Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

MENU

ソロ・父子キャンプに向けたキャンプギアの軽量・コンパクト化を考える

ども、みそおです


『ソロキャンプやってみようかな……』

ってファミリーキャンプに限らずキャンプという魅力に取り憑かれ、今のところ効果的なお祓い方法などはない私です

が、ファミリーキャンプ用のギアは、一通りは揃っていますがそのままソロや父子キャンプに使うのってツライ部分もあるわけなんで

そんなソロ・父子キャンプに向けたキャンプギアの軽量・コンパクト化を目標に、見直そうって話です


父子・ソロキャンプに向けたキャンプギアの軽量・コンパクト化を考える


サブタイトルにもあるようにファミリーキャンプが主体となる我が家・当ブログです(そうだった、忘れてた)



『とりあえず勢いで買ったれ〜いっ!』


と、勢いそのままにファミリーキャンプを目的にキャンプギアを選定している事もあって、使用人数が『4人』な我が家

当然、それに伴ってテントやテーブル、細かなテーブルウェア類も4人が同時に使えることを考えていたため、結構な荷物の量となります


ですが、過去に行った父子キャンプも思った以上に楽しく将来的には、ソロキャンプなんかもしてみたいわけなんです


基本はファミキャンにも使えるギアから

集めてきたキャンプギアなんですが無印良品の収納ボックスが2つにその他小物の箱やらなんやらが、そりゃ〜も〜ワンボックスカーの荷台がパンパンになるぐらいなんですよっ!


個人的な感覚ですが家族キャンプは気合バッチリって感じなんですが息子と2人とかソロの場合ってもう少し気楽にキャンプしたいってのがあります


そうなるとやっぱりキャンプギアの軽量・コンパクト化が避けては通れない道なんですが、ソロ用に買うお小遣いも無い

って事でなるべくファミリーキャンプを主体としてソロや父子キャンプにも転用・新たに準備していこうか? って感じです




テント・タープ

使っているメインのテントは、アメドの愛称で言わずと知れたスノーピークのアメニティドームM(メインと言ってるがサブは無い)

過去にこのテントで父子キャンプをしました


関連記事:初の父子キャンプ


ただ、ソロや父子だとコスパとも呼べる労力に対してのパフォーマンスが悪いんです。要するアメドのMサイズでは、2人で使うには、テントが大きいんですよ……


個人的にテントには、前室・屋根が欲しい派なので、スノーピークから発売されているヘキサイーズ1 なんかがいいんですが……(特に見た目)(但し、お高い)


ただヘキサイーズ1 では、ファミキャンにも使えてって条件だと用途が限られているので、ファミキャンにも使えるヘキサタープ+ソロテントなどの方向で考えています

ワンタッチテントって楽そうだな……


テーブル・チェア

テーブルはテキーラレッグのアレンジ方法でもご紹介しましたが、お手軽にメインテーブルにする事が出来るので問題はクリアとして……


問題は、意外と嵩張るキャンプギアランキング 堂々2位のチェアね (みそお調べ)

コールマンのヒーリングチェアを使っていることもありますが、コンパクトチェアの代名詞とも言えるヘリノックスには、敵いません

お値段もなかなかなので、類似品(パチノックス)も多数、販売されているので様子見で1つ買ってみようか悩んでいます



ただ、見た目は良さげなんですが、口コミなんか見てると安物買いの銭失い的なオーラを感じてしまうのが難点



テーブルウェア・バーナー・焚き火台

プリムスのシングルバーナー ウルトラバーナーP-153を使っているので普通にソロキャンプにでも使えそうなので特に買い換える・足す必要もないかなぁ……


焚き火台も格安ステンレスメッシュの焚き火台があるので特に不満はないんですが、笑's コンパクトグリルのB-6君なんか面白そうですね

ファミキャンやデイキャンなんかでも、バーベキューしたい時になんか使えそうですし


シュラフ・マット

はい、きましたよ。 栄えある意外と嵩張るキャンプギアランキング 堂々1位であるシュラフ

コンパクト化を目指すとなるとコレを避ける事が出来ないんですが調べてみてもこれは、お金で解決するしかなさそう……

ナンガ、イスカ、モンベルなどのダウンシュラフで揃えればいいんでしょうが、流石のお値段が目が潰される、震え上がります

これは諦めて(車移動が基本だし)このままでいいかなぁと悩む余地すら与えられません。 嫁ちゃんが怖い


銀マットも意外とかさばるんですよね。腕につけて大砲とか言って遊べるレベルに嵩張ります


マットに関しては、セルフでエアーが入れれるインフレータブルマットが胸熱なので、これはファミキャンにも使えそうなので、品定めをしながら購入していきたいキャンプギアですね


ランタン


ファミキャンでは、安全面も考えて大光量のガソリンランタンを使っていますが、ソロや父子キャンプには、必要以上過ぎるかなぁ……とか思っています


ファミキャンでも、ベアボーンズのビーコンをタープ下などで使っているのでこれはこのままで十分活躍してくれそうです



まとめ

『目指せ!バックパック一個でキャンプ!』を目標にして次なるギアへ……

って感じではないですが、ファミリーキャンプ用のキャンプギアもそれなりに揃ってきましたが不満や憧れがあって買い換えようと沼にはまっているしている事もあって


それに加えてソロや父子キャンプでも使える様なキャンプギアも視野に入れて……ってのが私の考えでもあります

どれぐらいのペースでキャンプに行けるのかわかりませんが、少しずつでも準備を進めていきたいですね〜



おわり〜


読者登録していただけると励みになります!お気軽にどうぞー


最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