Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

MENU

使う・見る・楽しむ!ファミキャンには大きいタープが使いやすい | スノーピーク HDタープ シールド・ヘキサL


ども、みそおです



『テントにあったカッコいいタープが欲しい……』


なんて、悩んだ末にメインテントであるアメニティドームと同じ スノーピークのHDタープシールド・ヘキサ L を新たなキャンプギアの仲間入りしたわけです

信頼と実績のスノピ、十分な機能、美しいシルエットなど『持つ喜び』を感じるタープなんですが……


めっちゃ悩んだ。もう毛根よ、大丈夫かっ? ってぐらい悩んだんです。今回は、このタープに辿り着いた過程を含めてご紹介していきますよっ!



スノーピーク HDタープシールド・ヘキサ L を選んだ理由



『やっぱりタープを変えたいな〜』

数度のキャンプを経験したキャンプ初心者みそおは、タープの大切さを学び、レベルアップをしたわけです

そんな私が新たにタープを購入するにあたって非常に悩みました。え〜そりゃ〜メーカーのホームページと各レビュー、そして設営・撤収方法の動画に見まくるほど悩みましたよ


私自身は、見た目と汎用性の高さから非自立式タープを模索していました



関連記事 タープにアレコレ悩む


そんな私が新たなタープとして手にしたのが今回、ご紹介するスノーピーク HDタープ シールド・ヘキサLなんですよっ! (名前が長い)



タープを選んだ理由はコレ!



非常に悩んだ末に手にしたスノーピークのHDタープ シールド・ヘキサ Lですがこれからスノピに限らず

『タープを買うぞー! 欲しいぞー!』

と考えられている人の参考になればと思っています


それで、実際に私がこのタープを手にするまでの 煩悩を順序を追ってご紹介します


まず、HDタープ シールド・ヘキサ Lを選んだ理由の要点としてはこんな感じです

アメニティドームとの相性が良い
タープとしてのデザイン性
高い遮光性
ファミリーには大きめのLサイズ


それでは1人の小遣い夫が苦悩し、吐きそうになっている情景を思い浮かべて頂きながら(なんの試練?)各要点についてご説明していきますよっ!


スノーピークである理由

正直に言ってメーカーは、気に入ったタープであれば、なんでも良かったってのが本音

メーカーがスノーピークである利点は、当ブログでもお伝えしてきました


キャンプで住まいとなるテントなんで「もしも」の時の安心感が欲しかったわけです。テントが無いとキャンプが始まらないしね


ですが、私自身は、タープにそこまでの安心感を求めておらず、特にメーカーにこだわるって事はなかったんです。タープが無くとも最悪、テントさえあればキャンプは出来るからね……


そんな私が何故、スノーピークのタープを選んだか?


というのも、持っているテントがスノピのアメニティドームって事もあって、色味が違うタープを使っており 『テントとタープのチグハグ感コンプレックス』があったんです

やっぱりね、統一感のあるお洒落なサイトってヤツに憧れちゃうんです



その点、テントと同じメーカーで揃えるとまとまりが色味が整い、より統一感があるサイト構成になりました(自己満フィルター高め)


なので、私の様な キャンプを始める段階では、持っているテントのメーカーに合わせてあげた方が全体的なバランスが良くなると感じています


自分で色々なメーカーから選んで使うのも、もちろん楽しいですが悩む選択肢が多すぎる……

センスを試されている様な気がして、怖い。それで、メーカーに任せちゃえ! って感じです


テントと同じメーカーだと選ぶのも楽(面倒くさがりです)



ヘキサタープを選んだ理由


もちろんスノーピークからはヘキサタープ、レクタタープ、もうそれはなんの分類?っていうタープまであります


そんな中でレクタタープ程の汎用性があるわけでもない、ヘキサタープを選んだ理由


それは、単純にこのヘキサタープのシルエットが大好きだから


もうそれ以上、以下でもないんです。他に理由もない。ただ単にこのヘキサタープのシルエットの格好良さ、美しさ、セクシーさがヘキサタープにした最大の理由です

因みに嫁ちゃんにこのセクシーなタープの曲線は、理解されませんでした

(参考にならずにすみません)(でも、本音)



