三十路からはじめるキャンプ

30歳を過ぎてからキャンプをはじめたいと思い、日々妄想を重ねている備忘録。

MENU

キャンプはコスパが高い趣味?!趣味に対するお金について考えたら、吐いた。


ども、みそおです。



世の中にはやってはいけない事がたくさんある。

  • 警察のお世話になるような事をする。
  • 人を騙したり、卑下する。
  • 親・親族に迷惑をかける。

などなど。


今日は、そんなブラックボックスとすら言えることを綴っていきたいのだが・・・


最初に 「閲覧注意」 と言っておこう。

人によっては吐き気を催したり、アイデンティティが崩壊する可能性があるからだ。



そこまで言う内容とは?



そう、 趣味をお金に換算し、コストパフォーマンスを考えるという情緒もへったくれもない内容だからだ。



ランキングに参加しています。クリック・コメント等頂けると幸いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村



趣味としてのコストパフォーマンス


「わ〜、これカッコいいな!!」

『あれ?これって前ブログで紹介されていた便利アイテムじゃないか?!』


などと、アウトドアショップに限らず色々な販売店又は、ネットショッピングの画面を閲覧していると、こんな経験をする事は多い。

そして、テンションを上げたまま 値段を見て、目潰しを食らう。 もうこれは一連の動作ではないのか?と言うぐらいこれまた多い。



お小遣い夫みそおさんも例外ではないが先日、気付いてしまった事がある・・・



とあるスポーツ用品販売店でアウトドアコーナーを散策していると

「ケトル欲しいけど8,000円は高いな」

などと思いながら、ふとスノーボードの準備をはじめようとスノーボード用品のコーナーへ足を運び、色々見ていると・・・


「そろそろ4シーズン使ったからゴーグルが欲しいなぁ、20,000円か。それぐらいするわね。」



(・・?)



え?みそおさん?先程、半額以下の8,000円のケトルが高いと仰ってませんでした?計算が出来ないのですか?もう一度、小学生からやり直してきてもらっていいですか?


・・・と、自分でも思うぐらい気付いていなかったがここで 趣味に対する金銭感覚の差に驚愕した。 そして、趣味におけるコストパフォーマンスについても考えるキッカケにもなった訳です。



キャンプはコストパフォーマンスが高い

みそおさんの趣味としての大きくやっているのは、 スノーボードと釣り。 そして現在はこれにファミリーキャンプを付け加え様としているのだが・・・


結論を先に言ってしまう。

【キャンプは、コストパフォーマンスがかなり高い】


「これだから底辺初心者のみそおは、何もわかっていないな?沼を知らんのだ沼を!」

などと、キャンプ上級者に思われるかも知れないが他の趣味と比べるとどうか?というケーススタディと思って少しだけ耳を傾けて欲しい。


まずは現在の趣味をコストパフォーマンスが高い順に並べてみる。


1位 キャンプ
2位 スノーボード
———超えられない壁———
3位 釣り



何故、こう思ったのかを綴っていきます。


補足として、移動や食事などは趣味に対する位置付けとしては多少の増減するとは思うが同等・必要経費とし、 みそおさんが趣味をする道具にいくら使い、どこにコスパを感じたのか? という視点で綴ります。


スノーボードのコスパ

個人的に暦の長いスノーボードですが、当然ながら一番道具、ギアに散財していますがスノーボードで必要になる道具としては・・・

  • ウェア
  • ボード
  • バインディング(ビンディング)
  • ブーツ

大きく分類するとこの4点になる訳ですが、コスパで考えるのであれば10万いかないぐらいの初心者セットで全て揃えれば 一見すると安く済みそうだがみそおさんは、違います。


趣味暦としては10年以上となり、こだわりやスタイルがある程度構築されており一番、愛用しているボードはMoss snowstick U5。



「え?80,000円ぐらいじゃん?」

と思うかもしれませんが、ボード単体でこの値段。しかも加えてブーツ・バインディングもハイエンドを好んで使っている為、約20万弱使っています。

これにさらに加えてゲレンデの状態や、やりたいスタイルなんかで違うボードを他に2つ、同じ様な価格のボードを持っています。


因みにみそおさんは、ここで本日1回目ですが吐きました。



「んでも、36万やろ?!キャンプ舐めんな?お洒落キャンプギアを集めたら50万なんてあっと言う間に飛ぶよ?」



高級なテントと言って思い浮かび、みそおさんを魅力してやまないノルディスク アスガルドなどを手にした上級者様に言われそうですが・・・


違います。

コスパを感じるのはその耐用年数。



80,000円するボードですが、回数によりますが大よそ5年経てばヘタリ、ボロボロです。使えない事はないですが、 本来の機能を維持するには、耐用年数としては数年ぐらいではないでしょうか。


加えてリペアなどが難しい事が上げられ、状態によりますがリペア可能でも1〜2万円前後の費用が必要です。

そしてこの金額でリペアしても事故車扱い程度にしか直らないのにリペアしますか?

