軽快に!オシャレに!KEEN「TEMPO FLEX WP」でアウトレジャーを楽しもう!(PR)

f:id:misojicamp:20210413220725j:image

「アウトドアはどんな靴が……」

と、いろいろな楽しみ方があるアウトドアなのでアレもコレもやりたい事があって悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。(私です)

特に “アウトドアの靴” は、ファションだけではなく、固さやクッション性、防水機能など求められる要素が多くあると思うわけです。

そんな中で 機能的でお洒落なフットウェアメーカーであるKEENの「TEMPO FLEX WP」を入手しましたので、ご紹介したいと思いますよっ!

※本記事はKEENより商品提供を受けてのレビューです。

スポンサードサーチ

軽快に!オシャレに!KEEN「TEMPO FLEX WP」でアウトレジャーを楽しもう!(PR)

f:id:misojicamp:20210412195350j:image

ども、みそおですっ!

過去の記事にも書いていますが、 キャンプ・アウトドアレジャーでの靴選びって結構、大事な要素。

と言うのも、ファミリーキャンプをする場所では意外と服や帽子、パンツなどの 衣類よりも靴の性能や方向性がキャンプ・アウトドア中の”快適さ”を左右する のだと回を重ねるごとに感じたからなんです。

そんな中で、お洒落・機能的・ハイテクの三拍子が揃ったフットウェアメーカーのKEENから! なんと! 懲りずに!軽量高機能ハイカースニーカー「TEMPO FLEX WP」を提供いただいたのでご紹介したいと思いますよー。

KEEN「TEMPO FLEX WPとは?

f:id:misojicamp:20210412195816j:image

アウトドアからタウンユースまで幅広い用途に機能・デザイン性など満足度の高い、多くのフットウェアがあるKEENの中から「TEMPO FLEX WP」というは、軽量高機能ハイカースニーカーです。

ただ、スニーカーと記載していますが、トレッキングシューズに分類され、ハイキングやウォーキング、BBQやキャンプなど アウトドアの様々なシーンで活躍してくれるシューズとなっています。

f:id:misojicamp:20210412195841j:image

過去にKEENのジャスパー2をご紹介したわけなんですが、今でも外出時と絶対と言って良いほど履いています。

こちらもかなりオススメなので、興味がある方は合わせてチェックしてみてください。ジャスパー2の方がよりシティポップな感じです。

www.misojicamp.com

TEMPO FLEX WP の詳細

f:id:misojicamp:20210404232605j:image

TEMPO FLEX WP(以下、テンポ)は、ミッドとローカットの2種。そしてカラーは各3種類あります。(メンズ・ウィメンズあり)

f:id:misojicamp:20210404235832j:image

因みに、私は軽登山の使用も視野に入れていたためミッドカットのTriple Blackをチョイスしました。

f:id:misojicamp:20210405000041j:image

キャンプやバーベキューなどでは靴の脱ぎ履きし易いローカットを選んでも良いかと思います。

f:id:misojicamp:20210405001312j:image

最初は外観から。トレッキングシューズに分類されますが、 ゴツ過ぎずシュッとしたスポーティなデザイン。 日常にアウトドア要素を感じるちょうど良い具合を攻めてきてくれますね〜。

f:id:misojicamp:20210405000451j:image

と、いうのも軽登山やキャンプなどの時には靴の複数を持っていく事はなく、一足で市街地から自然の中に。と、様々なシーンがあります。

f:id:misojicamp:20210405002943j:image

テンポの様な”機能性” と “デザイン性” の両方を兼ね備えたシューズって普段使いからレジャーまで活躍してくれるんで使い勝手が良いんですよね〜。

f:id:misojicamp:20210405000714j:image

そして機能面ですが、独自の防水透湿素材「 KEEN.DRY 」を採用されており、 防水機能を持ちつつ蒸れないというアウトドアシーンには打ってつけな素材が使用されています。

f:id:misojicamp:20210405000747j:image

丈夫で通気性に優れたメッシュ素材も要所要所に使われており、ユーティリティの高さも兼ね備えています。

f:id:misojicamp:20210405001634j:image

そして靴上部に最大の特徴である「 KEEN.BELLOWS FLEX 」がテンポには採用されています。

これはアコーディオンの様な蛇腹構造があり、この機能によって高い屈曲性が実現し、足指の付け根や足首などの負担を軽減します。

この辺りの使用感は後述しますよっ!

