キャンプは敷居の高い趣味。だけど、アウトドアを楽しむのはそこまで難しくない。

ども、みそおですっ!

最近、晴れた休日には外で過ごす事に喜びを感じている変態アウトドア好きということもあってキャンプに限らず様々な相談や雑談をしたりします。その内容はーーー。

  • アウトドアって敷居の高い趣味だな〜。
  • 実際に何をしていいのかわからない……。
  • どこに行ったら良いんだろう?

といった内容でアウトドアという言葉から何となく敷居が高く感じてしまいどこに行って、何をしていいのかわからない!みたいなパターンの方がいたりします。そんな時。最近、特に感じている事なんですがーーー。

アウトドアって実はそんなに難しくない。

って事なんですね。

ゼロからはじめるキャンプって敷居が高い

アウトドアと言えばキャンプ。

と言うイメージがありますよね。ですが、この敷居は高い。はい。これは間違いないと思っています。

もちろんキャンプ道具の進化やキャンプ場自体のサービス展開、各種メディアからの情報などで、自宅いながらある程度の知識の取得やショップなどでの疑似体験みたいなことはできます。

また、災害時にも役に立つ便利なポータブルな電源の普及などからその敷居は低くなってきているという事は言えると思います。

ただ、やはり自然というフィールドで楽しむキャンプ。そこには他の趣味ではなかなか感じない要素があったりしますーーー。

  • 慣れない環境でのテントでの衣食住
  • 急な天候や気温の変化

と言うこともあって、やはり現地では何かしら想像とのギャップがあったり、失敗したり、マナーやエチケットなど想定できない部分があります。

特にファミリーキャンプでは「子供は寝れるかな?」「怪我や事故をしないかな?」など、より心配事も増えてきます。

そうなるとやはり「やってみたいんだけどな」と、なかなか一歩が踏み出せないのはすごくわかります。自分自身もそうだったので。

なのでキャンプって楽しいよ〜。子供も喜ぶよ〜。とは正直に言ってまったり心配ありません!と、手放しでは個人的に言えません。あくまでも個人的にはね。

不安だし、疲れるし。ただ、キャンプにしか出来ない体験。その一つの体験を家族で楽しむと言うのが魅力と思っていますが、やっぱり実情としては “大変” と言うのが実際の印象です。

でも、アウトドアを楽しむのってそこまで敷居は高くない

そうなると「アウトドアを楽しみたい」って難しいのでは? と思ってしまう方もいるかもしれません。

キャンプは確かに敷居が高い趣味です。ですが、 “アウトドア” と言うのはめちゃくちゃ簡単です。外に出て過ごせばいいだけなんですーーー。

例えば、公園で

例えば自宅近くの公園でテーブルとチェアを出して過ごす。これも立派なアウトドアです。

もっと言ってしまうとチェアだけでも十分。実際にチェアリングという言葉があるぐらいです。

木漏れ日の中などで持参したお弁当などを食べ、遊具やボール遊びをする。これもアウトドアですよね。

例えば、川原で

もちろんフィールドは設備が行き届いた公園などで過ごすだけではなく、川や海、山でちょっとコーヒーを飲む。軽食を食べる。そんな楽しみ方もあります。

別になにをするわけでもなく、その場に見える景色を眺めながら好きなことをする。

それだけで十分にアウトドアになります。

例えば、有料バーベキューで

アウトドアというとワイルドな趣味という一面もあったりしますが、現状ではキャンプ場やバーベキュー場も様々なサービスを展開しています。

下記のリンク先のように手ぶらで充実したアウトドアを楽しめたりします。これも立派なアウトドアです。

スポンサードサーチ

「アウトドア=キャンプ」ではなく、それぞれのスタイルを楽しむのがアウトドア。

結局は何が言いたいの? って話なんですがーーー。

昨今のアウトドア、キャンプブームが後押しして各種情報メディアやテレビ、SNSなど様々な媒体を通してその一端を目にする機会が多くなっています。

その中でお洒落で機能的な道具や快適な空間づくりなど、ある意味で予備知識を得る機会があることで、アウトドアというハードルを自ら上げてしまっているのではないか?と思ったわけです。

実際に自分自身も同様なことがあって、「ちょっと道具を持ったりと大変だな〜」なんて思う事があります。

ただ、じっくりと本質的な、より根本的な部分を改めて考えてみると “外で過ごすだけで楽しい” っというだけなんです。アウトドアを楽しむのって本当にこれだけ。

もちろんアウトドアの中には登山や沢登りなど知識・装備が欠かせない場面もありますが、ファミリーで子供たちと楽しむアウトドアって別に公園でも、川原でも、海辺でもどこでもいいんです。晴れてるから星空見に行く、それだけでも十分。

ご飯も何もバーベキューやバーナーを使わなくても弁当やインスタント、サンドイッチなどを家から用意して、外で食べる。これだけでより美味しく感じるんです。

アウトドア。

文字通りの意味で玄関を飛び出し、屋外や自然の中に身を置く。敷居を高いイメージがあったりしますが、実は身近に遊べる場所ってたくさんあります。

そして、アウトドアというのは正解などありません。自分が思う楽しみ方を見つけて、それを楽しんでしまえばいいんです。

アウトドアの楽しま方は人それぞれ。

どんなスタイルでも間違いはありません。(ただマナーやルールは守った上でね)

と言うわけで、最近キャンプに行けないながらも「あ、自分は外にいるのが好きなんだ」と思っただけなんですが、もしアウトドアなことをしてみたいと思った方は、先ずは手軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか〜?

おわり〜

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
みそお
根っからのアウトドア派の筆者「みそお」です。嫁ちゃん、長男、次男の4人家族で2018年からファミリーキャンプを楽しんでいます。そんなファミキャンの様子やギアのレビューなどをご紹介していますっ! ・ソトシル公式メディアとして参加しています。