Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

MENU

キャンプの包丁はこれ一つ!オシャレで持ち運び便利なスノーピーク マナイタセット M


ども、みそおです。

「おっしぁぁ!キャンプ料理をはじめるぞぉぉぉ!!」

と雄叫びをあげるキャンプ初心者みそおは、キャンプ料理したいんです。うんうん



そこでやっぱり最初に購入するのは 『料理をする調理器具』の象徴的存在であるのは包丁 と思うんです



悩んだ結果、スノーピーク マナイタセット Mを購入!

実際に使ってみるとマナイタセットは、予想以上の安心感があり、キャンプを演出してくれ愛着がわく一品でしたよっ!






安全に持ち運びができる包丁セット『スノーピーク マナイタセット』




冒頭にも記載しましたが、もう一度……


『キャンプ料理をするぞい!!』


と、折角のキャンプなのでインスタントやレトルトだけではなく、 しっかりと包丁を使って食材を切って料理をしてみたい とは思いませんか?


いや、激しく思いますよ。キャンプに行って『パパの料理美味しい〜』みたいな子供にいい格好がしたいんですよ(コレが本音)



ですが、キャンプという家庭で使う環境とは、全く違う場で包丁を持ち運ぶのってめっちゃ不安


っと言うのか普通に生活していたら包丁を持ち運ぶ事すらないわけなんです





安全・安心で持ち運びが出来るのが一番



そこで、今回ご紹介するスノーピークから発売されているマナイタセットM


色々とキャンプやアウトドアでの包丁の持ち運びについて悩みました


というのも、100均で包丁やまな板も買えるこの時代。月に1回あるか、ないかのキャンプでわざわざそれなりの包丁を用意する必要性を感じなかったんです




そんな考えの私ですが、家族と一緒に行くファミリーキャンプが主体となっています


息子は、園児2人なので 包丁を保護・収納しながら安全に持ち運びがしたい!しかもオシャレなやつっ!!


って感じでスノーピークのマナイタセットを選んだわけです



やっぱり安全に持ち運びたいよね……



マナイタセットM 詳細


包丁の収納ケース兼まな板となっています。表面には、ロゴが焼印されており、非常にオシャレ!



こんな感じで、留め具で固定されており、グラつきや変な遊びもなくしっかりとしています




留め具を外すと包丁がまな板内に収納されています

包丁自体が目に見えない状態で収納できるので『子供の目に届かない場所にある』ので安心感があります



また板を開いた状態でも段差や隙間などもなく、非常に精巧に作られており、お高いブランドイメージであるスノピらしさを感じます


また、これらに加えて特筆すべきポイントがこのマナイタセットにはあり、より快適・安全に持ち運びできる仕様になっています




包丁を固定するマグネット付き




マグネットね!本当これ。本当に良いっ!

包丁を収納する窪みにマグネットが仕込まれており、包丁の落下防止に役立っている んですね


実際に他のまな板セットを持っていないんであくまでも妄想の範囲なんですが……


はめ込んで、包丁を固定する場合に経年変化により恐らく固定力が低下するのではないか?


と想像してしまうんです


それは子供がいる、いない関係なくしっかりと 使用年数に関係なく包丁をしっかりとしたホールドしてくれている感が欲しい


そういった点からもマグネットでしっかりと固定している事は、安全性、耐用年数を考えるとめっちゃ安心!!



まな板開いた時に包丁が落ちたらシャレにならん



マナイタの滑り止め加工が付いている


まな板の 底面4箇所にゴムが取り付けられており、まな板自体が滑るという事態を防止してくれています


現在、所有しているテーブルはツルツルした面となっており、そのまま置いて使用する場合に滑る可能性が激減します。ってか滑ったことがない




大皿としても使える



まな板ではありますがオシャレな感じとその大きさからマナイタセットは大皿使っています

『俺氏、キャンプで料理したんだよ!』

というのも演出してくれ、非常に満足。うん、めっちゃ楽しくなる




気になると切れ味は?


よく安い包丁って買って最初から研がないと切れ味が悪いなどありますが、心配ご無用!

流石はスノーピーク。こんな分厚いベーコンも力を必要とせず、切れました



MとLはどっちがいい?


スノーピークのマナイタセットのサイズはMとLのラインナップがあり、これが 一番悩むポイントだったんですよ


上が家庭で使う三徳包丁で下がマナイタセットMの包丁です。大きさ的には果物ナイフぐらいの大きさ




実際に購入する前にこのサイズには非常に悩みましたが 『余り大き過ぎても、折角の携帯性を下げるのは意味がないな!!』と最終的に思って、Mサイズを購入した訳です



実際に使ってみると多少の手狭感はありますが、カレーを作る際のみじん切りなど小まめに更に移し替えるなどすれば、 このMのサイズで全部事足りました



蓋を閉じると横幅は掌より少し大きいぐらいで非常にコンパクトではありますが、携帯性のみをより深く考えてみると

オピネルナイフ+ペラペラなまな板

などナイフと携帯性の高いまな板の組み合わせと比較すると 携帯性に特化して見た場合には、一歩劣ると思います



収納ケースは別途必要


マナイタ自体を収納するケースが付いていません


これなんとかならないですかね? アウトドアブランドは、ケースを付けないのが業界標準で各社合意しているのですか? しかもその別売りケースがそれなりの値段がするとか



どうやら、これがピッタリサイズらしいのですが、わざわざスノーピークで揃える理由もないので100均でいいのがないのか探索中です






割高感はあるけど、安心感も高い


実売 約¥4,000

先に上げたオピネルナイフと薄型まな板にくらべてしまうと 多少の割高感は否めないんです


が、ですよ

そこに安全性というファクターをいれると個人的には割高が薄れ、使用している今ではそこまで 高いという印象はなくコスパの高い金額と思っています

但し、メッシュケースを除く。本当に安っぽいのでもいいからつけてほしい


あと、オピネルナイフは男前なギアで憧れますね。(笑)





木のマナイタの取り扱いは難しい?



オシャレなマナイタセットですが、プラスチック製が多い中、木製のまな板となっています


木製であるマナイタである以上、メンテナンス性などやはりプラスチックに比べると気を使う場面もあります



が、そこまで気負いする必要はなく、ズボラが私でもちょっとした一手間でほぼプラチック製のマナイタと変わらない使い方が出来ますよっ!


関連記事



スノピのマナイタセット携帯性よりも安全性。キャンプで子供に教える時にも最適


個人的には携帯性より 安全性を優先順位として高く見た結果、このスノーピーク マナイタセットを選んだんです


カバーや刃が隠れるナイフを使用すれば良いかもしれないです


ただ、スノーピーク マナイタセットであれば お洒落且つ、包丁自体が目に留まる事が軽減できると言う利点がある訳で

これには、小さい子供が包丁・ナイフを見て、興味を持ち触って 怪我をする可能性があり、それの防止策になると思ってます



……というのは今時の過保護な意見かもしれないがっ!!


それであれば子供と一緒に使うなど危険性を共有しながら使用した上で、順序を踏んでやるべきだと思っています。実際に6歳のハーには、簡単な切り方など伝えながら危険性も同時に教えています


だからこそ、しっかりとした 収納ができる場所 を作ってあげるのも一つの教える方法なんじゃないかな?と思っています


色々とぶつくさ言いましたが、木のまな板という事の手入れの面倒くささを含めて、愛着の湧くこのマナイタセットを買って非常に満足。満足。


おわり〜






グルキャンなどの大人数であればLサイズもいいかもしれませんね




関連・オススメ記事
www.misojicamp.com
www.misojicamp.com




最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村