最悪、ポールを追加してあげればレクタタープ程のタープ下の大きさは無いとしても、 ヘキサタープでもアレンジが可能で ある事も要因としてあります

(でも、私はあんまりやらない。このシルエットが好きだから)



また、テントとタープを連結する際にもこの高いデザイン性は消えず、私はまだ挑戦していませんが、小川張りという連結方法を用いるとたまらなくカッコいいです。惚れます。いや、惚れています


このヘキサタープのシルエットがたまらないんじゃよ……


シールド加工による高い遮光性


スノーピークのヘキサタープには、エントリーモデルのアメニティタープ、その次にHDタープ シールド・ ヘキサがあります
(他にもヘキサエヴォがありますが、イマイチ使い勝手がわからない)(ただ、めっちゃカッコいい)

キャンプ初心者の私なので、当初は価格的に優しいアメニティタープを! と考えていました


が、タープに求める機能を今一度振り返ってみると

やっぱりタープに求めるモノって遮光性 だと思ったわけです


もともとこの2つのタープ210D(生地の厚さの単位)を使用しており、耐水圧の違いはあれどカタログ上では厚さ自体の差は確認する事が出来ませんが


Snow peak


HDタープ シールドヘキサの名の通りシールド加工(遮光ピグメントPU )がされており、更に遮光性がアップしています

濃い影を落とす。らしいです


とは、言っても同じ状況下で他のタープと併設しながら比べた訳ではないので、あくまでも感覚値ですが 確かにシールド加工されている方が影が濃く。多少、涼しかった印象があります


おいそれと『タープを買い替えよ〜』なんて軽はずみな発言を許されたら夕飯は白飯のみになる小遣い夫の私なので

やっぱりもっと遮光性の高いタープが欲しいんじゃ! ってならない様に頑張ってシールドヘキサを手にしたわけです


ファミリーには大きめのLサイズ


HDタープ シールド・ヘキサですが、大きさはMとLの二種類あり、メーカー表記の対応人数はMが4人、Lが6人と表記されています

4人家族の我が家にはMサイズが良いのか? って思っていました



出典: snow peak

上がM、下がLサイズ

ただ、カタログ上のスペックを見ても前後左右でおおよそ各100cmです


なので、キャンプ場で100cmの違いを云々と悩むぐらいなら『大きいのが正義!』って感じでLサイズを選びました(悩むのが面倒くさくなったとも言う)



最初は『Lサイズでは大きすぎるか?』 と思いましたが、キッチンスペースやゴミ箱、クーラーボックスに至る全てのキャンプギアをタープ下に入れたかった私としては、ちょうど良いサイズ


また、やっぱり小さい子供がいる我が家なので、動線が狭いとそれだけでも大変なんですよ……


また、急な悪天候で雨自体は防げても、地面にはねた雨や風で振り込んでしまったりと意外と濡れてしまう事があります

そういう点からも、ファミリーキャンプでは多少、本体の重量が増えますがリビングスペースとなるタープは、少し余裕があるLサイズで正解だった と思っています


HDタープシールド・ヘキサ L で快適なファミリーキャンプを!


めっちゃくちゃ悩んでテントを含めたトータルのバランス、機能、なによりもタープとしての造形美とも呼べるデザイン性で選んだHDタープシールド・ヘキサ L

ファミリー層である私にとってニーズに合致し、非常満足度がアゲアゲなヘキサタープでした

スノーピークのヘキサタープに悩まれていたらら、少し奮発して(少なくとも私には高額)HDタープシールド・ヘキサを選択肢に入れてみてはいかがでしょうかっ?!


おわり〜



使っているタープポールはスノピのタープポールをです





アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!こちらからどうぞっ!