Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

MENU

フェアハンドランタンをピッカピカに磨いてみた


ども、みそおです


私はピッカピカが好きなんです。特にメタリックな感じが特に好きなんです


そんな私が前々から気になっていたものの 面倒くさくてなかなか機会がなく、やってみたかったフェアハンドランタンを光沢感をあげる磨き作業


なので、フェアハンドランタンをピッカピカのテッカテカにしてやりましたよっ!



フェアハンドランタンをピッカピカに磨く


大好きなキャンプギアの1つであるフェアハンドランタンなんですが、個人的な好みでよりメタリック感のあるジンクが特に好きです


フェアハンドについてはこちらをどうぞ!


そう、塗装があるよりはマテリアル要素の強いジンクを推していますが ピッカピカ好きな私としてはもう少し光沢感が欲しいんですよっ!


色々と調べてみると研磨剤で磨くとそれはもうたまらないランタンに変貌するとの事を知り、今回はフェアハンドランタンピッカピカ計画と題して挑戦してみました



磨く前の注意事項

調べてみるとフェアハンドランタンの材質はガルバナイズドスチール(亜鉛メッキ鋼板)と呼ばれるもので、簡単にいってしまうと サビなどの耐食性を上げるため表面にメッキ処理が施された材質です


それで 今回、磨くために用意したのはピカール。 もう名前がそのままなんですが、たまにスーパーなどでも見かけます


このピカールは研磨剤になるので削って表面をならすことによって、あの光沢を出そうとしているので当然、 メッキを剥がす・傷つける行為になります


なので、錆などの原因につながるので非常に悩みました。10秒ぐらい


まっ!後悔は先にしかないから後悔でしよ?サビてもまた磨けばいいっしょ!それも味や!


と、どこまでも脳天気な私なので気にしていませんがご参考にされる方はご注意くださいっ!


準備したモノはこれ

今回、フェアハンドランタンピッカピカ計画を遂行するあたって用意したのは

ランタン本体
ピカール
ウエス(4、5枚あれば安心)
スコッチブライト


ぐらいです。ウエスは使わなくなったTシャツとかでもOKです。私はそうしました

スコッチブライトは工業用になるんですがホームセンターなんかでもバラ売りしているこんなやつです



スコッチブライトは普段の使い方が悪いのか上の部分が焼けてしまって根こそぎ取ってやろう! って感じなので、ランタンが綺麗な人は不要と思います


あと、これらに加えてそれに実際にフェアハンドランタンを磨いてみてみそおさんが足りなかったモノは

やり抜く根気
こだわりの細かさ
飽くなき探究心


この辺りが足りなかったので是非、用意してから挑戦してみてください。何事も自己満足優先な私です。はい




あとはただただ磨くだけ

あとはウエスにピカールをつけて磨いていきます


ピカールは研磨剤ではありますが粘度は低くく伸びがいいため、少量でもいい具合に磨く事ができます

ちょっとずつですが光沢が出てきます


もうこれぐらいになってくると私ぐらいのピッカピカ好きは、時間を忘れて興奮します


たったまらん、もっと、もっと綺麗に……


と、深夜に一人でランタンを磨いて興奮してる私はもうアレです。アレね




磨いたらこうなるよっ!

これがフェアハンドランタン ジングを磨く前の写真です


あとこんなんとか


メタリックな感じはしますは曇っている感があり、悪くはないんですがやはりピッカピカ好きとしては物足りない

しかも日々の取り扱いが雑なことに加えて、上の方は焼けちゃってもう新品の時の影も形もない







それでおおよそ2時間ぐらい磨くと……?






さらには


問題の上の部分だって



だらぁぁぁぁ!


たたたまらんですね。はい。でも、ここで油断してはダメです


問題は灯したときなんですよ。そうランタンは光を灯してからこそランタンなんです

どの様な輝きを見せていや、 魅せてくれるか?が大事。こんなとこで取り乱すようでは本当の大人ではありませんよ



磨く前はこんな感じ



まぁ悪くないです。ってかこれでも十分カッコいいんですがやはりピッカピカ感が足らない。うん




そして磨いたらこうなります



……わわわわわかりますか? 写真でわかるのか? 因みに私は、興奮してよくわかってない


なのでここは、今一度大人になって冷静沈着、奇声など上げぬ様にもう一枚撮ってみます













でれぇぇーいっ!¥&◁#€¥@"●&£#*ψ(`∇´)ψ¥@?っっっ!!
(もう言葉になっていない)





フアンハンドランタンを磨いて更なる魅力アップ


もう、感無量です


実際に磨いてみると足は痺れるし、手はピカール臭くなるし、指は疲れるしで割と面倒くさい作業ではありますが この光沢を魅せられると全てを忘れさせてくれます


もう、たまらない。求めていた感じが出せたと自負しております(自己満足)



今後のサビなどの懸念事項はありますが、このピッカピカは試す価値がありますよっ!






おわり〜




関連・オススメ記事

www.misojicamp.com
www.misojicamp.com





最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いしますっ!


にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