f:id:misojicamp:20210405002011j:image

アウトソールは独自ノウハウが詰まったソールで、見ての通り凹凸が大きくあり、まるでマウンテンバイクのタイヤみたい。

f:id:misojicamp:20210405002035j:image

この凹凸もさまざまな形・方向に向いており、色々な地面を歩く事になるアウトドアなのでグリップもしっかりとくれそうですねっ!

f:id:misojicamp:20210405002101j:image

靴紐の締め付け部分にはトレッキングシューズらしさを感じ、特に歩きながら違和感や引っ掛かりを感じることなく、また脱ぎ履きし易い形になっています。

TEMPO FLEX WP は、スタイリッシュなアウトドアシューズ

実際にTEMPO FLEX WPを履いてアウトレジャーをしてみた!

f:id:misojicamp:20210413071551j:image

と、ここまではカタログや店頭でもわかる事。

むしろKEENさん。

”アウトレジャー =
OUTSIDE(ソト)+LEISURE (レジャー) ”を提案

とか言われてしまっては、試してみないと何も始まらないと思うわけです。PR記事とか言ってますが忖度しませんからね? 後悔していませんか?

(またメーカーの人に怒られるやつ)

f:id:misojicamp:20210413122935j:image

という訳で実際に履いてみてテンポの実力をアウトドアシーンで体感してみようではありませんかっ!

ハイキングシーン

f:id:misojicamp:20210408203658j:image

それでは、まずは軽登山とも呼ばれる片道一時間ぐらいのハイキングをしてみたいと思います。
(因みにこんな登山道です。)

まず、歩き出して一番最初に感じるのが”軽快さ”

