Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

MENU

【キャンプレポ??】 誰でも簡単にキャンプ気分を味合う方法


ども、みそおです!



猛威をふるった大型台風19号ですが、被災された方々の1日でも早く普段の生活に戻れることを祈っています


こんな前置きを書いておいてアレな内容ですが、台風でキャンプがキャンセルとなり、悶々としていた私(因みに台風キャンセルは、今年3回目)



……



そんな何処にぶつけて良いかわからない憤りを持った私はですね……



自宅でキャンプしました



※今回の記事にあまり期待しないでください。最後まで特に得るものはありません





家キャンプレポート




自然というフィールドに人間が身を置く趣味であるキャンプ

当然ながら、雨や風などの影響もあり、時にはキャンプ場側がクローズする場合もある趣味なんです


そんな時に自宅にいながらもキャンプ気分を味わう事悪あがきをしているキャンプ初心者みそお



関連記事 雨でも自宅でキャンプ気分に!




こんな事をしている子供心を忘れない事を忘れた屈指の子供な大人である私は、愛知県某所にある1日1組限定の貸し切りプライベートキャンプ場(ってか自宅) へやってきました


あまりの快適さから高規格キャンプ場でも足元にも及ばないキャンプ気分が味わえ、もうコレはお手軽にグランピングに出来ちゃうんですよ!



※今回の記事にあまり期待しないでください。最後まで特にメリットはありません




自宅で楽しむキャンプ???

このキャンプ場に鍵付きのゲート(別名 玄関)があり、管理人(嫁ちゃん)の趣味であるドライフラワーがお迎えしてくれ、ほんわかした気持ちになります


基本的に管理人嫁ちゃんの気分次第でオープンとなる『開いていたらラッキー』的なキャンプ場です。

流石、グランピングって感じの知る人ぞ、知るってやつ


事務所 キッチン に管理人はよくいますので機嫌を察しながら一言お伺いを立てて『好きにすれば……』っと、何かを失いながら許可を得るとキャンプする事ができます


サイトは、3つのサイトに分かれていますが基本的には1つのサイトしか利用出来ません。また、サイトに加えて共同のキッチンスペースがあります(別名 3DK)

ここの料金は他のキャンプ場とは違い1度契約すると、毎月口座から勝手に所定の金額が引き落とされる仕組みとなっています


※今回の記事にあまり期待しないでください。最後まで特にオチはありません



サイトの状況


地面はふかふかの芝生にも似た肌触りで非常に快適ですが、ペグが使えない地面となるため自立式のテントしか利用できません。タープはスペース上の問題で設営することは難しいです


が、 ご安心ください


林間キャンプにも似て、太陽は完全に遮られており、直射日光を浴びるって事はまずありません

むしろ自由に調光ができるシステムまで完備しており、所謂、全天候型キャンプ場となっております



高規格キャンプ場としては、当然ながらテント電源サイトとなっております。基本料金は、他の料金と同様に勝手に口座から所定金額が引きお(ry


※今回の記事にあまり期待しないでください。最後まで特に話題性はありません




家キャンプでグランピング


『この日の為に用意した』と言ってしまったら過言ですが、DODのワンタッチテントを設営しました


グランピングといえばノルディスクのアスガルトを想像するかもしれませんが、そんな物はありません。設営もできません


『クマさんじゃなきゃ〜なんかグランピング気分が味わえない〜』



と、熊のロゴに多大なる憧れを持ち、映えを気にする方々は思うかもしれせんが、 ご安心ください




うさぎがいます


また、徒歩数歩でふかふかのマットとクッションが保管されており (ベッドルームから布団を持ってきた) テント内に敷くだけで居心地がよく『ココは家か?』ってテンションになります



そして、高規格グランピングサイトなのでテント内にいながらテレビが見る事が出来、もちろんニンテンドースイッチや映画鑑賞も可能です

加えて、wi-fi環境も整っており、YouTubeを見るなども可能なわけですが、この使用料金は他の料金と同様に毎月こ(ry


※今回の記事にあまり期待しないでください。最後まで特に意味はありません



食事も豪華にグランピング気分


ここまでグランピング気分を味わえるキャンプ場となっていますのでもちろん食事・調理スペースは完璧です


備え付けのコンロを自由に使う事ができ、風などで『火力が……』っと気にすることもなく、お好きにキャンプ料理を楽しむ事ができます

食材も大型のクーラーボックス(別名 冷蔵庫)が常備されていますので、安心して保管することも出来ます



因みにコンロのガス利用料金は、基本料金と同よ(ry




ただ、ここまで設備が整っていると……


『え〜〜〜なんだか、アウトドア感がない〜〜〜』


って便利さと不便利さの計算式に迷っている方もいるかもしれませんが、ご安心ください


全天候型キャンプ場なので、照明を落としてLEDランタンを灯せばそこは別世界。ちょっとした不便利さを楽しむ事ができ、フォトジェニックな感じになります



ただ、高規格キャンプ場ではあるんですが、基本的にサイト内では火器厳禁。よって焚き火はする事はできないんですが……



ご安心ください



ニンテンドースイッチからYouTubeを起動し、焚き火動画を再生すれば大画面で楽しむ事ができ、全て解決。ノープロブレム

焚き火後の後片付けなどは、ボタン1つで完了出来るので初心者やめんどくさがりには打ってつけです


また、LEDランタンを加えてあげれば夜も特別な雰囲気になる事間違いなし!



朝食もいつものトーストではなく、キャンプらしくホットサンドで朝を迎えれば更なるキャンプ気分を味合う事ができます




家でも楽しい?テント1つでキャンプ気分



※今回の記事は、それらしく語っていますが特に期待出来ないのに最後まで読んで頂いてホントにありがとうございます。皆様の優しさで当ブログは成り立っております



お手軽にグランピングとか言ってますが、割と窮屈で大変だったりしますが、やっぱりキャンプが中止になっても諦めきれないんです


そんな時には、どうですか? 誰もが持っているキャンプフィールド『家』でテントを設営して、ランタンなどを出して楽しんでみてはいかがでしょうか?


もちろん、オススメはしませんよっ!

(でも、楽しい〜〜〜)



おわり〜




アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!こちらからどうぞっ!


読者登録していただけると励みになります!お気軽にどうぞー