三十路からはじめるキャンプ

30歳を過ぎてからキャンプをはじめたいと思い、日々妄想を重ねている備忘録。

MENU

はじめてのテントを考えよう!キャンプ初心者はドーム型テントが一番?!


ども、みそおです。



『よし!キャンプをはじめるぞ!!』


と決めて、最初にやっぱり一番最初に思い浮かぶキャンプギアは、 テント。


私自身も嫁ちゃんの機嫌次第予算的都合により、テントを先延ばしているもののやはりテントが欲しい。


今回は、そんな独断と偏見という名の妄想にまみれた キャンプ初心者みそおが思うはじめてのテント選び についてご紹介します。



キャンプ初心者はテントが一番欲しい



「キャンプはじめるからには、テントが欲しい」


キャンプをこれから始めようと思う人は間違いなくこう思うはず。

もちろん、私もスマホ画面を片手に色々と検索して「あーこれもいい、でもこっちもいいなぁー?」などと悩みながらこうも思うんです……


『はじめてのテントってどれにすればいい?誰か……教えて……』


そう、他種多様のテントを目の前にし、悩みに悩み思考回路がショート寸前どころではなく既に崩壊してしまってるんですよ!


オススメ◯選ってあるけど、全部オススメされてもね。わかんない、悩む〜…

ってそんな感じ。




キャンプ初心者みそおのテント選びはこうだ!



先ずは、絶賛キャンプはじめたいぞ!の、みそお家のスペックを紹介します。

  • 家族は 大人2人、子ども2人
  • テントを 設営した事ない
  • 今後、続けるかは分からない
  • (店員を除く)周りに 聞く人はいない
  • 予算は3万円程度を目標
  • 折角、買うなら長く使いたい


こんな絵に書いたような

「いやー、これからはじめてのファミリーキャンプを始めたいです!」

の、平均値なスペックではないでしょうか。


キャンプ初心者には前室ありドームテントが無難な選択。



よく、ファミリーキャンプ初心者にオススメ◯◯選!などに紹介されているテントはドームテント、ツールームテント、ワンポール(ティピー)テントの3点。

ドームテント

ツールームテント


ワンポール(ティピー)テント


そう、こんなやつ。



もちろん、これ以外にもオシャレで流行っているテントなんかもあって非常に多岐に渡るんですが……

キャンプ初心者の段階では、やはり特殊・流行りのテントに手を出す前に設営難度、価格面からも、上記の3パターンに絞る方が良いと考えました。


設営が簡単で調べやすそうなテントがいいなぁ〜

って感じです。


そして、結論的に言ってしまうとタープ+前室ありドームテントが初心者である私にとって一番良い、という結論に現段階では達してるんです! キリッ


でも、欲しい他にもテントは他にも勿論ありますよ?嫁ちゃん?ね?機嫌どう?





( ' ^'c彡☆))Д´) パーン




でも、はじめてのテント選びは悩みに悩んだ!!


『でもさ?なんでそんな結論に至ったの?』

って思われると方もいると思います。


『前室ありドームテント+タープ』を決断するに行き着くのには、何を隠そう茨の道。ハゲそうになるぐらい悩みました。

というのか悩みすぎてよく分からなくなり、思考をやめた感もあるぐらい。


そんなキャンプ初心者の私は、この順番で脳内妄想をひたすら繰り返していました。

  1. 見た目はワンポール一択!!お洒落!最高!
  2. でも、タープとの連携が難しくないか?
  3. それならタープとテントを一体と考えればツールームも良くない?
  4. でも、1人で設営出来るのか?
  5. それならドームテントで良くない?
  6. 待てよ、それなら頑張ってワンポール連結する方法を熟考すれば・・・?
  7. 最初に戻る


こんな具合でブレブレな私がタープ+前室ありドームテントに辿り着いたかというと?


