Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

【後編】大津谷公園キャンプ場 | キャンプのカレーが最高と感じる父子キャンプ




ども、みそおですっ!



冬の父子キャンプに岐阜県にある無料キャンプの大津谷公園キャンプ場に行ってきました

男2人のワイルドなキャンプ。無料で予約も不要なのでゆったりとした時間を過ごす事が出来ました。それでは、後編をどうぞ〜





大津谷公園キャンプ場レポ 後編




無料キャンプで非常に人気のある大津谷公園キャンプ場


予約も不要で無料とは思えない施設の綺麗さが魅力の一つ。そんな利用しやすく、お小遣い夫に優しいキャンプ場で父子キャンプが楽しめました



施設などの詳しい情報は前編からどうぞ〜




それでは、父と息子。男二人で繰り広げるワイルド(?)かキャンプを1日目の昼からをご紹介します



大津谷公園キャンプ場で父子キャンプ!


空は晴れているのに小雨が降ったり止んだりする落ち着かない空模様ですが、今回は少し思考を変えて、オヤツも作っていきたいと思います





アボカドを使ったサルサの一種である「ワカモレ」を作り、「ドリトス」をディップしたいと思うわけです



いや、オシャレな料理に縁もゆかりも無い私ですが……

よく分からないけど、取りあえずアボカドを使えばオシャレに見える理論があるので誰でも映えます(曲解)

あと、パプリカね。特に赤いやつ。この2つを使えば何となくオシャレに見える



と、謎理論は置いておいて、すり潰したアボカドにみじん切りの玉ねぎ、塩・胡椒、ガーリックパウダー、ポッカレモンを加えるだけ

(カットトマトやチーズなど等もお好みで入れても良いみたいです)



チーズ味のドリトスで食べました美味しく頂くことが出来ました! 手順もシンプルで簡単なのでお試しあれ! たぶんお洒落で映えますよ!(効果は不明)



と、そんな30過ぎの映えない男が必死に映えようとしている痛々しい姿を息子に露呈していると、雨脚も強くなってきましたのでテント内で篭ることに……




「魚みたい〜〜〜」


と、今回は嫁父から冬用のマミー型シュラフを譲り受け、試しに使ってみたら長男のツボに入ったらしく、シュラフで謎にテンションが上がっている父子2人

シュラフに入りながら足を上げて「シャチホコ」とか、ほふく前進したりとお魚ごっこで遊びながら雨が止むのを待ちます





夕飯はキャンプと言えば?


そんな父子2人でテント内で遊んでいると……


「虹だぁぁぁ!!」


との、声を聞き外に出てみるとすっかりと雨も上がり、空には虹がかかっていました。なんと言うのか30歳過ぎても虹を見るとテンションが上がりますよねっ! ねっ?!ですよね??(賛同の強要)



そうこうしている間に日も傾いてきたので、夕飯の準備をしていきます


今回のメニューは、買い出しの際に長男に希望を聞いてみると 「カレーが良い〜」 とかキャンプにベタなご飯を希望する息子




……




いやいや……カレーって……普通すぎん?



とりあえず、ジャガイモ、玉ねぎ、にんじんを切り分けていきますよ?

今回のメインの具材に手羽元を使っています

鶏もも肉等でもいいんでしょうが手羽元を使い、手と口周りをカレーまるけにしながら、アグレッシブに食そうとするわけです。ワイルド〜


にしても、ホント、お子様ってカレー好きだよね……でも、私は大人だしね……カレーって普通だし……





手羽元に塩・胡椒・ガーリックパウダーで下味をつけて表面にさっと焦げ目をつけていきます……

が、私はこのままでもいいんですよ? 息子? コレでも十分美味しそうじゃない? カレーなんて今更ねぇ〜





まぁまぁまぁ……煮込みますよ

カレーは、具材がゴロゴロしてる方が食べ応えがあって好きなんです。ホクホクになる感じがたまらないんですよ



しっかりと煮込み、具材に火が通ったら後は、盛り付けるだけです

 
だけどねぇ、お洒落にアボカドを使っておやつを食べた意識高い系の私としては、子供の要望とは言え、キャンプにカレーって言われても今更感があって、どうも気持ちが入らない

だけど、子供に合わせないといけないのが親の務めであり、ここは息子の希望を優先し、カレーを食べ……









「 O M G!!」(Oh my God !!!)


やっぱりカレーは最高だわ〜。手羽元からの油という名の旨味がもの凄い。もうね、最高。美味すぎる。息子、グッジョブ!


長男も気に入ったのか、手羽元にしゃぶりつきながら食べています

こういう手が汚れる系のご飯って家では敬遠されがちですが、キャンプだとワイルドな感じがして最高ですねっ!

(茶番にお付き合いくださりありがとうございます)


夕食後は、焚き火は今回は無しでひたすらテント内でゆったりまったりとします




シュラフにくるまりながら、息子が最近ハマっているマリオメーカー2を楽しみます。小学低学年の作るコースは、無理難題が多過ぎて攻略が難しいですね(笑)





2日目 朝




いつもは封筒型シュラフを使っていましたが、今回ニューアイテムのモンベルのマミー型シュラフで寝ましたが、めっちゃ暖かいですね!


頂き物なので中々年数は経っていますが、十分に活躍してくれ、息子も朝までしっかりと寝ることができました


現行品だと多分、コレです



暖冬とは言え、やはりシュラフの外に出ると寒く「子供のため、子供のため……」と呪文を唱えながらお湯を沸かし、スープを用意します



朝食も息子が「タコスが食べたい!」っと濃ゆい事を言ってきたので、炒めたひき肉、アボカド、カットサラダ、チーズを巻いていきます




本当ならサラダ用のチーズを用意したかったのですがお値段が高い子供に料理を体験させる為にベービーチーズを切って使います




「タコスって手がかかる……」

って思っている方もいると思いますが、実際に作ってみるとホットサンドに負けず劣らずの手軽さで、具材も何を入れても美味しいのでオススメ〜





大津谷公園キャンプ場でソロキャンプ まとめ




大津谷公園キャンプ場は、無料キャンプ場なのでチェックアウト等もなく、好きなタイミングで撤収が出来るのが魅力の一つ


テントをのんびりと乾かしながらお昼前には撤収し、今回の大津谷公園キャンプ場の父子キャンプがお開きとなりました



1泊2日の大津谷公園キャンプ場ですが、まとめてみると……

無料なのに設備も充実してる!
アクセス・周辺環境良し
無料故に人気があり、設営場所が無いことも
父子キャンプって最高っ!




ってな感じでした!

大津谷公園キャンプ場は、無料な事で人気も高く連休などになるとテントが張れないぐらい密集する事もあったりするので、場所取りが1番の課題ですね……


ただ、無料なのに設備もしっかりと整っており、非常に利用しやすいキャンプ場でしたよ〜



おわり〜





関連・オススメ記事


www.misojicamp.com


www.misojicamp.com



Sotoshiru

アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!



最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ




読者登録していただけると励みになります!お気軽にどうぞー