Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

MENU

キャンプで感じる子供の成長


ども、みそおです


今回は、特にコレが便利だった! って感じでもなく、ただの日常を話したいと思います


思い出すだけで目頭が熱くなります


キャンプを通して子供に色々と学んで欲しいと思っていたんですが、私自身が非常に学ぶ・感じることも多くあり、個人的なとある1日を日記的にご紹介します


キャンプで子供の成長を感じる


子供って不思議な事に同じ育て方をしているつもり全く性格が違うんですよね

そんな私には今年で7歳になる長男と4歳になる次男がいます


これがね〜、めっちゃ性格が違う。我が息子2人は、特に『物に対する執着の違い』がホントに違う


長男は大人しい性格で石橋を叩いて渡るタイプ。また、ドライな面もあって人、物、遊びにとどれに固執する事なく、どこを取ってみても『これがないと』ってのがない

瞬間風速的に物を欲しがったりはしますが、おもちゃなど壊れたり、失くしたりしてもその場では、すごく落ち込み反省していますが数分後にはケロってしています


一方、次男は絵に描いたようなクソガキ。良く言えば天真爛漫。私もビックリするぐらいイケイケどんどんで突き進みます

でも、長男とは正反対に好きな物を文字通りずーっと持ってます。朝起きて一番最初に探すのはお気に入りのトミカ、風呂にまで持って行きます

お気に入りのトミカが無いと何も始まらない、ずっと見つかるまで探すぐらいホントに大事に持っているんですよ


こんな2人の怪獣を引き連れてキャンプを過ごしているんですが、

別の記事にも書きましたがキャンプを通して自分の物を使う喜び・物を大切に使って欲しいと思っています




壊れるオモチャの椅子

そんな中でキャンプをする人にも人気のあるキャンプギアがミニチュアとなったガチャがあったんで

『よぉーし、焚き火台を頼むぞっ!』

などと、言いながら長男、次男に望みを託してガチャを回すんです。なんで、スマホゲームもそうですがガチャってあんなに楽しいんですかね? オラワクワクすっぞ的な感じ


『出るまでやったるぞーーー』

などと気合いを入れたとこで間髪いれずに嫁ちゃんに止められるわけなんですが、成績としては……

私は、テント
長男は、チェア
次男は、ランタンやら細々と

って感じで本命は手に入れれなかったもののガチャ効果もあってか息子2人は非常に喜んでいました




息子が泣いた


家に着いて、せっかくガチャで手に入れたキャンプギアを使って擬似キャンプと題し、設営を開始したわけなんです(所謂、おままごと)

『とりあえず車はカマロだな!』

とか、トミカや戦隊モノのロボット、レゴで作った城などもう一体どんなキャンプ場だ? 夢の国もビックリな夢感が溢れるキャンプだな!


とか、思いながら遊んでいたんですが……

テンション上がっている次男は、もう止められない。「ガキーン」とか言いながらテントとロボットの謎バトルが始まったりする


それで次男が、乱暴に扱ってしまい長男のおもちゃの椅子を壊してしまったんです




『なんで壊すの?!ねぇ!』

と、怒る長男ですが「治してあげるから……」と言い聞かせて、「まぁ直ぐに機嫌が直るだろう」と、いつもの事と思い、私自身は特に気に留める事もなく、その場はおさまりました



そんなこんなで擬似キャンプはお開きとなりますが、ふと気づくと長男がいない

「トイレかな?」

とか、思っていると部屋の片隅で泣いていました。

正直に言ってビックリしました。ここまで物に対して泣く事がなかった息子なので本当にビックリ


『椅子が壊れた……』


と、一言


それを聞いた私は、胸が締め付けられる思いでいっぱいでした

今まで、こういった事で泣いたり悲しんだりしていなかった長男が、大粒の涙を流して泣いているんです


キャンプを通して物を大切に扱う事を知って欲しい と思っていた私なので、非常に感動しました……


が、その反面。自分自身の親としての未熟さを非常に感じる


「子供の成長を願ってキャンプ!」

「成長する姿が見れていいわ〜」

などと、思っていたのが、所詮は上っ面だった。子供の成長、心境の変化に気付いたあげる事が出来なかったんです


たかが数百円のオモチャの椅子

私にとってはそれぐらいの認識が、長男にとっては


『パパと買った大切な椅子』


だったんですね


私は親として、1人の人間として、情けなくなる


いつも目の前にいるのに本質的な部分を見る事が出来ていなかったのではないか?

本当は成長とも呼べる変化を願っていた「だけ」ではないか?

子供が大切にしている事が何故、わからなかったのか? 私自身の怠慢ではないのか?



ここで私の親に長男が生まれた時に言われた

「子供から学びなさい」

と言う、言葉を思い出す


そう、教えているつもりでも実際には私自身も子供から学ばさせてもらっているんです



子供の成長は、親の成長

瞬間接着剤で壊れた部分を治してあげると安堵の表情を見せてくれ私の心も落ち着きます


長男の成長、心変わりがキャンプが起因しているかはわかりません

ただ、眠くて感情が出ただけかもしれない

たまたま、次男が気に入らなかっただけかもしれない

それでも、物に固執しなかった息子が大事そうに治った椅子を飾っている姿を見ると……


『キャンプをはじめて良かった』


と、思える1日でした



おわり〜