【格安焚き火台】使いやすいステンレスメッシュの焚き火台 『ユージャック メッシュファイアスタンド』

ども、みそおです!

焚き火台ってどうすればいいんだ?

って思いますよね?

はい、思います。いろんな焚き火台があってめっちゃくちゃ悩むんですよね……マジで……

今まではロゴスのピラミッドグリルを使っていたんですが不満を解消すべく、ユージャックのメッシュファイアスタンドを購入しました

コンパクトで組立ても簡単な焚き火で、出動率が高くなっているステンレスメッシュの焚き火台についてご紹介しますよっ!

スポンサードサーチ

格安の焚き火台 UJack(ユージャック) メッシュファイアスタンド

ロゴスのピラミッドグリルMを使っており、コンパクトさ、扱いやすさ、価格のいずれも満足していたんです

ピラミッドグリルについてはこちらをどうぞ

ただ、便利な焚き火台ではあるんですが何回か使っている内に一点だけ不満があったんです

それは、『薪が長すぎる問題』

普段、薪はホームセンターやキャンプ場で購入しています。家に保管しておく場所もないしからね!

なので、使っている薪が特別に長いと言う訳ではないと思うんですが、 薪がピラミッドグリルMのグリルからはみ出してしまうんです

こうなるとね、目を離すと燃えて短くなった薪が外側へポトって落ちそうになるんです

しかも、薪の組み方を知らない私なので油断すると火が消えていたりとなかなか使いこなす事が難しいんです

薪の長さは、ノコギリ等で短くすればいいんでしょうが面倒くさがりの私としては億劫なんですよね……

薪を縦に割るのは良いけど長さを短くするのは大変……

ステンレスメッシュの焚き火台

という事で『格安で何か良い焚き火台はないか?』と探して色々と探していると……

あった

出典: UJack

ステンレスメッシュを使った焚き火台となり、画像を見てもわかるように薪の長さがそのままで使えるではないですかっ!

しかも、めっちゃ安い! もう買うっきゃないって勢いで購入しました

焚き火台でこの安さは正義だな!

使い方

メッシュファイアスタンドのセット内容としてはこんな感じ

フレーム本体
メッシュシート
収納ケース

使い方は説明する必要もないぐらい簡単で先ずは本体フレームの足を広げます

フレーム中央部にステンレスパイプがボルトで固定されており、それを右ならすべて右、左なら左といった具合に傾けていきます

これで本体フレームの準備は終わりです。早っ!

本体フレームが準備ができたら次にメッシュシートを用意します

これを本体フレームのパイプの先端に差し込んでいきます

これで完成! ね? めっちゃ簡単っ! あとは薪にを乗せて好きに焚き火を楽しむだけです

しっかりと細かい網目なので火が溢れる落ちるみたいな事は特に無く、安心して使用する事ができました

メッシュな事で通気かよく、しっかりと燃焼している……気がします。いや、キャンプ初心者なんでよくわかりません(汗)

組立ても簡単、購入した薪の長さもそのままで楽ちん!

使用後・片付け

メッシュではありますが、焚き火台の下が灰だらけってなることもなくメッシュ上に残っていました

この状態で、組立ての際にメッシュシートの四隅にあったピンを抜いて折りたためばこのまま灰を捨てることができます

ただ、一度の焚き火で変色? のような焦げた色合いになりますが穴が空いたり、裂けたり等の劣化はなかったです

ロゴスのピラミッドグリルと使い勝手を比較すると

使い勝手が向上した

当初の目的通り、購入した薪を割ってそのままの長さで焚き火ができるので非常に楽です

また、その構造から私の様なキャンプ初心者でも薪を組んだりするのが楽で特に考える必要もなくストレスフリーに使えます

調理には不向き

商品紹介画像ではゴトクを使って調理等ができるみたいですが、個人的にはそれは微妙かな とか思っています

それであればロゴスのピラミッドグリルの方が明らかに使い勝手がいいですね

とは、言っても私の場合は、焚き火でケトルでお湯を沸かす程度なのでトライポッドを使用していますので『焚き火での調理』については現時点では、特に不満がある訳ではないです

メッシュシートの耐久性

これが一番の懸念事項です

数回、使用してみましたが特に穴が開くって事はないんですがどれくらい耐久性があるの? って思ってしまう

同じ様なメッシュシートの焚き火台を持っている人から聞いたら『10回ぐらいで穴が〜』みたいな事を聞いてるので、ここはキャンプ毎に確認しながら使っていきたいですね

穴が開いてそこから火が落ちたら大変ですからね……

また交換用のメッシュシートも同社から販売されています

がっ! いや、高くない? 本体込みの値段と変わらなくない?

とか、思ってしまうので仮に10回程度で穴が開いたとして一回のキャンプで約130円と考えると少し勿体ない気もします

便利だけど耐久性も今後、見ながらだな〜

スポンサードサーチ

価格・使い勝手に満足できるメッシュの焚き火台

2つの焚き火台を持って思うのは、最初に買うのであれば価格的にもステンレスメッシュの焚き火台が最初に用意する焚き火台ではないか? と思っています

というのも……

焚き火はしたいけど、やり方に不安がある
できる限り安く揃えたい

など、キャンプをはじめた頃って思うんです。ってか私は、今でも思っているんです

なので、この焚き火台で楽しみ、より自分の思い描くキャンプが具体的になってきたら『次に』進めばいいかなぁ とか思っています

ただ、このメッシュファイアスタンドも十分活躍してくれるのでメッシュシートの状態を確認しながら使っていきますよー。便利ー

おわりー

ユージャックのメッシュファイアスタンドを選んだのは同じ会社で代えのメッシュシートが購入できるからって感じなので

アマゾンなんかで探すとこれよりも安価の焚き火台も、あったりします

関連・オススメ記事

www.misojicamp.com
www.misojicamp.com

最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

みそお
根っからのアウトドア派の筆者「みそお」です。嫁ちゃん、長男、次男の4人家族で2018年からファミリーキャンプを楽しんでいます。そんなファミキャンの様子やギアのレビューなどをご紹介していますっ! ・ソトシル公式メディアとして参加しています。