キャンプって……ダイエットになるんじゃないのか?

f:id:misojicamp:20210627132412j:image

「キャンプって太っちゃう……」

と、開放的な雰囲気といつもとは違う環境、美味しいキャンプ料理という事もあってついつい食べ過ぎてしまう方も多いと思います。(私です。)

そんなあなたに朗報です!? 実はキャンプをするとダイエットになるんですよ?!?!

※最近、ネタ記事を書いておらす “元々は、めんどくさいなぁ〜という部分をポジティブに乗り切ろう! 的な感じの記事” なので、ダイエット効果は全く保証できず、記事を読んでも「痩せないじゃん!」っとなっている方は生活習慣を見直してください。(もちろん、私のことです。)(ボソッ)

スポンサードサーチ

キャンプって……ダイエットになるんじゃないのか?

f:id:misojicamp:20210627135036j:image

ども、みそおですっ!

『あぁぁ……疲れたぁ〜。』

キャンプを終えるとこう思う人も少なくないと思います。道具などの持ち運びやテントの設営、撤収、キャンプ場現地では歩いていたりと、何かと体を動かしています。

そうなるとですね。皆さんも思いますよね? え? 思わないですか? いやいや、思うでしょう。男女問わず「若い頃は食べても大丈夫だったのに……」と自分自身の年齢を再確認し、若い頃に履いていたズボンがキツくなってきた人ならーーー。

「あ!キャンプって痩せるわ!」

キャンプがダイエットになる気がしてきた?!

f:id:misojicamp:20210627120517j:image

そうなんです。キャンプって色々な運動をする趣味でもあり、割と忙しなく動いている印象があります。(特にファミリーキャンプ)

しかも、キャンプは自宅とは違い電子レンジやケトルなどの家電類で夜食を作ることなく、冷蔵庫や食器棚に隠しておいたお菓子やデザートなんかもないわけです。

f:id:misojicamp:20210627121359j:image

こうなると普段はついつい摂取しがちな間食することもありません。 なので、キャンプで痩せない理由はありません。やったね!

そう”キャンプダイエット” と言ってしまってもいいんですか? いや、言ってもいい〜んです。

そんなキャンプがダイエットに繋がる(かも)という要素をご紹介したいと思いますよっ!

エクササイズ「積み込み・荷下ろし」

f:id:misojicamp:20210626153539j:image

キャンプ道具を持ちながら往復する。

荷物を持ち上げるための筋力。

キャンプダイエットといっても、やはり準備運動やクーリング・ダウンは欠かせません。怪我をしてしまったら元も子もないですからね。

そんな時に打って付けなのが「キャンプ道具の積み込み・荷下ろし」

多くのキャンプ道具をキャンプで使いますよね? それらを保管場所から車などへ持ち運びする際には、かなり往復をするこの作業。荷物を持っての移動のため、普段より高い負荷での有酸素運動となり、ダイエット効果が期待できます。

f:id:misojicamp:20210627155458j:image

なんのために余分に買ったガス缶や「まぁ〜一応、持ってく?」と荷物を増やしてるんですか? このダイエットのためですよね。(違う)

2階建て以上だったらより高負荷なエクササイズとなり、またとないキャンプダイエットチャンスです。率先して行いましょう。みるみるあなたの脂肪は燃焼されていきます。そうなるとーーー。

『よしよし。荷物を持つながら歩く事で有酸素運動が出来てるぅ〜〜〜↑↑↑』

ってなり、いつも以上に積み込み・荷下ろしが楽しくなってしまいます。(恐らく)

トレーニング「設営・撤収」

f:id:misojicamp:20210624000609j:image

総重量10キロ以上の道具を支える体幹。

ペグを打つその二の腕。

車とサイトを行き来する有酸素運動。

設営や撤収においてどの作業を見てみても全ては筋力トレーニングに繋がります。そう この設営や撤収にこそ、すべてのキャンプダイエットのエッセンスがあるわけです。(?)

「あぁぁぁ……設営はツラいな……」

っと思っている方はいいですか?(あ、私です)

f:id:misojicamp:20210627155920j:image

筋肉は意識してあげると喜んでくれます。使っている部位や動きなど、普段は気にしないところまで意識的に動かしてみてください。そうするとーーー。

『ふふふ。ペグ打ちで上腕二頭筋が鍛えられてるぅぅぅ〜〜〜↑↑↑』

って、いつも以上に動きが活発になり、気持ちも高まります。(たぶん)

