Misoji×Camp

三十路からキャンプをはじめたド初心者が厚顔無恥にアレコレ悩むブログ

料理系最強アイテムのダッチオーブン。アウトドア料理が楽しくなるのは間違いない!


ども、みそおです


『ダッチオーブンを使ってキャンプでウッハウハしたい!』



なんて表現をするキャンプ初心者は私ぐらいでしょうが、 キャンプ料理を更に高めてくれるキャンプギアであるダッチオーブンがめっちゃ欲しいんですよっ!




ダッチオーブンって何なの?!



欲しい! 欲しいぞ、ダッチオーブン!


ってキャンプ初心者な私ですが料理経験も乏しく、調理器具の知識なんて皆無なんです。でも、なんとなく持っているとカッコいいからダッチオーブンが欲しいんです (コレが本音)


ただ、 普通の鍋とダッチオーブンって何が違うの? って思っちゃう。ってか違いがイマイチわからない。鍋よりゴツくて重い? ぐらいのイメージしかない



それでダッチオーブンについて調べてみたら普通の鍋と大きく違うのはこの2点


炭火などに耐えれる分厚さ
蓋に炭火がのせれる



そう、普通の鍋みたいに煮込み料理にも使える上に蓋の上に 炭火を置くことで上下から加熱ができオーブンとしても使えるのがダッチオーブン 言っちゃえば、鍋の上位互換がダッチオーブンなんですよっ!



魅力的なダッチオーブン料理


鍋の上位互換であるダッチオーブンを使えば煮込み料理はもちろんのこと、オーブンとして使う事ができローストチキン、ピザなど努力と工夫次第ではとてつもなく見た目からハイカロリー料理が作れるんです



みそおさんの脳内イメージはこんなん






もう、ウッハウハだなっ!
(努力と工夫が必要なのは頭にない)



ダッチオーブンって何がある?

そんなキャンプでウッハウハできるダッチオーブンなんですが材質を大まかに見てみると二種類あります

鋳物
黒皮鉄板
ステンレス



各社見てみるとこの材質が主にあり、ざっくりとした価格と取り扱い難度のイメージとしては


価格
ステンレス > 黒皮鉄板 > 鋳物

取り扱い難度
鋳物 > 黒皮鉄板 > ステンレス


と言った具合みたいです。確かに、鋳物はスキレットと同じ様にシーズニングが必要となり(シーズニング済みのダッチオーブンもありますが)やはり取り扱いという点では非常に気をつかいそう。スキレットより大きいからね


スキレットはニトスキ使っているので何となく想像できます



その点からシーズニング不要で普段の鍋と同じ様に使えるステンレスがいいんですが、めっちゃ高い


むむむ……


鋳物素材


コールマンからシーズニング済みの鋳物ダッチオーブンがでてますね。ただ、個人的にシーズニングよりは普段の取り扱いの方が遥かに気を使うので、鍋などやるとなると少し考えもの

また、値段の振り幅が鋳物のダッチオーブンは大きくてニトリのダッチオーブンなんか3,000円を切ったりとするので手を出し易いですねっ!

ダッチオーブン | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット




黒皮鉄板素材


個人的に一番価格と取り扱いのバランスがいいのではないか? と思って有力視しているのがこのダッチオーブン


それでも、1万円を軽くオーバーするので買ったよ! でも、それからずっと家でお留守番してるよ! ってなってしまったらとか思うとなかなか手が出ない



ステンレス素材

2万円オーバーとなかなか高価な買い物になりますが、もうなんというのか存在感が違いますねっ!



キャンプ料理最強アイテム ダッチオーブン



個人的にキャンプ・アウトドア料理の強さランキング一位のアイテムがダッチオーブンってイメージあります。FFでいうアルテマウェポンって感じ

そんなダッチオーブンですがキャンプならではの料理の幅を広げてくれるギアであり、長い目でみたらその高い耐久性からも一度は挑戦してみたいギアでもあります



材質に応じて価格の差と使いやすさが大きく変わるダッチオーブン。個人的にはユニフレーム の黒皮鉄板素材も捨てがたいですが、価格的にニトリの鋳物でいいかなぁ? とか思っていますが……


あーまた悩みのタネが増えたーー!




おわり〜




関連・オススメ記事

www.misojicamp.com
www.misojicamp.com



最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