安心してキャンプをしたい。




はじめてのキャンプで買うテントは、最終的には『安心感』を優先して選んだわけです。


安心感を考えるとドームテントが一番




安心感。

と書いていますが何の安心感といいますと初心者でも確実にテント設営ができること。


上にあげた3種類のテントにはメリット・デメリットはあるとは思います。

が、はじめてのテントで正確にそれらを理解するには経験が無いわけでして、ここでは安心感を一番としてなぜ、ワンポールテント、ツールームテントを選ばなかったのか?を焦点にし、独断と偏見を紹介します。


ワンポールはタープの連結が難しそう

「やべぇ……なに?あのトンガリ、かっけぇ!」

オシャレでフレームが1本で設営が可能と、かなり初心者としては、扱い易い事は容易に想像出来るんですが(予算的に) 前室がない又は、小さいのがネックなんてますよ。

特に小さい子供がいる間に前室がないと急な雨などでグチャグチャになった靴を……

って考えてしまうと 前室がある方が絶対にいい!


前室の代わりとなるタープを連結すれば解決するんでしょうがこれには、相応の工夫が必要で色々と方法がインターネットで調べれば出てくるんですが……

初心者が調べて考えた連結が適切か判断する術がないんです。


だから、ワンポールを選ばなかった。


ツールームは1人で設営ができないのでは…


タープもいらなくなり、ファミリーキャンプには打ってつけと思えるテントですが ショップとかで展示されているテントを目の前にすると1人で設営するイメージが全く湧かない。


当然と言えば当然なんですがテントが大きくなればフレームが増える訳で

そうなると設営難度は高まる事から初めてのテントで設営に慣れていない中で 楽しみながら設営が出来るとは思えなかったんですよ。


以下、ツールームテント設営妄想

「多分こうじゃない?」

『え?でも取説はこう書いてあるよ?』

「そんな物はあてにならん、ここは五感を研ぎ澄ませるんだ!」

『え?・・・(キャンプなんてしなければ良かった。)』

妄想おわり


漫才コントみたいな夫婦喧嘩し、加えて5歳児と3歳児がワンパク息子が設営中に大人しくしているとは思えない。これでは、楽しいキャンプも楽しくなくなってしまうんではないか?

と、思ったんです。


それであれば 1人は設営し、1人は子供達と遊ぶスタイル にした方がよっぽど健全的。



これがツールームを選ばなかった理由。




こう言った理由から前室ありのドーム型テントに辿り着いたわけです。



定番に手を出すのを恐れない。


上述の通り、前室ありドームテント+タープの購入に向けて、もう一つ大切な要素を付け加えました。それは……


ど定番と呼ばれるテントにする。


『え?それでは個性を出せないので?みそおさんは、集合体の一部でいいの?』


という、被害妄想的な声が聴こえてくるんですかがこれには、私の様な キャンプ初心者には利点があります。

  • 設営動画が豊富。
  • 付属する用品の知識を調べ易い。
  • 使われているシーンがあり、イメージし易い。


これがど定番と呼ばれる大衆に愛され、評価され、それらの多種多様な意見を簡単に調べる事ができます。


設営方法とか豊富だし、イメージがわくので安心!

って具合です。


でも、先に上げた様に人と被って個性が出せないのでは?というみんな誰しもが持つマイノリティーを表現したい気持ちは当然であり、私もその1人です。


でも、底辺キャンプ初心者のみそおさんは、キャンプで自己表現する事は、安心してキャンプをやって知識・経験を得てからでも遅くはないと判断したわけです。




タフワイドドーム or アメニティドーム

追記 念願の初テントにスノーピークアメニティドームを購入!
www.misojicamp.com


ど定番・前室ありドームテントのワードでテント選びをすると予算的にも実質的にこの2つになりました。

  • コールマン タフワイドドームIV

  • スノーピーク アメニティドームM



現段階で出した結論としては、この2つのいずれかだな……

と嫁ちゃんとあーでもない、こーでもないといいながらスマホで調べ、設営動画を見て、脳内でテント選びをしながら悶々としている中でとある出会いがある訳です。





つづく〜




関連・オススメ記事
www.misojicamp.com
www.misojicamp.com


ランキングに参加しています。クリック・コメント等頂けると幸いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村