Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

MENU

優先度が低い?グローブを用意して、安全・快適にキャンプをしよう!


ども、みそおですっ!



『まぁ〜キャンプにグローブっていらないでしょ?』


と、あれば便利だろうけど特に必要急務で絶対! みたいに感じていなかったキャンプギアであるグローブ


とある機会を得て、この考えを改め直し、 次回のキャンプにはグローブ絶対用意しよっ! といつキャンプ初心者の事件簿(失敗談)をご紹介します




(グロ要素は無いですが、人が怪我する話しが苦手な方は目次から『グローブを使う場面って?』からお読みください)





優先度が低い?キャンプで使うグローブって大事



コレはとある事件が発端で 『キャンプにおけるグローブ』 についてのありがたみ・必要性を感じる事になる


これはそんな一人のキャンプ初心者が体験した痛々しい事件簿である(失敗談とも言う)



今回の事件は、概要はこうだ

被害者 みそお (三十路越え)
加害者 みそお (三十路越え)
被害内容 手をハンマーで叩いた
被害状況 とっても痛い


言いたい事は全てこの概要で説明出来ている気がしますが、敢えてこの茶番続けましょう(いわゆる、ドジってやつ)





それでは、事件の内容としてを説明していこう


これは、とあるキャンプの日に、年甲斐もなく浮かれまくりの加害者が、いつも通りタープの設営を開始した事が事件の始まりである


加害者みそおは、テントの配置など相談後、嫁ちゃんに子供の遊び相手を託してタープの設営を開始していくわけです


事は順調に進んでいったかの様に思えた……



そう。あの時までは……







『よぉーし! ペグ打っちゃるか〜』と、気合をいれ、ロープやペグ、ペグハンマーを用意して作業に取り掛かる加害者みそお


そんな最中に嫁ちゃんと息子2人がシャボン玉で遊んでいるのを妬ましそうに気を取られて、つい手元を見ていなかった



そんな時に事件が起こる



『ダンッ!』


と、ペグを打つ際の甲高い金属音ではなく、少し鈍い音がキャンプ場に響き渡る……


そして、激しい痛みと共に左手の人差し指付け根がまぁまぁ出血している被害者の手。





(治りかけですがボカしています)



『やってもうた……』


現場検証をしてみると、どうやらペグを握った手の一部がペグの叩く箇所より少し上に出ていており、そのままハンマーを振りかざして挟む様に打った事が原因の様だ



情けさと恥ずかしさが入り乱れる気持ちになりましたが、持っていた絆創膏とキッチンペーパーでとりあえず止血・処置しますが、血が止まらない。絆創膏のキャパを越えてる。けど、設営しないといけない


と、騙し騙し作業一通り設営も完了した頃にはある程度血は止まっており、事なきを得ました


この事件が落ち着いた頃に加害者に、事情聴取をしたところ



『はぁん? 手袋なんてキャンプでエプロンとか着けてる上級者様がつけるもんやろ? 漢なら素手っしょ?素手!』(めっちゃ誇張あり)


と、全く悪びれる顔もなく、反省の様子も謝罪の言葉もない。これは極めて悪質な犯行で再審の余地もなく、今後のキャンプでは『具なしホットサンドの刑』に処されるであろう……



設営中によそ見はダメ!




グローブを使う場面って?



それっぽく言ってますが設営中によそ見をして、手を怪我したドジ話なんですが、この時はたまたま車にあった軍手を 怪我した後 に装着してわけです


『最初から軍手をつけておけば……』


こう言った経緯もあり、キャンプにグローブを使っていれば、怪我もマシになったんじゃないだろうか? という反省もあり、 キャンプおけるグローブ・作業手袋の必要性について考える機会を得たわけです


振り返って考えてみると『こんな時にグローブがアレば……』もいうシチュエーションは、キャンプで多い事に気付かされるんですよっ!




設営・ペグを打つ時に


今回の発端となったテント・タープを設営をする際にペグ打ち

グローブを装着するとグリップ力が上がり、疲れの緩和の他に怪我防止・軽減にも繋がります




焚き火・薪割りをする時に


薪割りや薪を持つ際にも木であり、 細かい木の破片が手に刺さる可能性もあり、怪我の防止に繋がります


また、耐熱性の高いグローブを使用すれば燃えている薪のちょっとした配置替えなどにも使えて、より安全に焚き火を楽しむ事ができます



調理をする時に


(使っている調理器具によりますが)

スキレットやステンレス製ケトルなど、加熱すると 持ち手部分まで熱くなる調理器具系を触る時にはグローブが欲しい


ミトンなどを使って調理していましたがコレが結構忘れてしまい、袖を伸ばして『アチチチ!』とか言いながらやったりしてます(汗)


そういう点からも耐熱性の高いグローブが一つアレば幅広く使う事が出来ますねっ!




洗い物をする時に



少し今までのグローブとは趣旨が変わりますが、これからの寒い季節に洗い物がツライ……

こういった家でも使う様なゴム手袋は結構、使えます


『冷たさを感じなくなってからが勝負だなっ!』


と、何に対する闘争心を持っていた私ですが、ゴム手袋を使ってみたら劇的に水の冷たさが軽減しました



グローブを用意して、安全にキャンプを楽しむ!


こうやって振り返ってみると キャンプの時に意外とグローブって必要なんじゃないのか? って記事を書きながら改めて感じるわけです



絶対的に怪我をしなくなるわけではないですが、それでもグローブをつけているだけでも結果は変わったと考えています



グローブについて調べてみると、見た目もオシャレな専用グローブも数多く、幅広い選択肢があるので悩んでしまいます



がっ! まずはお手軽な工業用のお値打ち価格グローブをホームセンターで用意してみようと考えていますよっ!



『まだグローブなんて持ってないわ〜』

というまだお持ちでない皆さんは、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?






おわり〜



アウトドア情報アプリ『ソトシル』の公式メディアとして参加しています。アウトドアに関する事が満載ですよ!こちらからどうぞっ!



読者登録していただけると励みになります!お気軽にどうぞー