三十路からはじめるキャンプ

30歳を過ぎてからキャンプをはじめたいと思い、日々妄想を重ねている備忘録。

MENU

キャンプ初心者でも簡単?! ロゴス 丸型ハンゴウは使い勝手も良くオススメ。

ども、みそおです。



「やっぱりキャンプなら飯ごうでご飯でしょ?!」

と、思っているみそおさん。


でもね、聞いて。小学生の頃の自然体験以来、飯ごうを触った事すらないんですよ?無理じゃないですか?やっぱりサトウのご飯で十分じゃないですか?

など、思ってましたよ。えー。


でも、こいつに出会えて変わりました。それならと言うもの全てが順調でお金を使い道に困ってしまいますよ。ははは。





……なんて誇大広告みたいなこと言ってますが実際は、 間違えて購入したロゴス 丸型ハンゴウ。


でも、メーカーの説明書通りにやってみれば理想論は無視して、 初心者でも美味しくご飯を炊けたのでご紹介します。



ロゴス 丸型ハンゴウ5合 は使いやすくて便利!!



やっぱりキャンプといえば飯ごうで、ご飯でしょ!!


折角のキャンプでご飯なのでいつもとは違うイベント感が欲しいと思うんです。

そんな中で主食であるご飯を飯ごうで炊く事にやって更なるキャンプ感を盛り上げてくれるわけでして……


いや、家でも飯盒や土鍋で炊く人はいるかもしれませんが一般家庭で炊飯器のボタン1つで美味しい米を頂けるのが今の時代ってやつだと思うんです。


でも、キャンプ場ではそうもいかない訳でして……

わざわざ電源サイトで炊飯器を持っていく人はいないだろうし、企業努力もあってご飯のレトルトも美味しくなっており、わざわざ炊く必要性もないんですがキャンプ初心者みそおさんは 興味本位に飯ごうでご飯を炊きたかった事が発端。



そこで飯ごうを密林で探索していた中で、家に帰ると購入した覚えのない密林箱が置いてあるではないですか?!


「嫁ちゃん、これ何?」

『え?みそおが買ったんじゃ?』

「(・・?)」


と、注文履歴を見てみると[今すぐ買う]で ロゴスの丸型ハンゴウを間違えて購入してしまった 様だ。笑


なんだ、新手の商法か?と思ってしまいましたが元々欲しかった丸型なのでキャンプの必要器具として嫁ちゃんからも無理矢理ながら承諾を得たわけです。



間違いから生まれた出会いですが、今は非常に満足しています。



丸型は鍋にも使えて便利!!

飯ごうと言えばどちらかと言えば落花生の様な歪な形をした物を想像していたんですが


そう、こんなやつ。

名前の兵型の通り、兵士が持つ為に携帯性を上げる為にこの形状になっているとか。


この形状・携帯性についてファミリーキャンプに置いて特に気にする必要はなく、 何より丸型の汎用性の高さで選びました。


こんな感じに丸型であれば鍋の代わりになり、夏の川遊びなどのインスタントラーメン、冬の鍋にも使え、5号という大きさから家族4人分でも十分活躍してくれます。


・・・と、意気揚々と書いる最中、 兵型でも一人鍋ぐらいであれば不可能ではないな という本末転倒な思いが込み上げてきますがそれは無視しましょう。


他には 丸型の方が理想的なご飯の炊き上がりになる とか、ならないとかのレビューを見かけますが、私自身は「そんなんは誤差範囲やろ?」と思っています。


あとは取説通りにするだけで美味しくご飯が炊けます


ロゴスの丸型ハンゴウですが2.5合と5合が表記されており、なかごのいっぱいに米を入れると2.5合になります。(5号炊きたい場合には2杯入れる。)

写真では分かりにくいですが、なかごには2.5合と表記されています。


本体側には、水分目安量も5合が記載してあるわけなんですが……


みそお家の息子2人は絶賛成長真っ盛り中で カレーやロコモコなどのオンザライス系だと2.5合だと微妙に足りていない。
(あくまでみそお家の場合で、家族構成や食べる量、品数によると思います。)


そうなると3合が炊きたくなるのですが、 2種類以外の号数表記がない為、水の量があっているか少し不安になります。


でも、米は事前に号数を計ってジップロックに入れて持っていきますし、理想論を突き詰めなければ数度の経験ですが……

「これはご飯を炊くの失敗したな……」

と火加減など間違えたと思っても割とちゃんと炊けていたりしているので、あまり気にしない事にしました。


後は取扱説明書に書かれた手順を参考に、洗った米を入れて、目安の水分量まで水を入れ、30分〜1時間ほど待ちます。(写真は5合)


実は初キャンプの際には、手順を忘れ待ち時間を10分ぐらいしかしておらず場所によっては、アルデンテ状態の部分がありました。 待ち時間、大事 と記憶した日でもあります。


あとは、なかごを外した状態で弱火で5分、強火で吹きこぼれが始まるまで加熱します。

写真では重石がわりにマグカップを乗せていますが、取扱説明書には記載はありません。美味しく炊く為に圧力をかける目的で乗っけるらしいです。美味しさの違いはよくわかりません。笑


そこから吹きこぼれたら、弱火にしてプチプチ音がするまで火にかける訳ですが正直、初心者ではわからなかったのでいつも、中身を何回か確認してしまいます。


理想論から言えば「赤子泣いても蓋とるな」の言葉がある様に、中は見ない方が美味しく炊ける秘訣らしいですが、ミスするよりマシなので毎回確認してしまいます。

後は、火から外して逆さまにして10〜15分程度蒸らせば完成!



キャンプ時にはわざわざ逆さまにしてはいないですが、色々と調べてみると 多種多様な意見があり正解がよくわからない のでこの手順で十分美味しく炊けるので特にこだわって何かしていません。


それに加えてなかごも皿として使えるので、一石二鳥。


大きいからクッカーもスタッキングができる。


5合炊き用なので割と大きめな感じはしますがインスタントラーメンや鍋などをやる事を考慮したら、必要な大きさと考えています。

また、飯盒という製品性質上、特に多機能的装飾もする必要がないのか 各社同じ様なサイズな点からも平均的なサイズ感。

ロゴス ツーリングクッカーセットを持っていますがバッチリとスタッキング可能で携帯性も底上げしてくれます。



お値段はほんの少し高め


実売で¥2,500前後?

まぁ……平均点からやや高いですが鍋も兼用していると考えればお得感が出るはず。たぶん。



キャンプの飯ごいは、丸型がオススメ!


ここまで書いてきて思うんですが、ロゴス丸型ハンゴウでなければならない理由が何処にもない訳で……


好きなハンゴウ買えばいいんじゃないですかね?←既に、投げやり。


ただ、 丸型である事は正解と考えており、カセットコンロに乗せた際の安定感などファミリーキャンプにおいて 丸型であるメリットの方が高い と感じています。


迷われている方がいれば、ファミリーキャンプには丸型の飯ごうを使ってみてはいかがでしょうか。



おわり〜






関連・オススメ記事
www.misojicamp.com
www.misojicamp.com


最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村