Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

【登山レポ】子連れでも楽しめる!ご当地アルプス "各務原権現山" 日帰り軽登山



今回は、岐阜県にある各務原権現山へ子供と一緒に軽登山を楽しんできましたっ!

市街地に近いとは思えない風景を楽しめたり、小学生でも登頂する事ができるなど県内外の登山者に愛されている山という印象がありました。


そんな登山レポをご紹介したいと思いますよー。



【登山レポ】子連れでも楽しめる!ご当地アルプス "各務原権現山" 日帰り軽登山


f:id:misojicamp:20210316210822j:plain


ども、みそおですっ!




岐阜県各務原市にある各務原権現山ですが、標高が317mと初心者や日帰り登山、子連れなどでも楽しめる山となっています。


また、最近ではご当地アルプスとして各務原アルプスが人気となっているそうで、そんな山の一つである各務原権現山は、地元民以外にも多くの登山者が上っていました。
(ご当地アルプスってあるんですね汗)



そんな各務原権現山についてレポートも交えながらご紹介しますよっ!



各務原権現山登山ついて



岐阜県岐各務原にあり、市街地からも交通アクセスもよく、手軽に登山やハイキングを楽しむ事ができます。


そんな各務原権現山登山ですが、正式には「蘇原自然公園遊歩道」という名前となっています。

ただ、遊歩道と言ってもゴツゴツした岩や急な上り坂があったりと身近に自然を感じる事のできる登山道でした。



また、少しややこしいんですが、同県に "権現山" が2箇所存在する様で、今回ご紹介する各務原権現山。そして芥見権現山という名称で呼ばれています。




アクセス



今回、利用した各務原権現山の登山道入り口は岐阜県各務原市にある "伊吹の瀧" にあります。

道中は狭い山道や悪路等もなく、比較的アクセスのよい場所にあります。



駐車場



登山口入り口がある伊吹の瀧不動明王近くに20台ほど、駐車するスペースがあります。


また、限られたスペースのためもう少し下った先にある蘇原自然公園にも駐車場がありますので、満車の際にはそちらを利用しても可。



トイレ


子供と一緒に行く場合に気になるのがトイレ。伊吹の瀧不動明王から道を挟んで向かいに公園の公衆トイレがありました。




登山レポート 各務原権現山




(11:10)

少し遅めの時間ともあって登山口近くの駐車場はいっぱいだったので、少し山を下った先にある蘇原自然公園に駐車して登山口まで徒歩で移動しました。






岐阜カンツリー倶楽部(ゴルフ場)を横目に見ながらのんびりと歩いていきます。




(11:20)

登山口がある伊吹の滝不動明王に到着! 怪我がない様にお参りして、いぜ、登山開始!




f:id:misojicamp:20210315215736j:plain


木漏れ日の中で自然を感じながら歩き始めます。




登山道のはじめはつづらおりの階段道が続きます。階段自体の段差はそこまで大きくなく、低学年の長男でも安心して、登山を楽しめます。





やっぱり自然の中の空気って美味しい〜。




万年雨男ですが、天気にも恵まれました。





と、清々しく余裕な雰囲気で話していますが、汗ダラダラで息は、もちろん上がっています(笑)。やっぱり階段がキツいんですよ。


そんな日頃の運動不足を痛感しながら気持ちのいい登山道ですが、途中から少し趣きが変わり、少し岩っぽい感じになってきます。




「なんか。恐竜の化石が発掘できそう!」


とかとか言う長男と観察 という名の休憩 が出来るのはアウトドアならではの時間ですねっ!




道幅は最初に比べると狭く、岩がゴツゴツして箇所もありましたが、しっかりと踏み固められており、歩き易かったです。





(11:40)


つづらおりの登山道を登り終えるとこんな看板があり、目指す第一のチェックポイントである北山展望台を目指します。




権現山には要所で写真の様な看板が設置されており、登山初心者には安心感がありますね。




看板以降は、稜線の様な比較的緩やかな上り下りが続いています。





どこか自然のトンネルの様な景色が続き、なんとも言えない異世界に迷い込んだ様な感じがします。




(11:50)

一つめのチェックポイントである北山展望台に到着! いや〜疲れた! ここまで来た甲斐があった!(何故が山頂気分)




この展望台には、休憩スペースもあり、当日はこちらで食事をされている利用者もいました。
 

ただ、ここは、屈指の漢であるみそお。

「もう、ここでいいかな?」という甘い考えを捨てて、山頂 で食べる昼食を 目指します




そして続く稜線ですが、なんだか景色や雰囲気よくて最初の上りでの疲れが吹き飛んでしまいます。稜線ファン?もいる様で妙に納得。




「帰ったら、もう少し山を調べてみよ……」


とかとか、思いながら足を進めると目的地である山頂部が見えて来ました。





(12:10)

登山アプリで地図を確認しながら最後の分岐点。コレでやっと山頂に到着することが出来るのかと思うテンションが上がってきます。


まぁね。日頃の運動不足とは言っても? 漢ですから? これぐらいの山でテンション下げていたら今後の登山ライフが思いやられるわけなんですよ。







「いやいやいや……」


どんな苦行坂道よ。写真ではなかなか伝わらないんですが、まぁまぁ急な坂道で石の階段となっており、一段一段がなかなか高い。


もうね軽く絶望しましたよ。




なかなかな坂道ですが、進めば辿り着くと自分に言い聞かせながらラストスパート! 長男も頑張れ!




と、なんだかんだと言いながら最後の鳥居をくぐります。(ゼェゼェゼェ)




(12:20)


と、言うわけで何とか登りきる事ができ、濃尾平野が一望できます。いやー達成感。この景色が見たかったんですよっ!




山頂部には展望台もあり、所々に椅子も設置されていました。当日は他の利用者もいらっしゃったので、隅っこの方で待ちに待った昼食をいただく事としましょう。はい。コレが目的なんですよ。




とは、言っても安定のカップ麺。コレが美味いんですよ。


因みに各務原権現山は過去の山火事があり、基本的に 火気厳禁 との事でした。




心地良い疲労感。

眺めの良い景色。

そして、持参し、ぬるくなったお湯で作ったカップ麺。


それで充分。コレが最高。



(13:00)

続々と登山者が上ってきますので、少しな名残惜しくはありますが、昼食も早々に腰を上げます。

各務原権現山山頂から数分で隣の北山にも行ける様なので、そちらにも向かいます。




この登山道がかなり景観がよく、心奪われます。



因みに向かい側に見える山を上りで歩いた感じ。こうみると結構、歩いていますね。




道中にこんな物が。


折角なので、コロナの終息を願いながら甲高い音を響かせました。




(13:10)

そんな景色を眺めながら歩いていると北山山頂に到着。これにて今回の登山は無事に終えることができました〜。





子供と楽しめる各務原権現山登山



上りは約1時間の道程でしたが、下りは40分ほどで下山する事ができました。


分類としては「軽登山」になる各務原権現山ですが、最後の上りさえ心が折れなければ他は至って歩き易く、小学低学年でも楽しめる山でした。



市街地からもアクセスが良く、濃尾平野を眺めながら歩く登山道はとても景色がよく、サポートをしながら子供と一緒でも楽しめる山なので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?




おわり〜


Sotoshiru

アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!



最期まで読んでいただき有難う御座います!ランキングに参加していますので「みそお、面白かったよ!」という方はポチっとお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