Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

ブログ開設2周年記念独占インタビュー?!ありがとうございます。




都内、某所?


この度、"キャンプ初心者のままでも委員会" の会員であり、自他ともに認めるキャンプ初心者ブロガーみそお。


そんなみそおが運営するブログ「Misoji × Camp」の開設2周年を記念し、大人気雑誌「三十路過ぎてはじめていいじゃない winter Issue 2020」の独占インタビューが行われました……。



※本記事はフィクションです。実在する人物・団体とは関係ないどころか、インタビューってなんか面白そうって理由だけで気付いたら書いてた記事です。





独占インタビュー?!ブログ2周年!ありがとうございます。




記者 はじめまして。雑誌「三十路過ぎてはじめていいんじゃない」の編集長の野営 好子(やえい すきこ)と申します。

この度は、ブログ開設2周年おめでとうございます。みそおさんのブログをいつも拝見していますが、何と言うのか独創的ですよね?(笑)一体、どんな事を考えながら記事を書いているんですか?


みそお まず、私自身、キャンプ初心者であり、ブログ初心者。そんな私なので読者の方々へ飾り気のない気持ちをお話しさせていただきながら「勇気」を持ってもらう事を第一に考えています。えー。




記者  確かに。みそおさんの記事って良くも悪くも思った事をしっかりと記事にされていますもんね。



みそお そうですね。折角読んでいただくなら、なんだか楽しくなって、キャンプに行きたくなる! みたいに感じていただきたいですからね。(キリッ)



記者  なるほど。いつも大した意味もネタも内容も無いクセに自己満足表現を読者の方へ面白さと評して押し売りし、喜んでいるんですね。



みそお うぐっ。まぁ。アレですよね。感性は人それぞれなので、楽しみにしてもらえたら本当に嬉しいです。はい……。





ブログ2年目を振り返って



記者 ブログを開設してから2年という月日が経とうとしていますが、この2年目を振り返ってみると何か印象深いエピソードなどありますか?



みそお そうですね。やはりコロナの影響もあってブログが更新出来ない日々がありました。ネタはあっても更新できない。そんな歯痒さがありますね。



記者  やはりブログと言っても影響は少なからずあると?




みそお はい。私自身のブログには「実体験」と「実風景」を重要視しており、やはり現地現物現認というのを基本としています。メーカーのホームページなどのカタログ値や写真を使って書くことも、もちろん可能ですがその様な記事は避けています。





それは、同じ悩みや疑問を持っている方へ実際に手にした様な感覚を持ってもらえる様にしたいからですね。肌で感じた事、質感やディテール、使用感、風景を写真や言葉を通してカタログ以上の事を伝える事に意味がありますからね。(キリッ)



記者  そうですね。やはりそう言った「自分の言葉」で執筆するからによって誤字脱字が酷かったり、日本語がおかしかったり、「よっ!」っという語尾でオリジナルティを履き違えた表現が生まれるということですね。


みそお うぐっっ。はい。すみません。ちゃんと修正と日本語を勉強し直します……。はい。すみません。





今後の展開や近況




記者 2年の氷河期を越えて更なる飛躍、成長を目指し「女子中学・高校生が今、会いたい有名人ランキング1位はみそお」に向けて3年目の目標や野望などはあったりしますか?



みそお 去年の記事をよく覚えていますね(恥ずかしいなぁ)。そうですね。現在でもブログの目標は特に設けていませんが、より読み易い記事は考えていきたいですね。

また、野望って程ではありませんがよりキャンプという趣味を通して更に横展開できればとは考えています。



記者 横展開……ですか?


みそお そうです。例えばキャンプと一緒に楽しめる趣味って多くあると思っています。私の場合、釣りとか写真撮影とかですね。




そういった+α的な要素を無理のない範囲で多角的視野を持って、キャンプというフィルターを通して見ながら、いろいろな"遊び"をしたいですね。

また、最近になって登山やハイキングなどにも興味が湧いてきたのでファミリーキャンプとも通じる部分も多くあり、またソロキャンプという需要を見据えて展開を考えていますよ。(キリッ)



記者 あっ、そうですか。



みそお え?……あ……。なんか、すみません。



今後も宜しくお願いしますっ!





記者 さて、特に誰も得しないインタビューとなってしまいましたが、私の退社時間が近づいてきましたので、何か言いたかったら、いつも通り勝手にお好きな様に話してください。手短にお願いします。





みそお ……。



記者 どうか、されましたか?



みそお 君はさっきから私に対して無礼とは思わないのかね? 正直に言って君の言葉は不愉快だっ!もうコレで私は失礼するっ!(ガタッ)



記者  あ! 待ってください! SNSのプレゼント企画に応募して「チェアとポータブル電源がくるの楽しみだな〜」と既にもらえる雰囲気で嫁にドヤ顔で話し、当選連絡を待っていたみそおさん?!どこへ行くんですか?!



みそお そういう恥ずかしい事を言うんじゃないよ!? 何なんだね君は! 本当に失礼だなっ!!



記者  ちょ!? SNSから刺激を受けて星空撮影を試みるも現地は曇り空な上に真っ暗過ぎて何やってかいいかわからずに、なんだか一人で怖くなって泣きながら家に帰ったみそおさん?!?!



みそお 泣いてないよ! 着色するなよ! 本当やめてもらえないですか? 墓場まで持っていくつもりの話しだったのにぃぃぃ!(バタバタバタッ)



記者  まだ、話しは終わっていませんよ!「あの〜もしかして、みそおさんですか?」と声をかけられてもいい様に自意識過剰な脳内シュミレーションを繰り返し、キャンプ中に人と目が合うとなんだかソワソワしちゃってるみそおさんっ?!



みそお もう、勘弁してください。本当。許してください……。




と、言う事で(どういう事?)開設当初から変わらずより、身近にキャンプを感じていただき『みそおさんを見てたらキャンプに行ける気がしてきた』と思っていただけたら嬉しいわけです。


だらだらと茶番ネタにお付き合いいただいた皆さん。今後ともみそお。並びに「Misoji × Camp」を宜しくお願いします!



(3周年に)つづく〜(はず)






Sotoshiru

アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!


最期まで読んでいただき有難う御座います!ランキングに参加していますので「みそお、面白かったよ!」という方はポチっとお願いします!にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ





読者登録していただけると励みになります!お気軽にどうぞー