Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

MENU

キャンプでも大活躍するカセットコンロ!イワタニ 「カセットフー タフまる」


ども、みそおですっ!



『キャンプに使うカセットコンロをどうしよう……?』



と思い、新たに手にしたのがキャンプでも既に人気のあるご存知イワタニから販売されている『タフまる』をご紹介しますよ〜





キャンプでも大活躍するカセットコンロ!イワタニ 「カセットフー タフまる」



キャンプでは屋外で調理をする趣味であり、そこで必要となるのがバーナー類となるわけです


そんな中で「カセットコンロ=イワタニ」とも呼べるぐらいキャンプに限らず、自宅でも使われているカセットコンロでも、圧倒的知名度のイワタニ産業



そんな安定クオリティのイワタニからアウトドアに特化しているカセットコンロが『カセットフー タフまる』なんです


カセットフー タフまるは……

ファミキャン向き

高い火力と防風性能による安定火力

男前の無骨なデザイン



購入前まで使っていたカセットコンロに不満があり、手にしたタフまるなんですが本当に使い易く、価格もお手頃、しかも無骨なデザインと買って満足できるカセットコンロでしたよっ!


そんな『タフまる』についてご紹介していきますよっ!






カセットフー タフまる 各部詳細


イワタニ産業から販売されている数あるカセットコンロの中でも、特にアウトドアの使用に特化しているカセットコンロ。それがタフまるです



実際に、イワタニのホームページを見てみると同じく人気のあるカセットコンロの「マーベラスII」や「風まるII」はカセットコンロに区分されていますが、「タフまる」はアウトドアに区分されており、メーカーの本気具合が伺えます

(って調べてみて知りましたけどね(汗))



カセットコンロ本体など含め全身を黒に纏っており、光沢のあるブラックな感じが渋い〜



ロゴもヒッソリとあり、高級感を感じるこのブラックには満たされる物を感じます



点火・火力調整のつまみも至ってシンプルな作り



カセットガスを取り付ける容器カバーを開けてみると、慣れない部品があります(銀色のパーツ)

この部品について調べてみると「ヒートパネル」らしく、この効果かはわかりませんが、霜が降りるほどの朝でも高い火力を維持してくれました



ヒートパネル


バーナーから発生する熱をカセットガスに伝えて、気化を促し、より高火力を維持する機構




ガス容器の取り付けは、マグネット着脱式となっており、ガス容器本体とコンロ側の切り欠きを合わせて押し込むだけ



五徳部分も取り外しが可能で、吹きこぼれなどの汚れを洗う際にも掃除がしやすいです

(思ったより中身がシンプルなんですね〜)



無駄な装飾がない黒1色!まさに無骨!



タフまるの使い方


使い方と言っていますが、基本的にはカセットコンロなので普段からご自宅で使う様なカセットコンロと同じ感じで使えます





ガス容器をセットして、つまみを反時計回りにカチッとなるまで回すだけ



特に専門的な知識やコツなんかも必要とせずに安定した高火力が手に入りますよ〜



キャンプでの使用感



キャンプでも既にそのたくましくデザインと安定の火力で人気の高いタフまるですが、実際に使ってみるとホントに便利!


まさに劇的にキャンプでのカセットコンロ事情が改善したんですよ。そんなキャンプ初心者ながらタフまるを使ってみた印象をご紹介しますよ〜



安定した高い火力


タフまるは、『多孔式バーナー』を採用しており、最大発熱量が2,800kcal/hの高い火力のカセットコンロで、後にも書く風防によって更に火力が安定しています


多孔式は一般的なカセットコンロに使われる外炎式に比べて多数の火口があり、火の高さが低くより風に強いタイプ




風防付きで風にも強い



イワタニの特許である『ダブル風防ユニット』がタフまる搭載されており、風が敵となるアウトドアには心強い機能(コレが1番の購入動機)


キャンプという屋外で遊ぶ趣味なので風対策って結構大事なわけで、バーナー類も火力が風によって不安定になったり、火が消えてしまったりとするんですよ。コレがホントにストレス



その点、タフまるは多孔式バーナー+ダブル風防ユニットの相乗効果で安定して必要な火力を提供してくれます



この安定した火力の違いは、実際に体験しており、タフまる前に使っていた無印良品のカセットコンロミニと比較すると明らかな違いがあります




特に『弱火』が使いやすい



タフまるをキャンプで使って一番に感じたのが安定した火力により、火加減の調整(特に弱火)が、かなり楽になったんですよ!