みそおさんにその決断はないです。


もう数年でまた同じ様な破損をし、傷付き、最悪の場合には、割れるかも?と思うと私なら少し我慢し予算組み後に新しいボードを買います。


一方でテントはどうでしょうか、基本的には、一生モノと思っても過言では無いと思っています。(当然ながらキチンとした取り扱い、ケアをした上で。だと思いますが。)


そうなると、15万円を長く使えるのと8万円を
数年で消耗する。そして、スノーボードはシーズンがある趣味で使用回数が限られる。

更に中古の買取などスノーボードなど雀の涙・・・

そう考えると、 キャンプの方がコストパフォーマンスとして高いと判断できるのではないでしょうか。



でも、ボード1枚と雪さえあれば何処にでも行ける気がする自由感、開放感が堪らなく好きなんですがね。

因みにみそおさんは専らのフリーラン・カービング派です。



釣りのコストパフォーマンスは最低


ハッキリ言って釣りのコストパフォーマンスは最低です。


何故かって?


10万する道具を集めても釣れない時は釣れないから。


「は?何言ってんの?それはみそおさんの腕が悪いだけでは・・・?」と言われそうですが自覚はしているのでそこら辺は言わないで頂けないでしょうか。



みそおさんは釣りと言っても色んな釣りをします。

  • シーバス
  • ショアジギング
  • フカセ釣り
  • アジング・メバリング
  • ファミリーフィッシング
  • その他、エサ釣り

などなど。


釣行回数として、1番多いのはルアーにおけるシーバス(スズキ)狙いですが、使用しているタックルは・・・

余談ですが、釣りをやらない人は疑問に思うかもしれませんが、共有できる道具もありますが狙う魚種・狙う方法によって道具は基本的に変わります。

アジを釣るのとマグロを釣るのでは当然、変わりますよね?そう言う点では、 キャンプより釣りの方が沼感が強い、と言うのか負の連鎖が半端じゃない。


釣れない → 調べる → 如何にも釣れそうな道具がある → 買ってしまう → 最初に戻る


仮に釣れても・・・

釣れたルアーを手にする → 色違いとストックいるよね? → また買ってしまう → 失くす →最初に戻って買う


もう、沼感と言うよりアリ地獄感が強く、特に釣れていないと散財しまくります。(実体験)




そんな釣りですがこれらの道具を使って、1つ1,000〜2,000円のルアー(疑似餌)を20個近く持って、皆様が寝ている真夜中に釣りに行く訳です。

因みに本日2回目ですが、みそおさんはここでも吐きました。



釣れる時もあります。

が、釣れない時もあります。

いや「目の前の海には魚がいない」と思う時もあります。

寧ろ、「これは、神に与えられた試練で悟りを開く良い機会」って思えるぐらい釣れない時が続く時もあります。

特にショアジギよ、もうこれは釣りではなく筋トレ。←わかる人にはわかる。



そう釣りは 「魚を釣る」という目的に対して道具にかける値段に関わらず、達成できない事が多々ある。


もうそれは、キャンプと値段を比較するとかそういう次元の話しではない。

キャンプができる日に道具をすべて揃えて、忘れ物無くキャンプ場につき、そのまま帰るという 目的であるキャンプが出来なかったなんて余程の理由がないと恐らく無い。


そう考えると釣りは、費用対効果としてかなり悪く コストパフォーマンスとしてはかなり低い趣味と言える。


ですが、「いつか夢見たあの魚を・・・」や「更なる大物を釣りたい」などの気持ちを胸に修行にも似た事をして釣った1匹は手が震える程感動します。だから、やめられないんですよね。

因みにみそおさんは、キャッチ&イート派で食べたい魚を釣りに行きます。(笑)




まとめてみる。

ここまで書いておいてアレですが 趣味を金額で比較することに意義・価値・利点などない。


仮に1つ10円のうまい棒を集める人がいたとして、その人に・・・

「俺、15万のテント買ったわ〜」

などと、話したところで『あ、そうなの?それで?そんな事より、この前出た新しい味が・・・』と言われるどころか、そんなテントになんで金かけるの?無駄遣いじゃない?とすら思われるだろう。



そう、各々が自己満足で楽しむ趣味をいくら使ったなどと価格を他人様と比較する意味などないどころか寧ろ、愚の骨頂である。


「それならばみそおよ、この長文の駄文を書いておいて何が言いたいんだ?」


それはアレですよ?ブログのネタがないからですよ?こんなにコスパが高いキャンプだからと自分に言い聞かせて、冬キャンプに向けて少しずつ準備しようと言いたいだけだったのですが・・・

ただ、それだけだと文量が足りなくて色々書いている内にこうなって、あまりの散財に吐き気を催した訳です。

世の中に楽しそうな事がいっぱいある方が悪い。(笑)



関連・オススメ記事

www.misojicamp.com
www.misojicamp.com
www.misojicamp.com



最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村