【後編】ひるがの高原キャンプ場 | 男二人のキャンプは肉祭り?!

ども、みそおですっ!

自粛明け一発目のキャンプとして行ってきたひるがの高原キャンプ場

自然の中で過ごすひと時がこんなにも楽しい時間である事を再認識させられました。やっぱり外で遊ぶのは楽しいですね〜

そんな兄弟のデュオキャンプの後編をどうぞ〜

スポンサードサーチ

ひるがの高原キャンプ場レポ 後編

森の中で、川のせせらぎを聞きながら自然が近いひるがの高原キャンプ場

お手頃な価格帯で周辺の観光施設も多くありキャンプ場自体もファミリー層が多いのが魅力の一つ

そんな場所に兄弟二人のデュオキャンプ

なんともむさ苦しいキャンプとなりましたがキャンプレポートしていきますよっ!(日記ともいう)

それでは、どうぞっ!

施設などの詳しい情報は前編を参考にしてみてくださいっ!

ひるがの高原キャンプ場で兄弟デュオキャンプ!

大人2人のデュオキャンプなので非常にまったり、のんびり過ごしています。今回は、過去にも挑戦した薫製を作っていきたいと思います

今回はよくある薫製キット等ではなく、よりお手軽に薫製を楽しめるハンディスモーカーを利用してみました

めっちゃ本格的まではいきませんが、お手軽にほのかにスモーキーな香りが楽しめますよ〜

(ただ、個人的に少し物足りない感がありましたが……)

直火が出来るキャンプ場ですが、その辺の知識は全くないので焚火台で昼間から楽しみました

「焚き火……火を眺めて何が楽しいの?」

って、思っていた弟ですが段々と力強くなったり、放っておくと弱くなったりする焚き火の世話をしていると……

一時間後には、「めっちゃ癒される〜」とか言いながら、率先して焚き火を楽しんでいます

……

せやろ〜?(誰目線?)

夜は男の肉祭りじゃい!

焚き火を楽しみながらゆったりと過ごしていたら日も傾いてきたので夕食にしたいと思いますが……

今回の夕食は、ニューアイテムである笑’s の焚き火台「A-4君」を使って肉を焼き、肉に焼かれ、肉に恋い焦がれる男の肉祭りじゃぁぁぁぁい!

(注:テンション高めにただ肉を焼くだけの記事)

事前に焚き火をしていたので熾火に備長炭を追加して、いい感じの火加減になったところで、いざ、尋常に……

勝負っ!! (何と?)

それでは、串物系からいきましょう。ココはシンプルに塩・ブラックペッパーで! ネギの甘味と豚から出る油がマッチしてたまりませんっ!

お次は豚バラブロック。少し思考を変え、塩・ブロックペッパーにスパイシーさをプラスする為にナツメグを加えるともう最高ですっ!

表面を焦げ目をつける程度にして、後はアルミホイルに包み、じっくりと焼いていきます

豚バラに火を通している間、鶏せせりを焼きましょう。ハーブが調合されたシーズニングを一振りし、少し風味を足しましょう!

そうすると南イタリアの香りが漂ってきますね〜(気がするだけ)

あと、調理時に100円均一で売ってるステンレストレーを最近になって使ってるんですが、切った食材などを一つにまとめたり、下味をつける時に便利なのでオススメ〜

せせりを食べ終わる頃になると豚バラが良い感じに火が通ったので、切り分けていきます。もう、まな板の上で油が洪水してます。身体に悪そう〜(褒め言葉)

そして最後は、メインディッシュの牛ステーキ肉(特売品)を焼いていきますよ〜! 皆さんついて来れていますか? 画面から伝わる油で既に「ウプッ……」ってなっていませんか?

(因みに私は豚バラを食べ終えた時点でウプッってます)

ステーキ肉に下ごしらえをしていくんですが、岩塩とブラックペッパーとか思ったそこのあなた

ノンノンノン。現状の自分に満足せず、より高い景色を目指そ? 周りの人より一歩先を行こ? 人生に潤いを求めよ?

