Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

MENU

チャムス ホットサンドウィッチクッカーは、可愛いだけじゃない!?分離が出来て使い勝手抜群!



ども、みそおですっ!


『キャンプの朝は、やっぱりホットサンドっしょ!』


ってぐらい何かと忙しいキャンプの朝は、ホットサンドばかり食べているキャンプ初心者みそお



新たにチャムスのホットサンドウィッチクッカーを手にして、実際に使ってみたら、もう戻れないんです……


え?! 何にって?


そう、ホットサンドメーカーは、間違いなく分離できるタイプが最高に使いやすいってことですよっ!



分離型が快適!チャムス ホットサンドウィッチクッカー


私はパン(特に食パン)において、 トースト至上主義 を掲げており、毎朝、トーストにあんこをたっぷりとのせ、仕事に備えてカロリーを上乗せしています


なんなら惣菜パンですら大概のパンは、トーストしますからね? ちょっと焦げてるのが好きなんです

(生食パンで有名な乃が美すらトーストする冒涜っぷり。コレが美味い!)



そんな暴挙を繰り返している私なんですですが撤収日の朝は、ホットサンド率が高い


撤収日の朝は何かと忙しいのがキャンプ

そんな慌ただし日には、朝食を手軽・美味しい・簡単の ホットサンドがキャンプにはとても活躍してくれるわけなんです



そんな私は、コレまでホットサンドメーカーは良心的な価格設定なバウルーのホットサンド シングルを使っていました



関連記事



そう、使っていたんですが……




つい先日にホットサンドメーカーを地面に落としてしまって、上下のプレートを固定しているリンク部分が破損してしまったんです(汗)


針金やボルトなどで、騙し騙し使っていましたが、『どうせなら買い換えるか!』っと、分離できるタイプ欲しかった事も後押しして 新たにチャムス ホッドサンドウィッチクッカー(シングル)を手にしたわけです





チャムス ホットサンドウィッチクッカー詳細

チャムスのホットサンドウィッチメーカーは本体部分が分離できるタイプ




片側にはチャムスのロゴ、もう片方にはチャムスと言えばのブービーバードの凹凸があり、焼き目をつける事ができます

フライパンとしても活用でき、パンケーキや卵焼きにこの焼き目をつける事も出来るみたいで、試してみたい




このブービーバードの焼き目が欲しくて買ったと言っても過言ではないんですが、めっちゃ可愛い! 食べるのが勿体ない! と息子二人は喜んでいました

(問答無用で包丁で半分に切る私はアレです)


ただ、購入前には、この凹凸が洗いにくいかな? と印象がありましたが、焼き面である 内側にはフッ素樹脂加工が施されており、汚れも落ちやすく、そこまで凹凸は気になりませんでした



分離型のホットサンドメーカーはヒンジ部分が表面・裏面とで形状が違い、引っ掛ける様にして閉じる感じ


引っ掛けて本体を閉じるとこんな感じ〜



取手部分には、金具が付いており焼いている最中はこの金具を装着して、しっかりと食パンを圧着するわけです



ブービーバードが……いいっ!!





使うとわかる!ホットサンドメーカーは、分離型が使いやすい!


早速、チャムスのホットサンドウィッチクッカーを使ってみたらですよ……


ホットサンドメーカーは分離型がマジで便利!





直火式のホットサンドメーカーの構造部分で上下のプレートが固定されている物と分離できる物があります


私の場合、前者の固定されているのがバウルーのホットサンドメーカー。後者がチャムスとなるわけなんですが……


両タイプを使ってみると『最初から分離できるホットサンドメーカーにしとけばよかった!』と激しく、熱く、強く、思ったわけなんですよ!(ドドドッ)


そんな分離できるホットサンドメーカーの使ってみた感想もご紹介していきますよっ!



安定している


まず思ったのが本体を開いた時の安定感が段違い

と言うのも、バウルーのレビューでも記載しましたが 一体型のホットサンドメーカーは、本体が開いていると意外とバランスが悪い

(使うバーナー等にもよると思いますが……)



そういった点で、ホットサンドメーカー本体が分離できるので 片方に食パンや具材を乗せていき、最後に蓋をする様に挟む事が出来るのでめっちゃ安定しています




手返しが良く扱い易い



(コレは私が不器用な事もあるかもしれませんが)


ホットサンドを作る手順として……

  1. 本体を開く
  2. 食パン・具材を乗せる
  3. 上側を閉じてプレス
  4. 両面を焼く
  5. 開いてホットサンドを取り出す


って感じなんですが、問題となるのはホットサンドを取り出す時なんですよ! バウルーなどの一体型の時に取り出そう開いたら……


『……(どうやって取り出せば?)』


って思ったわけなんですよね


もうね、予想もしてなかったけど、上側を開いた状態でホットサンドを取り出すのにまぁ〜苦労する。わざわざこれだけのために箸などを汚すのも……



って感じだったんですが、分離型であるチャムスのホットサンドウィッチメーカーを使ってみたら、 本体を分離してオリャ!っと皿に乗せるだけで劇的にホットサンドが取り出し易くなります





洗い易い

本体を見ればわかりますがリンク部分など、 余分な機構がないため非常にシンプルな形をしています

これが洗う時のメリットとしてあり、隙間などに入ってしまう等のことがなく洗い易い。無駄にパカパカしないで済むんです




分離できるだけで、こんなに便利にっ!




可愛いだけじゃない!分離型のホットサンドウィッチクッカー


一体となっているホットサンドメーカーでも、十分に美味しいホットサンドが作る事ができます

しかも、どちらかと言えばお手頃価格なのが多いのもこの一体タイプ



ですが、バウルーなどと比べてしまうと少しお高い分離型ですが チャムスのホットサンドウィッチクッカーを使ったら、もう戻れませんねっ! 便利過ぎ!



お値段以上の使い勝手と幸福感、そしてブービーバードが手に入ります


途中からチャムスは関係なくなってしまいましたが、ブービーバードが可愛いので子供受けもよく、お父さん方。株をあげるワンチャンありますよ!(笑)



もし『これからホットサンドメーカーが……』など、悩まれている方がいればチャムスに限らず、 分離できるタイプを強くオススメしますよっ!




おわり〜






少し値段が高くなりますがダブルもありますよ〜


アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!こちらからどうぞっ!



読者登録していただけると励みになります!お気軽にどうぞー