Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

MENU

【後編】すのまたオートキャンプ場 | 朝は寒かった、キャンプで食べるカレーは美味しい!



ども、みそおですっ!


すのまたオートキャンプ場でまったり出来る大人だけのグループキャンプ

管理人さんのアットホーム感がたまらないキャンプ場で、(かなり気温は低かったですが)非常にのんびりとした休日を楽しめました〜




すのまたオートキャンプ場レポ 後編



良い意味でゆる〜いキャンプ場であるすのまたオートキャンプ場


ひとえに、このキャンプ場の管理人さんの人柄が滲み出ていると言っても過言ではないんです(このゆるさは好きです)



施設などの詳しい情報は前編からどうぞ〜



それでは、赤や黄色に染まる山々の中で凍えながら過ごしたキャンプ初日の夜からのキャンプレポ【後編】をどうぞっ!




キャンプと言えばカレーでしょ?!



ファミリーキャンプばかりの私なのでこうやって大人だけで談笑しながらゆっくりと過ごすのも良いですね


……と、会話に花が咲かせているとだんだんと日が暮れ、山に太陽が隠れると……




『さぶっ……』




と、息が白くなるぐらいの気温になってきたので、嫁ちゃんに『一応、持っていき……』っと渡されたユニクロの防風フリースパーカーに袖を通します(コレ、めっちゃくちゃ暖かいのでマジでオススメ!)


嫁よ……マジでグッジョブ



太陽が沈み、めっちゃ寒くなってきましたので体を温めるには胃袋から! と、夕飯の準備を進めます



『キャンプと言えばカレーでしょ?』


と、初キャンプの友人が謎理論な事を言うもんですからね、そんなん当たり前過ぎてほかに美味しいモノはいっぱいあるじゃないですか? 今更カレーなんてね……




まぁーとりあえず、玉ねぎ、人参、じゃがいも、鶏肉の具材を切り分けて炒めるんですがね。にしても、キャンプでカレーってベタ過ぎやしませんか? 皆さんもそう思いますよね?





まぁまぁまぁ……煮込みますよ?


やっぱり 野外気分精神的旨味成分 (こんな物は無い)を追加するために、焚き火を使ってしっかりと煮込みますよ? ですがね、良い大人がカレーって……



そこで焚き火台? ストーブ? カマド?ってなんと呼称して良いかわかりませんが、師匠が得意げに出してカレーを仕上げていきます


見た事のないタイプの焚き火台で『二次燃焼が〜』とか、言ってましたが私には日本語がよくわからなかった様です



因みにこんなやつです(物欲を刺激される〜)




カレーを煮込んでいる間に、余った具材とベーコンを追加したコンソメスープ。寒い夜には暖かいスープが体と脳に沁み渡るんですよね〜




っと、いい感じにカレーが出来ました

まぁ〜とりあえず煮込んだカレーを盛りつけますよ? でも、なんと言うのかよく見る絵面。絵に描いたようなキャンプって感じ。多分、味も普通なんでしょう。ご馳走なんて期待しちゃいけません





誰だよ……カレーが良いっていったや……








『美味ぁぁぁぁい』




やっぱりカレーは最強だな?!



焚き火と会話


茶番美味しいカレーを食べた後は、ゆったりとした時間が過ぎていきます



普段は交通量の多いせせらぎ街道ですが、この時間になるとほとんど交通量もなく、ほんと静かなキャンプ場です





この自然の中で焚き火を楽しむのも最高な時間。『火を最初に使ったのは誰だろう……天才だわ……』と終着駅のない会話を焚き火と共に過ごしました



朝は寒かった!



念のため、封筒型シュラフを二枚重ねにして寝ましたがそれでも肩が寒く、フリースを着込みなんとか寝る事ができました


それもそのはず


ネットで現在地の気温を調べてみるとなんと気温−2℃

(なんでみんな持ってるの? って思ってましたが、こういう時に温度計があるとわかりやすいんですね)



冷えた体にはホットコーヒーで温まりましょう。この一杯が格別な時間を演出してくれます


太陽が昇ってくるとその日差しがホントにあったかい! 太陽の偉大さを文字通り肌で感じるわけです


『太陽は、神だなっ!』


と、太陽神を崇めた人と同じ境地に立てた事を誇りに思います




タープの霜もどんどん溶けていく、湯気が出る姿がなんか好きなんです


朝食は、トーストにブュッフェ形式でスクランブルエッグと焼いたベーコン、そして一晩熟成させて昨日のカレー


カレーってホントに最高ですね! 余っても翌朝にトーストをつけて食べる。これが美味いんです


そんな事をしていると朝の見回りなのか管理人さんも顔を出して……


『次がお客さんがいないから、時間を気にせずゆっくりしていいよ〜。テントをしっかりと乾かして行ってくださいね〜』


と、なんともゆる〜い感じが、この現代社会のルールというモノに縛られて、忙しい毎日を過ごす日々を忘れさせてくれます




因みに、この時にもえるゴミを回収してくれ、管理人さんの人柄の良さを強く感じます

(ゴミを渡せない場合には受付時に受け取る袋に入れて、アウト時にトイレに入れておいてとの事)




まとめ



お言葉に甘えて、チェックアウト過ぎぐらいから撤収を始め今回のグループキャンプはお開きとなりました


一泊二日でのキャンプとなった『すのまたオートキャンプ場』ですが、まとめてみると……


めっちゃアットホーム
施設もそれなりに綺麗!
ただ、周辺に何も無いから買い出し忘れはNG
やっぱりキャンプにカレーは最高!



ってな感じでした。スーパーやコンビニ等がなく不便な部分はありますが、非常にアットホームでゆる〜いキャンプを味わいたい方は行ってみてはいかがでしょうか?
(シーズンがあるので、詳しい営業日はホームページをご参考にっ!)




おわり〜




アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!こちらからどうぞっ!



読者登録していただけると励みになります!お気軽にどうぞー