(注:キャンプでバーベキューは、初めてです)

と、言う事で今回、用意したのが 男のトリュフ塩! トリフじゃないから、トリュフだから!

そう世界三大珍味である言わずと知れた高級食材であるトリュフが合わさった塩。それがトリュフ塩

コレで次のステージにいけるから!

(注:トリュフの香りすら嗅いだ事ありません)

このひと摘みは一体、いくらよ?と思いながらステーキ肉にトリュフ塩をふんだんに使い、肉を焼いてみました!

もうなんだろうね? この感じ? この気持ちをなんて表現していいか分かりませんが、幸せが鉄板の上で横たわっていますね!

そんなこんなで焼いた肉をそのままでむさぼり食べたいと思いましたが、そこはジェントルみそお。切り分けていきます

キャンプでの初バーベキュー

人生初のトリュフ塩

まぁ、珍味ってのは? 妙に変な香りとかして一部の上流階級の方々しか理解できないものでしょ? 私のような高校生より財布が寂しい小遣い夫が理解できるわ……

「味分かりませんw」って言うつもりのネタ要素目的で使いましたが……

『うんまぁぁぁいぃぃぃ!!!』

トリュフってニンニクに近い刺激的な香りがして、肉とかなり合います。もう最高です。高貴な気持ちになれます

一緒に次のステージに進みたい方は、トリュフ塩をオススメしますよっ!

(注:数ヶ月賞味期限が切れたコーヒーを美味いと言う人の意見です)

夜は焚き火を……

必要以上にカロリーを摂取した後は、焚き火を楽しみました。6月でも標高のあるひるがの高原キャンプ場なので半袖では寒いぐらいです

最初は焚き火に否定的であった初キャップの弟も今では焚き火に癒されながらまったりと過ごします……

外灯も所々に設置されていますが、サイトによっては暗くなっていますのでヘッドライトやランタンを持っていった方が良いですねっ!

そんなこんなしていると、夜も更けて来ましたので就寝としました……

2日目 朝

日の出が早い時期のなので5時に起床。本当、キャンプって早寝早起き食べ過ぎ寝てばっかと非常に健康的な生活になりますね

朝も冷え込んで半袖で寝ていた私の体を温めるべく、ホットコーヒーを準備します

コーヒーミルを持ってきてはいたんですが、面倒くさくなってお手軽にアイスコーヒーを温めました

鳥のさえずり……

川のせせらぎ……

木の匂い……

と、自然が近いキャンプならではの朝が楽しいんですよねっ! そうこうしていると弟も起きてきたので、朝食にホットサンドを作りました

ホットサンドの中身は、焼き鳥缶+チーズとパストラミ+チーズ+バジルという昨日に引き続き肉祭り

今回、はじめてコンビニで買ったパストラミを使ってみましたがスパイシーで美味しいですよっ! (おつまみコーナーとかにあります)

レタス、トマトなど野菜も一緒に挟んだら更に美味しそうですね

そうこうしてのんびりしている間に、いい時間になってきましたので今回の兄弟キャンプは終了となります

梅雨の晴れ間 ひるがの高原キャンプ場は最高!

初キャップの弟と一緒だったので不安な部分がありましたが、気温も過ごしやすく、虫もほとんどいなかったので快適に過ごす事ができました

帰りに「ソロテントを買おうかな……」っと言っており、この世にキャンパー予備軍を増やせた事を誇りに思います

そんなひと時を過ごす事が出来たひるがの高原キャンプ場ですが、今回のキャンプをまとめてみると……

森や小川など自然が程よく近い!
トイレがかなり綺麗!
キャンプにバーベキュー最高!

こんな感じですね! やっぱりキャンプって楽しいっ!!

おわり〜

Sotoshiru

アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!

最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

読者登録していただけると励みになります!お気軽にどうぞー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

みそお
根っからのアウトドア派の筆者「みそお」です。嫁ちゃん、長男、次男の4人家族で2018年からファミリーキャンプを楽しんでいます。そんなファミキャンの様子やギアのレビューなどをご紹介していますっ! ・ソトシル公式メディアとして参加しています。