Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

アウトドアベース・犬山キャンプ場【後編】| 男二人の行く秋の父子キャンプ




まだ、葉が色付きはじめたぐらいでしたが秋を堪能する事ができたアウトドア・ベース犬山キャンプ場。

どこか懐かしさや親しみを感じるキャンプ場での男2人の父子キャンプ。


そんなキャンプをレポートしたいと思いますよー。





アウトドアベース・犬山キャンプ場【後編】| 男二人の行く秋の父子キャンプ






ども、みそおですっ!


平地部でも段々と肌寒くなってきましたが、この気温ぐらいが焚き火も楽しめ、暑くもなく、1番キャンプが快適だったりしますねっ!



今回は、長男との男2人の久しぶりの父子キャンプとなりましたが、まったりとして時間を楽しめた。



と、言うわけでキャンプレポート後編(という日記)をご紹介しますよ〜



アウトドア・ベース犬山キャンプ場のサイトや施設などの詳しい情報は、前編を参考にしてみてくださいっ!





犬山キャンプ場で男二人のキャンプ!





何度、この話しをしているかわかりませんが安定感のある"雨男みそお"。今回も例に漏れずキャンプ場に到着した途端に雨が降ってきました。


「昼過ぎに降る予定だったのに……」


と、雨を見越して早めにチェックインしても雨男には関係のない話だった様です。はい。






今回は、スノピのヘキサタープに新しいテントであるビジョンピークスのTCルーテントを設営してみました。


ただ、ポール長さの目測を誤って少しテントとタープが干渉してなんとも不格好になっています。(汗)

まぁ雨だから仕方ないんです。おニューのテントなのに雨だから。





キャンプ初日の昼ごはんはお手軽なカップ麺派。いや、コレがめっちゃくちゃ美味しいんですよっ! とりあえず、背景を自然にすれば映えます。(たぶん)




名前だけで選んだカップ焼きそば「ごつ盛り」を長男に準備をしてもらっている間に、お湯を沸かします。




お湯を入れて3分経つだけでこんな美味しいキャンプ飯(と言っていいのか?)が出来上がる便利な時代……




とは、ならず。かやくを先入れおく事を伝えていたんですが理解されておらず、麺が出来た後に入ってない事に気付く。


まぁね。キャンプでは米とかもそうだけど、少し硬めが美味しいんですよ。最高です。狙った通り。(歯に詰まるけど)




と、プチサプライズもありましたが昼食も終え食後のコーヒータイム。フランス育ちなのでこのコーヒーは欠かせないんです。(嘘です。)





そんな優雅でアダルティなインスタントコーヒーを楽しんでいると、何処からか"ぐわっぐわっ"と鳴き声が聞こえてくるので散策がてら歩いていると……





いましたよ。 カモ が。


犬山キャンプ場にはカモ池で数羽のカモが飼育されています。

何やらカモが壁をコツコツとしており、何か食べていると思っていたらカモって苔を食べるんですね! 知らなかった〜。

また、人慣れしているのか手が届くくらい近くで見る事が出来ます。近っ。




夕飯は定番のアレだぁ!



散策を続けていると段々と雨足が強くなってきたのでテントへ戻ります。夕方には止む予報でしたが、なかなか落ち着かない(泣)




晴れていたらキャンプ場に入り口があるトレッキングコースで森林浴を楽しみたかったんですが、コレでまたこのキャンプ場に来る理由が出来ました。

(但し、晴れの日に限る)





テントに戻った後はボーッとしながらたまに長男とマリカーやったりとインドア的キャンプを楽しんでいると……




想像以上に雨も強くなって足元が水路となっていたので、長男がゲームしてるときに父は、土手を建設しています。


コレも雨キャンプの醍醐味ですよ。なんか水路を作るのって楽しいですよね?





と、雨の日のキャンプを楽しんでいると陽が傾いてきたので夕食の準備に取り掛かりたいと思いますよっ!





と、いうわけで "キャンプでのごはんに悩んだら、とりあえずカレーを作っておけば、なんだかんだで大丈夫!" という謎理論のもと、今晩もカレーですよ、奥さん!





