!


みたいな感じで、小さくてもやりたい事を『空いた時間にやればいいや〜』ぐらいな気持ちで、暇を楽しむぐらいの気楽さで良いと思うようになりました



最悪・即・撤収


場所選びにも繋がりますが、 初キャンプでは可能な限り近いキャンプ場を選びました

っと言うのも、まだまだ手のかかる息子2人を連れて、しかも未知数の初キャンプだったので予想できない不安がいっぱいなんです


そういう意味で初キャンプの際には、我が家では『何かあれば即撤収!』をスローガンにしていました(あくまでも心構えとしてね)


それは、キャンプ代金とか時間とか勿体無いけど、いつでも自宅に帰れる距離にいる。帰れる様に準備しておく。

って感じで 撤収も1つの選択肢としておくってだけでも『心の余裕』が違ってきます


あんまり根を詰めてキャンプしても本来のアウトドアを楽しむという意味が無いですからね


勇気ある撤収も1つの選択肢!



食器類は紙皿・紙コップを利用!

お洒落な食器を家族の人数分用意して、美味しく料理を頂いて。みたいな想像をしていたんです

が、食器と言えど買い揃えるにも予算が必要で、自宅から持っていくには陶器系だと割れる可能性もあるんで嫌です


そういう時は コップや紙皿がめっちゃ便利。 紙コスパなどのデメリットがありますが『気楽さ』を優先するの本当に楽です


関連記事 今の紙皿とかってオシャレ〜


ご飯はインスタント・レトルトで十分!



イメージでは、サラダを前食にローストビーフを作って、お洒落に食べて、デザートにマシュマロ焼いて、『マジ映える〜』みたいな感じ


なんて妄想ワクワクでしたが、ハッキリ言ってキャンプで料理するのってめちゃ大変

野菜を1から切る? いくつも料理する? もうね、無理ですね。そんな余裕なんてないんですよ!



そんな私なのでキャンプでは、基本的にレトルトやインスタント系で和える・炒める・混ぜるだけのお手軽料理。

大きめのフライパンとキッチンバサミがあれば余裕でご飯が美味しく食べれます


飯盒でご飯を炊くだけでも十分、アドベンチャーな私なので、カップ麺を外で食べるってだけで美味しいんですよ〜


レトルトも立派な料理です(キリッ)



『失敗を楽しむ心』結局は、ハートが大事!


元も子もないし締めとなってますが、キャンプをするときに『失敗を楽しむ心』ってのが大事。もうね、ハートですよ。ココね、ココ


ですが、やっぱり敷居が高い趣味であるキャンプ(少なからず私には)

そんなだと、楽しむ心の余裕がないってのあるので私はサボるとこはサボって『気楽に』キャンプを第一優先していています


そんな私が実践しているコツ? テクニック?心構え? という名称「?」って感じですが、『キャンプって難しそう』って思っている方、世の中にはこんな意識低い系キャンプしている奴もいるので大丈夫ですよ〜


おわり〜



アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!こちらからどうぞっ!



読者登録していただけると励みになります!お気軽にどうぞー