Misoji×Camp

三十路過ぎてからのファミリーキャンプ

MENU

キャンプ上級者の道。ピュアな心からはじめる



ども、みそおです。



キャンプ初心者である私が『キャンプ上級者とは?』について考え、更なるキャンプレベルを上げようぜっ!という ただのネタ記事 であるキャンプ上級者への道



今回は第三弾


過去2回は主に外見・見た目について考えてみましたが、今回は内面的な事で あれ? ピュアでいるって事はめっちゃ大事! って話ですよっ!



ピュアって大事


いや、これを考えるに至った事の発端は嫁ちゃんからの一言なんです


子供が寝静まって二人でテレビを見ながらよくある恋愛系のドラマを見ていて、男がキザなセリフなんて言っちゃうと


『うわ〜、さっぶっ〜こんな奴、絶対いないね!』


なんて基本的に恋愛ドラマや漫画、映画が苦手を通り越してアレルギー反応が出る私はこんな事を言ってしまう。なんかこっちが恥ずかしくなるですよ


そしてそんな私に嫁ちゃんからの一撃をくらう


ピュアさが足らんのじゃ!!




ピュアってやつが足りない

そう私は劇的にピュアさが足りていない様子。いや、足りていないどころかマイナス方向にいくとこまでいってる



だから、こんな記事や


そんな記事


を書いちゃう。そう欲に欲を塗り重ねてできたのがキャンプ初心者みそお。だから、アマゾンの欲しいモノリストが既に収拾がつかないぐらい登録されているんです


なので『ピュア』ってやつを感じた事を今一度、思い浮かべてみるんです……



息子に教えられたピュア

とある日に家族で水族館へ行った時に息子二人は水槽を目の前にし

『わ〜綺麗だね! お魚!お魚!』

『でっかい魚だね〜』

などと、非常に目の前魚たちの美しさ、大きさに喜んでいる。非常に可愛くもあり この反応は紛れもなくピュア


え? ピュアさのカケラもない私はって?

『アジか〜美味そう〜』

『あのサイズのヒラマサを釣りたいっ!』


なんて己の欲望が赴くままにピュアさのカケラもなく魚を自分の糧にし、利己のままに曲解しているんです



キャンプでのピュアって?

それで息子のピュアを思い出し、いろいろと思考していくと確かに キャンプにおいてもこのピュアさが欠けている部分が多くある 事に気付く事ができます


例に焚き火台を例にあげてみると……


初キャンプではもう焚き火を見れるだけで興奮し、煙に目がしみるだけで笑い、火の暖かさに感動したんです

そう焚き火台なんて関係なく、ただただ焚き火をする事が楽しかったんです


でも数度ですがキャンプを経験することによってより深みに入っていき、ブログやSNSなどでこんな物がオススメ! みたいな事を知ってしまうも


『やっべ! めっちゃカッコいい〜、欲しい〜』

ってなるんです。なので欲しいモノがいっぱい出てくる。いや、どれ買えばいいの? ってウハウハな感じ


でも、ここにピュアという要素を加えると

焚き火台という『道具』に焦点がいき 本来のピュアである『焚き火を楽しむ』部分を置き去りにしていないか? って思ってしまう


そう、原点である 『本質を楽しむ』というピュアな部分 を思い出すことがよりキャンプ・アウトドアをする上で必要なんですよっ!



キャンプにピュアな心は必要だよっ!


やっぱりピュアってやつは必要ですね。私の中で足りない1ピースがパチっとハマった気がします。非常に清々しい気持ちです


心が洗われるってのはこの事だね



いや〜私には足りていない部分なので今回の記事をキッカケにピュアさを手に入れるためにアマゾンの欲しいモノリストを全部消去し、より本質に目を向けてい……



あれ?


でもね? 欲しいんです。めっちゃくちゃ欲しい


いや、考え方によってはこれもピュアってやつじゃない? 憧れのトランペットを目の前にしショーケースを眺める少年と同じでアマゾンの欲しいモノリストを眺めては小遣いを調整して何とか買おうとする私はピュアじゃないのか?



いや、紛れもなくピュアだ!






そうか私はピュアだったんだーー!




皆さんもピュアでいましょうね〜




つづく〜(え?こんなネタを?)









第一回目はこちらから
www.misojicamp.com


第ニ回
www.misojicamp.com



最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いしますっ!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