【キャンプレポ】青川峡キャンピングパークでファミリーキャンプを “大” 満喫な二泊三日キャンプ

三重県いなべ市にある「青川峡キャンピングパーク」。

設備の綺麗さと充実度、ロケーションなど安心してキャンプをする事ができました。それでは二泊三日のキャンプをレポートの後編(という名の日記)をご紹介しますよっ!

スポンサードサーチ

【キャンプレポ】青川峡キャンピングパークでファミリーキャンプを “大” 満喫な二泊三日キャンプ

ども、みそおですっ!

人生初となる二泊三日のキャンプ。

そんな長い時間を外で過ごすのも初めてで不安もあったんですが、そんな不安を忘れるぐらい楽しめた三日でした。

と、言うわけで今回はそんな青川峡キャンピングパークでの二泊三日のキャンプレポート(という名の日記)の後編をご紹介しますよっ!

もし、行ってみたい! 興味がある! みたいな方は詳しいサイトや設備情報は別記事にまとめていますので、そちらをチェックしてみてくださいっ!

二日目 昼から

朝食を済ませて、あとはのんびり。二泊三日のキャンプを楽しみます。

今回が人生で初となる二泊となるわけなんですが、一泊の場合は「さっき来たのに、撤収の準備をしないと……」となりますが、やはり二泊だとゆっくり出来ますねっ! 最高っ!

……。

「行ってくるぅぅぅ!!!」

と、朝からテンションマックス全力少年(次男)に、引き連れられ(逆か?)昨日に習得したターザンロープのエンドレスループが始まります。

なんでしょうね。子供ってターザンロープのこと好きよね。(わかるけど)

今回のキャンプは日頃の行いがいい私なので天気にも恵まれました。「雨男みそお」なんて事はもう言いません。

まぁ、昨晩に通り雨が降って、外に出していたキッチンテーブルをビタビタになりながらテント内に避難させたんですけどね。

(え?)(天気予報には晴れって書いてあったんですけどどどどぉぉぉ!!!???)

とまぁ、日頃の行いの悪さをお披露目したところで、少し買い出しに行ってきました。一泊二日であれば、クーラーボックスの容量は足りているんですが、二泊になると微妙に足りない……。

これは、たぶん大きめなクーラーボックスを買った方がいいよ? という神様からのお告げだと理解しています。(違う)

昼食はお手軽に冷凍食品祭り。

冷凍チャーハンと冷凍餃子があれば、もうこれは立派なキャンプごはん。いや、キャンプで食べれば冷凍でもレトルトでも全部がキャンプごはんなんです。(たぶん、あってる)

「くぅぅぅ〜ビールが最高〜〜〜」

とか、下戸の私は脳内で妄想しています。ビールとか飲めたら、よりキャンプを楽しめるんでしょうが、残念ながら250ml缶の半分でも飲んだら満足できるエコ体質なので、気持ちだけ味わっています。

昼食後。買い出しの際に立ち寄った本屋で漫画大好きの嫁ちゃんが新刊を買った模様で、親子4人は各々でキャンプでのゆっくりとした時間を楽しんでいます。

太陽の下で過ごすのって気分がいいですね〜。

何故かはじまったレース

と、そんな感じでゆったりとした時間を楽しみながら散策をして帰ってくると長男が何か拗ねています。

どうやら次男と喧嘩したらしく、嫁ちゃんに怒られてご機嫌が斜めの様子。(まったくこんな時にまで喧嘩しなくてもいいのに)(ファミリーあるある)

クリームチーズとプレーンパンケーキ

拗ねた長男を慰めるべく、いろいろとオヤツで気分を上げさせてみたり、公園に誘ってみたり等していましたが、「別にいい……」と回復せず。そんな長男痺れを切らした嫁ちゃんがーーー。

「よし! じゃ〜誰が一番、自転車をカッコ良く乗れるか勝負ねっ!」

と、レンタルしていた自転車を使ったスタイル重視の得点制自転車レース開催の申し出が唐突に入る。

そして、何故か盛り上がりを見せる次男。

そして、段々と機嫌が治りつつある長男。

そして、カメラマン兼審査員を任せられたみそお。

青川峡キャンピングパークで絶対に負けられない熱い(?)戦いの火蓋が切られたわけです。

何故か乗り気な嫁ちゃん

テレテレテレテレテレ〜デデン!デデン!デデン!テレテレテレテレテレ〜デデン!デデン!デデン!

(BGMはF1のやつ)

一番手の嫁選手。おぉぉと、第二コーナーを抜け、バックストレートに向けてスピードを上げて行くぅ〜。ここからが勝負のみせど……おぉぉと、カメラを意識してか、何故か無駄に前傾姿勢を作り、芸術点を上げにきたぁぁぁぁ!!

そして、ゴール!! いや〜なかなかなスピード感が溢れ、何より姿勢が美しかったですねっ!

(安全なスピードかつ周囲を確認しており、スピード感は、写真は流し撮りのおかげなので実際はかなりゆったりペースです。)

続いては、長男。久しぶりの自転車なので不安ですがタイヤコンディションを確認しながらフォーミングを済ませ……おおおぉ!ここで見せる!いや、魅せる!ぽっこりお腹の重量感を感じさせない、これも素晴らしいライディングスタイルだぁぁぁ!!!