でも、カレーって子供とも一緒に作れるメニューなのでファミリーキャンプにはいいんですよね。なんか親だけセコセコと作ってもいいですが、"一緒に作る" ってのも楽しい。





ただ、小学生と2人のキャンプで難しいのが量。具材がかなり多い気がしますが、育ち盛りだからいけますよ。私なら。




切り分けた野菜を丸型飯ごうに入れ、カセットコンロで炒めていきますが、例によって具材はゴロゴロ派。





ちょうど、雨も小降りになってきたので焚き火で煮込んでいきます。やっぱり煮込む系の料理はキャンプと相性が良い〜。楽〜。

(故にカレーループが終わらない)




……。





「あれ? みそお君? 肉が無いけど、そんなにお小遣いに困ってるの? キャンプに行く前にバイトしたら?」


と、思った小遣い夫の財布事情を気にして頂いたそこのあなた。あなたです。



安心してください。ちゃんとありますよ。
(いや、小遣いには困ってますが)






イエス!ジョンソンヴィル!



いや、この最高に美味しいアメリカ生まれのソーセージをモリモリっとトッピングして、ジャンクなカレーにするわけですよっ!



ジョンソンヴィルって何? と思った方は下記リンクを参考にしてみてください。スーパーなどでも買える少しお高めのソーセージです。めっちゃ美味しいですよー。



johnsonville.co.jp





ただ、もうキャンプで何回目よ、カレーって。





と、カレーを煮込んでいる間にコーヒーをのみながらこう思わないでもないんです。



悩んだらカレーを作るので、いつになったら映えるカレー、いやカリーを作る日が来るのか。ね、具材を変えようがカレーはカレーな訳でカレーがどんなに頑張ってもカレーの枠を超えず、毎度毎度、同じカレーを食べていたら流石に飽きてしま……







うまぁぁぁい!



もう、最高ですね。勢いで目玉焼きを追加トッピンしたんで黄身のまろやかさとソーセージから出る油という旨味が、家庭的なカレーを更に一つ上のステージへ押し上げてくれますよっ!






2日目 朝




夕食後は、風呂に行きまったりと過ごします。山の中ではありますが、標高も高くないことから比較的平野部と同じような格好でも過ごしやすい。





アウトドア・ベース犬山キャンプ場は、ほとんど外灯がなく(トイレ・炊事棟にはあり)LEDランタンやヘッドライトを用意した方が良いです。





天気予報では雨が止む予定でしたが、降り続ける雨。むむむ……。






小降りにはなってきましたが、風呂あがりに雨の中で焚き火もするのもアレなんでテント内で過ごします。天気予報を信じて薪を買っちゃったけどね!





そんなこんなで終日、雨でしたが気温もそこまで寒く無く、これにて就寝としました。



……





キャンプ2日目の朝は昨日の天気はどこに行ったのか、快晴です。やっぱりアウトドアには晴れですね〜。




平野部の気温とほぼ同じの犬山キャンプ場ですが、11月にもなると朝は冷えます。昨晩は出来なかった焚き火で暖をとりながら、長男が起きるのを待ちます……





この朝に飲む一杯のコーヒーが格別。






そんな事をしていると長男も起きてきたのでコーンポタージュを飲みながらまったりと焚き火を楽しみます。





そして朝食づくり。


アウトドア・ベース犬山キャンプ場のチェックアウトは10時となっており、あまりゆっくりと出来ませんのでお手軽なホットサンドをつきります。





そして、今回ホットサンドの具材として選んだ食材がコレになるんですが、なんだと思います? 芋けんぴ? きんぴらごぼう? フライドポテト?


……



いやいや、ちがいます。


カラムーチョ ですよっ!

そう。あのおばあちゃんのキャラクターが特徴的な湖池屋のカラムーチョです。




カラムーチョをマヨネーズで和えて、チーズと胡椒を一振りすればもうそれはご馳走。

かなりジャンク感漂うホットサンドとなりましたが、まろやかなチーズとマヨネーズ、その中にカラムーチョのスパイシーさが加わり、かなり美味しかったですよっ!





梅雨の晴れ間 平湯キャンプ場は最高!




今回のキャンプはジャンク感漂うキャンプとなりましたが、久しぶりの父子キャンプを楽しむことが出来ました。



そんなアウトドア・ベース犬山キャンプ場をまとめてみると……

市街地からもアクセスが良い!
料金もお手頃なフリーサイト!
キャンプ場までの道中は少し狭い
カラムーチョは調味料になるっ!




って感じ!アウトドア・ベース犬山キャンプ場が気になった方は是非、利用してみてはいかがでしょうか〜?





おわり〜




関連・オススメ記事


www.misojicamp.com

www.misojicamp.com




Sotoshiru

アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!




最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ




20200817185120

temite公認アンバサダーになりました!ブログでは紹介しきれないキャンプ道具などご紹介していますっ!

読者登録していただけると励みになります!お気軽にどうぞー