スノーピークの焚き火台でBBQがしたいから100均の焼き網で代用してみた

「スノピの焚き火台でバーベキューしたいな〜」

と、かなりニッチな感じはしますが、大人気のスノーピークの焚き火台。それを使ってキャンプでバーベキューなどを楽しみたいキャンパーも多いのではないでしょうか? ただ、少しお高いのもスノーピークの純正品ーーー。

という事で今回は、スノーピークの焚き火台に100均の焼き網を代用してみたので、使った道具や使用感などをシェアしたいと思いますよ〜。

スポンサードサーチ

スノーピークの焚き火台でBBQがしたいから100均の焼き網で代用してみた

ども、みそおですっ!

皆さん。バーベキューはやっていますか? やっぱりバーベキューって楽しいですよね。ただでさえ美味しい肉なのに、炭で焼き、外で食べたら旨味4倍です。

普段のファミリーキャンプで使っている焚き火台ですが、私自身はスノーピーク焚き火台を愛用していますーーー。

が、焚き火台としては何一つ不満はないんですが、「スノピの焚き火台でバーベキュー」をするとなると、オプションパーツが必要だったりするので、意外と不便な部分があったりします。

今回は、スノーピークの焚き火台を使いながらメーカー純正品ではない焼き網などを代用して使ってみましたので、詳しくお話ししたいと思いますよ〜。

スノーピークの焚き火台のレビューはこちらにまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

スノピの焼き網は100均でも代用可能

スノーピークの焚き火台には、焚き火料理やバーベキューする際にメーカー純正の場合には、グリルブリッジと呼ばれるオプションパーツに専用の焼き網やグリルプレート(いわゆるバーベキュー用の鉄板)などを使う事で楽しむ事ができます。

ですが、このグリルブリッジや焼き網を全て揃えようと思うとサイズで多少、前後しますがおおよそ焚き火がもう一つ買えてしまうのでは? と言うぐらい

実際に店舗で確認してみたところ、かなり質感や剛性感は良い印象はあり、いつかは欲しいとは思いますが “お手軽に” バーベキューをしてみたい! という場合には、メーカー純正品はなかなかの価格帯。

いろいろと調べてみると、100均等のお手頃価格な焼き網も代用可能だったので、実際に試した内容や印象などシェア出来ればと思いますよっ!

用意した道具

先ず、用意した道具としてはーーー。

  • スノーピーク焚き火台 M
  • スノーピーク 炭床pro S
  • セリア キャンピングロースター

と、こんな感じです。それでは、各アイテムについて詳しいお話ししたいと思います。

スノーピーク 炭床pro S

この炭床ですが、スノーピークの焚き火台の逆三角形の形からこの炭床がないと、焼き網・グリルと炭との距離が出来てしまいます。

そこで炭床で嵩上げする事で、その距離が少なくなり、必要最低限の炭でバーベキューなどが楽しめてしまうわけです。

その点から選んだのがスノーピークの炭床pro のSサイズ。

本来であれば、焚き火がMの場合には炭床もMとなりますが、これは先程ご紹介したメーカー純正のグリルブリッジの使用を前提とされている感じなので、網を置く焚き火本体の上面との隙間が少な過ぎてしまいます。

そういった理由で、炭床は一回り小さいSサイズとなっています。(焚き火台がLサイズなら炭床はMサイズが同じ感じになるかと思います。)

また、この炭床も100均の焼き網でも同程度のサイズ感であれば、代用が可能ではあります。(炭床Sのサイズは190×190mm)

ただ、お世辞にも100均の焼き網はしっかりとしているとは言えず、おそらく数回もすれば壊れてしまう印象がありますので、他のオプションと比較して、まだ手を伸ばしやすい価格帯の炭床はあっても損はないと思いますよ〜。

セリア キャンピングロースター

続いては焼き網。特にコレは説明はいらないと思いますが、大きめのサイズと好きな価格のものを使ってください。

因みに画像のはセリアで購入しており、いくつかのサイズがありますが、その中でも大きめの焼き網となっています。

……と、これでは味気ないので少し100均の焼き網の使用感をお話ししたいと思います。

ざっくり言うと「まぁ〜あんまり耐久性は無さそうだけど、値段相応。買い替え前提の方にはオススメ」という感じのありきたりな感じなんですがーーー。

使われている鋼線の違いによってか、やはり一回の使用で100均の焼き網はボコボコになってしまっており、数回すれば壊れてしまいそうな印象があります。

「買い直せばいいのでは?」

って話しなんですが、バーベキューなどを多くする方だと “毎回、買い直す手間” というのが個人的に億劫。時期によっては、売り切れてたりする可能性もあるので意外とめんどくさいです。

因みに紙コップ・紙皿も同じような印象です。

やはりメンテナンス等は必要ですが「バーベキューの回数が多めだな〜」という方は、スノピ純正でなくとも、しっかりとした焼き網を使い回すとした方が、先々のストレスは少なくなるかと思います。

(ただ、年に数回とかの回数だと100均で全然、OKだと思います。)

スノピの焚き火台で100均焼き網を代用した印象は?

ここからは実際に使ってみた印象などの使用感についてお話ししたいと思います。結論的に言うと(ご想像の通り)ーーー。

代用した100均の焼き網等で全然、問題なし。スノーピークの焚き火台でバーベキューしてみたい! という方は、ぜひお試しください!

と、いう何を今更って感じですが、一つ気になった点だけ、お話ししたいと思います。

それは焼き面の高さ。

使用時には約30cm前後のテーブル(正確には囲炉裏テーブル)を使っていましたが、スノーピークの焚き火台は割と背が高い方ではありますが、テーブルに対して若干、低く感じました。

その低さがテーブルから焼き面までの距離が増えてしまい、前屈みとなってやや扱いづらかった印象があります。

とは、言っても致命的と呼べるほどでもなく、囲炉裏テーブルを使っていたという事もあると思うので、”焚き火台をチェア” を囲むみたいなスタイルであれば、問題ないレベルと感じます。

スポンサードサーチ

スノーピークの焼き網は100均で代用可能! 手軽にバーベキューを楽しんじゃえ!

こういう中2が喜びそうな飯が好き

スノーピークの純正オプションパーツを手にすれば、快適にバーベキューを楽しめるのは間違いないと思うんですが、なかなか全部を揃えると勇気のいる価格帯もなります。

耐久性など長いスパンで考えたらそちらの方が良いとは思うんですが、100均の焼き網などで手軽にバーベキューをはじめるのも一つの手だと思うわけです。

「手軽にはじめたい!」『バーベキューに挑戦してみようかな?!』みたいな方は、一度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか〜?

おわり〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
みそお
根っからのアウトドア派の筆者「みそお」です。嫁ちゃん、長男、次男の4人家族で2018年からファミリーキャンプを楽しんでいます。そんなファミキャンの様子やギアのレビューなどをご紹介していますっ! ・ソトシル公式メディアとして参加しています。