三十路からはじめるキャンプ

30歳を過ぎてからキャンプをはじめたいと思い、日々妄想を重ねている備忘録。

MENU

とあるキャンプ初心者のシュラフ事情。コールマン アドベンチャースリーピングバッグ。

ども、みそおです。


『シュラフってどうすればいいんだ……?』

キャンプ初心者である私は非常に悩むわけです。なんと言うのか使う時のイメージと妄想の実感がない。

テントやテーブル、チェアなどは店舗で実際に触れて目にする為、わかりやすくていいんですが、シュラフって使ってみないとよく分からないって感じなのでいろいろと調べてみても……


『ふーん。で?それは美味しいの?(・ ε ・)』


って感じになっていたんですが珍しく嫁ちゃんイチオシの コールマン アドベンチャースリーピングバッグを2セットを手にし、満足しています。そんなシュラフについてご紹介します。





みそお家はコールマンアドベンチャースリーピングバッグ


みそお家のシュラフ事情はコールマンのアドベンチャースリーピングバッグを2セット。


アドベンチャースリーピングバッグを選んだ理由は【もしもの災害時にも使えるため】で、このシュラフはミニバンサイズの後部座席にピッタリサイズで、もしもの時にも使えるように……

と、嫁ちゃんが食い気味でプレゼンしてきた訳です。


また、子供と添い寝ができるメリットもあり個々でシュラフを使う年齢になったら、2つに分離して使う事も出来るのでキャンプ初心者ファミリーにはうってつけのシュラフとなる訳です。



アドベンチャースリーピングバッグは2つで1つ

アドベンチャースリーピングバッグは2つの封筒型シュラフを広げ、上下でつなげて1つの大きなシュラフにも使える様になっています。

開いたシュラフの上下に重ねて中央足元側のチャックが互い違いになっているので、これを閉めていき

そこから下から横へとチャックを閉めていくと大きな封筒型シュラフとなります。
(コーナー部分がシュラフを噛みやすいので注意が必要です。)


サイズ感は大人1人と子供2人がギリギリ

サイズ感的に大人1人+子供2人がギリギリ使える範囲と思っています。(あれ?もしもの時に1人余るのは……みそお??)


ギリギリっという表現になったのは、やっぱり子供って寝返りなどモゾモゾする事が多いんです。

特に我が息子のハー・ユーは寝る前と起きた時で頭の向きすら逆転する程、就寝時でも元気な訳で、そんな子供2人と大人1人だと、まぁ窮屈。っというのか寝れない。


って、嫁ちゃんが申し付けがあった訳です。

(どちらかと言えばみそおさんも就寝時は元気に動く派なのでわからん。)



身長が150cmの小柄な嫁ちゃんですがシュラフを2つ並べて6歳児のハーを上に寝かせてみても分かるように、これにあと2人はやっぱり窮屈……。



災害時などの緊急の場合には、やむ終えないとしてせっかくのキャンプなので快適性の向上の為、もう1セット追加で購入した訳です。


こんな経緯からアドベンチャースリーピングバッグの快適に使える人数は、大人1人と子供1人と思っています。


同じ様な仕様でコールマンから出ている[ファミリー2 in1]は20cm弱ほど大きいのでこちらでもいいかもしれません。


快適温度の違いは?

同じアドベンチャースリーピングバッグでも快適温度が5度と0度のシュラフを持っています。

というのも10月下旬に行ったキャンプで快適温度が5度で暖房無し・マットは銀マットでは正直、寒かった……。

らしいです。嫁ちゃんが。



そう言った経緯とサイズ感から少しでも暖かくと考えて快適温度0度を追加で購入したんですがコレが正解。

11月初旬のキャンプでも暖房無し・使い捨てカイロで熟睡できた……

らしいです。嫁ちゃんが。


みそおさんは厚手のミートテックと何処でもお休み3秒の幸せ体質なのでそこまで気にしていませんでしたが快適温度の基準が『一般女性が寒さを感じる事なく寝ることのできる温度域』である事からも嫁ちゃんの意見が絶対なみそお家な訳で



快適温度?んなもん気持ちの問題だろ?カタログに踊らされてるな?


って、正直思っていました。


が、実際に比べてみると歴然とした差があり、やっぱりC0の方が中身が詰まっている感があって分厚い。ってか収納バッグにしまうのが大変。

こうして比較してしまうとC5は夏用の掛け布団程度という印象があり、C0はしっかりとした布団って感じがします。



!!!???

ふと、ブログの撮影のためにアドベンチャースリーピングバッグのC5とC0を並べてみて思うんですが。

これって快適温度の違いだけでサイズは一緒な訳で仕様自体も一緒なんですよ。



いや、なんて言うのか私の中の[男の子]がソワソワするんです。え?何がって?そんなモノは決まってるじゃないですか?同じものか2つあるんですよ?














男なら合体だろっっ!!



ジャッキーンッッッ!



ジュイーンッッッ!


ドーンッッッ!




これが本当のアドベンジャーズ……。


って恥ずかい事を言ってしまう気持ちになりましたが、いやー満足。感無量。むしろこれがやりたかってぐらいの充実感がありますよ。

やっぱり合体は男のロマン。

言っちゃえばこれは、勇者王ガ◯ガイガーの超◯神と一緒な訳です。合体が難しいなら勇気とガッツで補えばいいんです。


アドベンチャーバッグはファミリー層にオススメ(但し、時期による)


先に述べたとおりにサイズ感的に男は除外され外で寝てろ!とも捉えれる仕様のアドベンチャーバッグ。

子供1人だともちろん、嫁。

2人でも嫁。

3人ならもう1セット購入でワンチャン。


そう、このシュラフはみそお家カーストとも呼べる社会的構造を表しているシュラフなんです。



……っとそんな冗談は置いておきまして、添い寝ができるシュラフなので今のところ何か違うものを買いたいという欲求もなく大変満足しています。

夏にはアドベンチャーバッグを敷布団として使ってタオルケットで寝ようと考えていますが……

冬には隣に子供が寝ているだけで暖かいんですが、封筒型と言うこともありこのシュラフのみだと肩付近が寒いので、他に毛布を持参する等の寒さ対策は必要になります。


また、洗濯機で丸洗いが可能なシュラフな所もポイントとしては高いです。



ただ、収納バッグに入れても結構かさばります。もうボーリングの球かっ?!ってぐらいボリューム感はありますがダウンのシュラフは高いですし……仕方ない……。


でも、肌触りの良さや使い勝手から当分の間シュラフを買い換えようとは思わないかな、そんなコールマンのアドベンチャーバッグはオススメ〜。


一緒に合体したい人は色違いなどを是非、揃えてください。(笑)





おわり〜。


関連・オススメ記事
www.misojicamp.com
www.misojicamp.com
www.misojicamp.com

最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