Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

まさかの100均一で?!ダイソーのコーヒーミルをレビュー


ども、みそおです


「もう少しコーヒーを楽しみたい……」

っとインスタントコーヒーからより美味しく一杯を飲みたいと思う人もいると思います

コーヒー豆から買って、ミルで挽いて……みたいな感じ


ただ、コーヒーミルって中々のお値段がするのでいきなり挑戦するにも消極的になってしまうんです

そんな中で 100円ショップのダイソーからコーヒーミルが販売されているのを発見したので実際に使ってみましたよ〜






まさかの100均一で?!ダイソーのコーヒーミルをレビュー



キャンプでコーヒーを楽しむ……


そんなノスタルジックでアダルティな優雅なひと時を楽しむ方も多いと思います(どんな時間だ)


そんな中で、日常水分摂取量の半分以上がブラックコーヒーという生粋のコーヒー好き(というわけではなく、ただ他に飲みたいものがないだけ)


自宅では既に挽いてある豆でドリップコーヒーを楽しんでいますが、キャンプでもインスタントコーヒーが主流に……

たまにドリッパーを持って行くけど、面倒臭いお手軽にしたいもんね。うん、うん


そんな私ですが、とある野望があるわけなんですよ……






(以下、コーヒー販売店での妄想)
(※呼び飛ばし推奨)


『そろそろコーヒーが切れたなぁ〜そろそろ買いに行くか〜』


……


「いらっしゃいませ〜」


『……。(色々ありすぎてよくわからんな。ここは、必殺技のアレを出すか)』


『あの〜……このオリジナルブレンドをください』


※オリジナルブレンドは大概、お値打ち価格かつ売れ筋商品だから悩んだ時に使うみそおの必殺技



「こちらのオリジナルブレンドですね!ありがとうございます!」


『(さぁ……あの言葉を聞いてくれ!)』




ガサゴソガサゴソ……


『(ソワソワソワ……まだか?)』



「こちらのコーヒー豆は挽きますか?」



「(きたきたきたきたきた!)」


「そのままで……」(ドヤ〜)




……。(ドヤ〜)




ダイソー コーヒーミル 各部詳細



って、言ってみたいですよね? しかもドヤ顔で。あ〜言いたい。後ろに並んでる人に玄人感を感じさせる「そのままで」を私は言ってみたいわけなんですよっ!


ただ、コーヒー豆をそのままで購入する場合に挽くための道具である「コーヒーミル」が必要となります


これが、意外といいお値段がします


お安くても大体2000円ぐらいなので「試しに買ってみるか〜」とは中々なりづらい微妙な価格帯で、やってみたいけど買えない葛藤を抱えながら悶々としていたわけです



そんな中で見つけたのが、我らが小遣い夫の救世主の 100円均一であるダイソーでまさかのコーヒーミルが売っていたんですよっ!



ダイソー コーヒーミルの使い方




ダイソーのコーヒーミルですが、100円ではなく、500円で販売されています。



パーツとしては、フタ、ミル部、挽いた豆の粉受けの3つとなります

(購入時には組み立てられた状態で販売されています)



使い方も非常にシンプルで、粉受けにミルを取り付けます(時計回し)



ミル部にドヤ顔で買ってきたコーヒーを投入します

大体、半分ぐらいコーヒー豆を入れると1杯分ぐらいの量となります。(満タンに入れて2杯分ぐらい)


蓋を反時計回りに回して固定します




ミル部の黒い部分が5段階のダイヤル式になっており、シルバー部の丸の大きさに応じて粗さが調整出来ます



(1番粗い時)



(1番細かい時)


と言った感じで、粗さに応じて挽く粗さが変更できます



取手部分が収納されていますので、ハンドルの真ん中にあるノブを緩めて……


取手を外側にスライドするとハンドルを広げる事ができます。スライドさせたらノブを締めて固定してあげます


後は、ハンドルを時計回りに回してガリガリ挽いていきます

実際に挽いてみると、先ほどの一杯分割のコーヒー豆の量で粗さが下から2番目で大体4分ぐらいでした(ご参考までに)


ミル部を外してみるとコーヒー豆がしっかりと挽いてある事が確認できます。また、コーヒー豆のいい香りがっ!たまらんっ!


それで、ガリガリ感がなくなったら豆挽き完了〜



実際に入れてみると先ほどの豆の量で大体、挽いた量としてはこのぐらいです


ダイソーのコーヒーミル以外に使った事が無いため、比較は出来ませんが 500円のコーヒーミルですがしっかりと挽く事が出来ました



ダイソーのミルでも十分だなっ!



キャンプに使うコーヒーミルとしては?



自宅でも活躍してくれるダイソーのコーヒーミルですが、やっぱりキャンプでも挽きたてのコーヒーを楽しみたいですもんねっ!


キャンプでコーヒー豆をガリガリ挽き、最高のコーヒーを淹れて、優雅に、エレガンスに、至高の一杯を飲む……



最高じゃな〜〜〜い



お手軽価格で機能も十分なダイソーのコーヒーミルですが、キャンプに使ってみた場合の注意したいポイントなど感じた事をご紹介します



少し大きい


あくまでもキャンプ用とかコンパクトなコーヒーミルと比較してって意味ですが、コーヒーミルの直径が70mmぐらいあるので、割と大きい(太い)印象があります



そもそも荷物の多いファミリーキャンプはあまり気にする程でもないかと思いますが

ただ、 出来る限り道具をコンパクトにしたい人(ソロやバイカー)は向かない気がします

(めっちゃデカいとまでは思いませんが……)




ガラス製の粉受け


車での移動や現地での扱いなど、落としたりして 破損する可能性があるキャンプなので粉受けがガラス製なのは注意したいですね!


ただ、触ってみた感覚としては、簡単に壊れる様な印象はありません が、しっかりとしたケースや収納バッグを用意してあげた方が安心して持ち運び出来ます



まずはお手軽価格で挽きたてコーヒーを楽しもう!



子供達が寝静まった後に、焚き火を眺めながらコーヒーを楽しむ……


もちろん、お湯を注ぐだけで簡単・お手軽に飲む事が出来るインスタントコーヒー

でも、少し。ほんの少しだけ、こだわって自分でコーヒーを挽き、ドリップを美味しいコーヒーを楽しむっと言うのも乙なもんです


そんなほんの少しの贅沢を500円と言うリーズナブルな価格で挑戦しやすく、使用にも問題ないダイソーのコーヒーミル

是非、コーヒー豆を挽いてみたい! そしてドヤ顔で買ったコーヒー豆をキャンプで楽しみたい! って方はダイソーで探してみてはいかがでしょうか?






おわり〜


関連・オススメ記事


www.misojicamp.com


www.misojicamp.com




Sotoshiru

アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!



最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ



読者登録していただけると励みになります!お気軽にどうぞー