こちらも無事にゴール! 安定した走行でこれぞ運転する喜びといったレースでしたねっ!

(安全なスピードかつ周囲を確認しており、スピード感は、写真は流し撮りのおかげです。むしろ足で走った方が早いぐらいです。)

次男も自転車に乗りたいの図

今回の勝負はーーー。

両者、とても素晴らしいライディングだったので同点!!

と、こんな感じで第一回みそおスタイルレース青川峡杯が幕を閉じたわけなんですが、子供も喜んでいたので、嫁ちゃん。長男。GG!

なかなか面白かったので今後、青川峡キャンピングパークに来た際にはこのレースが定番になりそう……かも。たぶん。

因みに私も参戦しましたが、嫁氏のカメラ技術が追いついておらず、全く写真がなかったので割愛しています。(たぶん一番は私です)(何故か強がる)

二日目 夕食

そんなイベント(?)を楽しみながら前日と同様、お風呂を済ませて夕食を準備したいと思います。

二日目の夜という事もあって翌日(撤収日)の朝食用も兼ねてカレーにしてみました。まぁ子供も好きだしね!

最近になって、嫁ちゃんがキャンプ中に色々と手伝ってくれる様になったのは本当に意外です。そんな時に私は何もする事がなくなったので、米でも炊きましょう。

因みに、今回は我が家では初挑戦となるシーフードカレー。なんか言葉の響きで旨さ4倍です。ま、そうは言っても冷凍のシーフードミックスと玉ねぎを炒めて、市販のルーを投入するだけなんですがね。

カレーにツーバーナーは最適解

ご飯とカレーを同時に作れるのでやっぱりツーバーナーは便利ですね〜。いや、むしろカレーの為にツーバーナーがあると言っても過言ではありません。(過言です。)

あとはカレーをドカッ盛り付けて、スーパーで買ってきた野菜やポテトサラダをドンッとテーブルに置き、グワっと食べましょう。

やっぱりね。カレーは最高です。なんか気付いたらキャンプでカレーを食べてます。ハウス食品さん、ご提供お待ちしております。(違う)

見た目は特に変わりはありませんが、シーフードらしい魚介の旨味が加わりながらスパイシーな感じが美味〜。

意外と冷凍シーフードは使い勝手が良く、アヒージョやスープなどにも使えるので気になった方は利用されてみてはいかがでしょうか〜?

そんな楽しい夕食を終えたら、息子たちは既にお眠の様子。いっぱい遊んだもんね。と早々に夢の中にいる息子たちを隣に嫁ちゃんと焚き火を堪能します。

「なんか、焚き火って久しぶりだね〜」

と、そういえばゆっくり焚き火を夫婦で楽しむのは久しぶりな気がします。前回のキャンプでは雨予報でしたし、その前のキャンプは雨で……(あ、雨ばっかだ)

特に何を話したというわけでもないですが、普段の生活とは違い、テレビなどがない環境なので、ゆっくりと夫婦水入らず。

(あ、たぶん新作の007から過去作品を語ったと思う)(映画好き夫婦)

こうやって二泊三日の最後の夜がふけていきました……。

三日目の朝から

二泊三日。最終日の朝。

長いような、短いような、短いような、本当に短く感じる充実した時間を過ごしました。(あと、1週間はキャンプしたかった(笑))

「今日は何する〜?」

と、まだまだキャンプが出来ると思っている次男。息子よ。まことに残念ながら家に帰るんや……。

「今日でキャンプが終わりかー」と翌日から仕事という事実を受け入れられず、現実逃避を実行中。

とは言っても、現実は変わりませんので大人らしく早めに朝食を作り撤収しなければなりません。(当たり前)

第二弾のキャンプ朝ごはんは、昨晩に多めに作っておいたカレーをホットサンドして、なんちゃってカレーパンですーーー。(いや、カレーサンドか?)

「え?カレーをホットサンドにして大丈夫?溢れてこない?」

と、疑問に思った方。あなたは正解です。私は「まぁ、多少のルーの緩さは二日目だからカバーできるでしょ?」という全く根拠のない自信がありました。はい。

と、そんな予想どおりの結果となったホットサンドがこちら。まるで肉汁滴るハンバーグの様にカレーがパンからはみ出しています。いや〜美味しそうではありませんか?!(めっちゃ食べづらいけどね)

味はカレーとパンなので間違いないんですが、溢れ出るカレーを止める手段がなく、かなり汚れてしまいます(泣)

ドライカレーならワンチャンいけるのか? と想像していますが、次に機会があればチャレンジしたいと思います。

大満足な二泊三日のキャンプ!

帰りたくない……。

少し早めに撤収準備を進めていき、テーブルとチェアのみを残して、時間いっぱいまでキャンプを楽しみたいと思います。

実は二泊のキャンプで多少の不安もありましたが、キャンプ場の充実度もあって、子供達も飽きる事なく最後まで楽しむ事ができました。

また、非常に綺麗に整備されている青川峡キャンピングパークは、特にファミリー層にオススメできるキャンプ場なので一度、利用されてみてはいかがでしょうか〜?

おわり〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

みそお
根っからのアウトドア派の筆者「みそお」です。嫁ちゃん、長男、次男の4人家族で2018年からファミリーキャンプを楽しんでいます。そんなファミキャンの様子やギアのレビューなどをご紹介していますっ! ・ソトシル公式メディアとして参加しています。