アウトドアでは、最大火力では問題ないカセットコンロでも、風等でどうしても『弱火』の際に火が消えてしまったりと火加減が難しい……


タフまるは、弱火で米を炊いたり、カレーを煮込んだりしたい時に『安定した弱火』のできるコンロって感じです





頑丈なケースも付属



無骨・豪傑を物語るのはカセットコンロ本体だけではなく、付属される専用収納ケースもかなり頑丈な作りとなっています


まるで工具が入っているみたいで、『買うもの間違えた』と思いました(笑)



もちろん専用収納ケースなのでピッタリと収まります



タフまるは、アウトドアで活躍するな〜




ファミリーキャンプ向けのポイント


キャンプで色々なヒーティング器具があり、価格やデザインの違いはあれど利便性・コスパからカセットコンロを使う方は、多いと思います



そんな中でタフまるを実際にファミキャンで使ってみると『こいつはファミリーキャンプ向けだ』と強く感じたわけなんです




カセットガスを使う


タフまるの燃料はカセットコンロとしてオレンジ色のパッケージでお馴染みのカセットガス

大手メーカーであるイワタニなのでコンビニでも買えるぐらいの何処でも買えてしまいます


また、お手頃価格でコスパも高いんですよっ!




カセットガス: 1本辺り200円前後

OD缶 : 1本辺り500円前後



と、非常に消耗品であるガス類なので、費用が抑えられるのは、小遣い夫の私としては助かります……




大きさがファミリー向け



調理器具なども家族の人数に合わせて大きくなるファミリーキャンプ


26cmのフライパンでも安定して使う事ができ、安心感が違います。また、普段使いでも問題ないカセットコンロなので自宅で鍋などする等横展開ができるのもファミリー要素が高いポイント



更に手軽に!アクセサリー類が充実


『炭で焼いた肉じゃなきゃ体が耐えれない』

って方は該当しませんが、タフまるの正式名称は『カセットフー タフまる』です



このカセットフーという名前が意図するのはカセットフー専用アクセサリーが別売りで販売されており、更に手軽に調理が可能になります


出典: Iwatani


例えば、焼肉プレートを使えばお手軽にキャンプで焼肉を楽しめちゃうんですよっ!


他にこの専用アクセサリーには、網焼きは鉄板プレート、たこ焼きプレートまであり、1,000〜3,000円弱ぐらいの良心的な価格が尚、魅力的


炭を使うと更に美味しいんでしょうがめんどくさがり+お手軽思考の私には、嬉しいオプションです



タフまるは、ファミリーに向いてる〜




ただ、でかいし、重い


ここまでゴリ押ししていますが、持ち運びをするキャンプに置いてタフまるは大きい上にそれなりの重量感があります


もちろん、ソロやデュオキャンプでも充分に力を発揮してくれると思いますが「ファミリー向け」と感じた事に通じますが……


ファミリーキャンプ向けのカセットコンロと思う最大の理由は、この大きさです






本体サイズ: 341(幅)×283(奥行)×129(高さ)mm

重量約2.4kg(ケース込重量:約3.9kg)



対応鍋底: 直径24cm以下(小さい鍋は鍋底が16cm以上)



無骨で豪快なカセットコンロなので、大きさも普段使うカセットコンロと比較するとボリュームがあります


また、五徳部分がソロキャンで使うコンパクトなクッカーセットなどの調理器具は不安定な置き心地となりそうです

(実際にユニフレームのキャンプケトルがギリギリ……)



ソロやバイク移動で軽量で高火力を! って方は、アウトドア用バーナーの方がお手軽・携帯性も高く良いかと思います



関連記事:プリムス シングルバーナー







イワタニの『タフまる』で、快適なファミリーキャンプを!



(ケースのロゴも渋い〜)



キャンプで人気のあるカセットコンロといえばデザイン性の高い『マーベラスII』があります


が、使い勝手もいいんでしょうがお値段もなかなかするんですよね……



そういう点から『タフまる』は、カセットコンロの中でも見た目・機能・価格のバランスが程良く、コスパの高いコンロって印象があります


キャンプに使うカセットコンロに悩まれていたら、イワタニのタフまるはいかがでしょうか?



おわり〜




アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!こちらからどうぞっ!




読者登録していただけると励みになります!お気軽にどうぞー