ワークアウト「焚き火」

f:id:misojicamp:20210627120206j:image

薪を持つその握力。

薪を割るという全身運動。

火を灯すその肺活量。

そう。何を隠そう焚き火はワークアウトにつながり、特に薪を割るなどかなり高負荷な運動をする事もできます。

また、火力を上げる時に火吹き棒などを使いますがコレも肺活量を鍛えることに繋がり、体力向上・新陳代謝アップに期待ができます。

こういった “体への負荷” を考えながら、焚き火という “癒し” にもつながり、非常にキャンプという空間をより特別にしてくれます。そうなるとーーー。

『はぁぉ! 焚き火で心も体もリフレッシュュュュ〜〜〜↑↑↑』

って、自分自身への高い負荷から得られる高揚感を手にする事ができます。(きっと)

食事制限「キャンプ飯」

f:id:misojicamp:20210627115106j:image

運動をしたらもちろん、休息が必要となります。人間は摂取したものから作られており、たとえ高いダイエット効果のあるキャンプといえど食事に手を抜いてしまっては意味がありません。

ここで摂取したいのが「肉」です。

そう。鍛えた筋肉の栄養となるのがタンパク質となるわけなんですが、そのタンパク質を豊富に含んでいるのが肉なんです。

牛肉、豚肉、鶏肉とどの肉でも優れたタンパク質を持っており(特に鶏ささみ肉)、疲れた身体にガツンと効いてくれます。

f:id:misojicamp:20210627160103j:image

そう「キャンプ+肉=最高のダイエット食」という等式が成り立ち、キャンプダイエットを更に高い次元へ押し上げてくれます。そんな最高なキャンプ中に肉を食べるとーーー。

『ひゃっはぁ!肉が身体に染み渡るぜぇぇぇ〜〜〜↑↑↑』

って、筋肉細胞一つ一つがキャンプという調味料を得た肉に歓喜し、更に逞しくなります。(わからんけど)

スポンサードサーチ

キャンプダイエットの結果はいかに……

f:id:misojicamp:20210627192906j:image
(マヨとチーズって太るけど美味しいの図)

そうこうやってキャンプとダイエットというのは、意外と密接した繋がりを持ち、キャンプをする事により誰もが羨む魅惑ボディになるわけです。

そう。キャンプとはダイエットに繋がる。こうやって確かな理由があるわけなので当然、キャンプをしてきた私自身も痩せていくわけなんでーーー。

ーーー。

ーーー。

無理無理無理……

f:id:misojicamp:20210626210744j:image

いや、もうネタがない事から無理矢理にでも肉でダイエット感出しましたが、限界です。何なら普段はあまり食べないオヤツとか食べちゃうし、ずっーと食べてる。しかもずっーと座ってる。設営やらの消費カロリーなんて軽くペイしちゃうぐらい食べちゃう。

だから、空腹感なんてキャンプ中では疎遠な存在。むしろ食べる事がキャンプの醍醐味です。(半分、本当な話し)

ただ、個人的にはキャンプというのは一つのイベントなので「太ってしまう……」と、我慢するよりもせっかくなら美味しいキャンプ料理をしっかりいただきたい派なので、仕方ないんです。どうしようもない。(こりゃダメだ。)

冒頭にもボソッと書きましたが基本的にはネタです。ダイエットできるかなどは知りません。(キリッ)(オイッ)

ですが、「ツラいな〜」『疲れるな〜』と感じてしまう時にキャンプ中にダイエット要素もあるかも?! っと思うとなんだかいつもより、積み込みや設営が楽しくなるかもしれませんよっ! たぶんねっ!

おわり〜。(コレでいいのか?)

4件のコメント

ダイエットになったら良いのにー。
普段食べない豪華な朝ごはんとか、
持って行き過ぎちゃってー。

キャンプでダイエット、私も何度も考えましたよぉぉぉ〜〜涙
体動かすから痩せそうなのに、なんででしょうね。
一度、キャンプ中に体調悪くなってご飯があまり食べられなかった時は1kg減ってましたけど、、、
体も心も満腹で帰るのが健康的なキャンプです。

えりごのみさんへ (id:eisomi)
持って行き過ぎますよね^_^ 私はいつも米の量を多めにしてしまい毎回、お腹がパンパンです(笑)

emi(えみ)さんへ (id:camera-yurucamp)
やっぱり、考えますよね(笑)「言ってもそんなに食べていないし?」と、妙な自信すらあります^_^
そうですね!やっぱり健康でご飯も美味しい食べるのがキャンプです!(たぶん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

みそお
根っからのアウトドア派の筆者「みそお」です。嫁ちゃん、長男、次男の4人家族で2018年からファミリーキャンプを楽しんでいます。そんなファミキャンの様子やギアのレビューなどをご紹介していますっ! ・ソトシル公式メディアとして参加しています。