これまでの軽登山にはエントリーモデルの登山靴を使用していましたが、なかなか重く。慣れが必要な部分があったりと初心者には疲れ易く、扱い難い部分があります。

f:id:misojicamp:20210407205828j:image

その点、この テンポは足首の程よいホールド感もありつつ、普段から使うスニーカーの様な”軽快さ”があります。

そして軽いスニーカーの様な履き心地なんですが、同時にトレッキングシューズらしいソールの固さや厚さ、クッション性も感じる事ができます。

もちろん本格的な登山靴の様なドシッとした固さはありませんが、荷物の少ない日帰り登山や初心者向けのハイキングなどに必要充分の強さがあります。

f:id:misojicamp:20210407210032j:image

また、特徴である高い屈曲機能 「KEEN.BELLOWS FLEX」ですが、コレがまた”軽快さ”を更に押し上げてくれます。

これも慣れていない固い登山靴の場合、指の付け根部分から甲までが曲がり難く、特有の歩き心地が取っ付きにくい部分があります。

f:id:misojicamp:20210407211432j:image

その一方で「KEEN.BELLOWS FLEX」の効果で甲付近の曲がり易く、より足首への負担が軽減しています。

もちろんタウンユースの生地も薄く、柔らかめのスニーカーなどと比較するとそこまでの変化は感じません。

f:id:misojicamp:20210408203745j:image

ですが、特筆すべきなのは、軽登山やハイキングにも使える 強さ・固さ・ホールド感を持ちながら、スニーカーみたいな歩き易さ がテンポにはあるという感じでした。

キャンプシーン

f:id:misojicamp:20210411195423j:image

そしてキャンプシーンに置いても、テンポの”守備範囲の広さ”とも言える軽快さを感じる事ができます。

と、言うのもキャンプってもちろんそれだけでも十分なレジャーとして成り立ちますが、滞在中にハイキングや自然散策などのアクティビティを楽しむ方も少なくありません。

ただ、何かと道具が多いキャンプなので靴を数足持って行くなど荷物を増やす事は避けたいところ。

f:id:misojicamp:20210411195837j:image

そういう点から、 テンポ一足で様々なアウトドアシーンに対応してくれるのでキャンプに履いて行っても活躍してくれます。

また、テントの設営時や焚き火の準備など立ったりしゃがんだりとするシーンって意外と少なくありません。

f:id:misojicamp:20210411203503j:image

こんな時にも「KEEN.BELLOWS FLEX」の屈曲性の高さを感じ、履いて作業や設営していても特に違和感や窮屈感もなく過ごす事が出来ました。

ただ、先にも少し述べましたがキャンプ単体で考えると 靴の脱ぎ履きのし易さの点からローカットの方が利便性が高い と思います。

テンポはキャンプでも大活躍!

防水機能は?

f:id:misojicamp:20210413071224j:image

靴の名前の中にもある「WP」は「Waterproof(防水)」の略で、しっかりとした防水機能がテンポにも備わっています。

アウトドアにおいて”濡れない靴”というのは雨の日の快適さが全く違ってきます。ホントに。

前回のジャスパー2を経て、 KEENの防水機能に対して絶対的に信頼をしています。なのでわざわざ記事にする必要もないぐらいです。

圧倒的猛烈的な揺るがない信頼なので疑い試す事すらおこがましい。

(防水機能が気になる方は ジャスパー2の記事 を参考にしてみてくださいっ!)

……。

……。

f:id:misojicamp:20210407212116j:image

ちちちちがうんです!KEENさん!たまたまなんです!

f:id:misojicamp:20210407212120j:image

あばばばば!違うんです!違うんですぅぅぅ!

……と、冗談はさておき(土下座)、信頼を裏切らない防水性は驚くべき性能の高さ。

水溜りやテンポの半分ぐらいまで水に浸ったとしても、靴の中がビチャビチャになるあの嫌な感じなど全くありません。

これだけの防水機能であれば雨が降った際の水溜りや泥水ぐらいではものともしない、快適に雨の日でも過ごす事ができますねっ!

また、防水機能の高さの効果かアウター自体にそこまで濡れた感じがなく 乾くのも早い 印象がありました。

やはりKEENの防水機能は恐るべし……

スポンサードサーチ

TEMPO FLEX WPを履いて軽快にアウトレジャーを楽しもう!

f:id:misojicamp:20210411195327j:image

ご紹介した場面以外にも普段の買い物やウォーキングなど色々なシーンに履いてみましたが、 総じて思うのが “軽快さ” がTEMPO FLEX WPにはある という印象があります。

そう「軽い」というより『軽快』なんです。自然の中を歩いていて心地よい気持ちになる、そんな印象があります。

そして軽快さに加えてトレッキングなどに必要な強さ、高い防水機能、そしてお洒落でスマートなデザイン。

と、このTEMPO FLEX WPが持つ広い守備範囲は、様々なアウトドアシーン。いや、”様々なアウトレジャー”へ “軽快に” 一歩を踏み出したくなるシューズでした。

キャンプやバーベキューなど使い勝手の良い靴をお探しの方はチェックしてみてはいかがでしょうか〜?

おわり〜。

店頭で購入可能ですがオフィシャルのオンラインストアだとクーポンなどもありますのでチェックしてみてくださいっ!

www.keenfootwear.com

一応、リンクも貼っておきます(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

みそお
根っからのアウトドア派の筆者「みそお」です。嫁ちゃん、長男、次男の4人家族で2018年からファミリーキャンプを楽しんでいます。そんなファミキャンの様子やギアのレビューなどをご紹介していますっ! ・ソトシル公式メディアとして参加しています。