Misoji×Camp

三十路からキャンプをはじめたド初心者が厚顔無恥にアレコレ悩むブログ

犬山市 桃太郎公園 デイキャンプはタダ? ! のびのび広いフリーサイトは利用しやすい格安キャンプ場


ども、みそおです。


愛知県犬山市にある『桃太郎公園』へ行ってきました



桃太郎公園はキャンプ場ではあるんですが今回の目的はちょっと違って

『キャンプ場視察兼、デイキャンプ兼、ニューアイテムの試し張りをやってしまおうぜ!』

という欲望を全て叶えるモリモリ・コテコテの内容となる訳でして、実際に利用した感想は


桃太郎公園は、街部からも近いため利用しやすく、格安料金なのでまた行ってみたいキャンプ場でしたっ!



桃太郎公園でデイキャンプ

愛知県犬山市にある桃太郎公園は木曽川沿いにある格安キャンプ場であり、春には花見を楽しめる場所でもあります


こうやってデイキャンプで訪れるのは初めてで、子供の頃に親に連れられ桃太郎神社に行ったぐらい


そんな桃太郎公園ですが木曽川沿いの県道を車で走って、川沿いにあるキャンプ場なんですが、まぁ入り口が分かりづらい。本当に分かりづらい。無料駐車場と書かれた看板が設置されているんですが……


『え?ここ?マジで?ナビ君、マジで?』

と、なるぐらいの道です。ちなみに私は一度通り過ぎました(笑)


そんな細い坂道を下っていくと駐車場に着きます



サイトはフリーサイト

駐車場のすぐ横には広い芝生のフリーサイトがあり、非常に広々とした空間がひろがります


早速、キャンプ場の利用手続きをするため受付けに向けてサイト横の脇道を歩いていきます



事前情報では隣接する土産屋で受付をするとの事でしたが……


こんな感じの受付ブース? ベンチ? 名称はなんにしろ受付け場があり、急に出てくるので心の準備がまだできていなくてビビる



え?なんでビビるのって?


はじめて有料のキャンプ場を利用するので、もう心臓がバクバクするぐらいチキンだからです



取り敢えず受付をしないと先に進めないので(この時は)受付けのオッチャンに


「タープ、一張りの日中のみ利用したいのですが……」


『え?デイキャンプ ?タープだけであればタダだよー』



と、まさかの無料だと?!


寧ろツッコミどころはそこじゃない。この如何にもガラケーしか使えません的なオッチャンがナウくてヤングな 『デイキャンプ 』 って言葉を使ってしまうところ、このキャンプ場はホンモンだ……


などと思いながら書類に必要事項を記入します。そうするとこんな桃太郎印のきびだんご的な旗を貰えます。

こんな感じで見えやすいとこにロープでくくりつけといて〜とのこと


なるほどね、その首からぶら下げる双眼鏡は監視するためなんだね。そういう点では、このオッチャンが番人。まさに桃太郎公園の守護者な訳ですか。めっちゃ安心

(カタチだけだろ?とか思っていましたが見回りとかしっかりとされており、心で土下座しておきました)



因みに 土日であれば利用料金テント1張り500円という格安価格。 しかも平日は無料。500円で最長1週間は連泊が出来るみたいなので、誰か挑戦してみてください。みそおさんは、しません。たぶん


トイレ・洗い場は1箇所ずつ

広々したキャンプ場中央付近に階段があり、その階段の途中に炊事場がある訳ですがね、正直残念クオリティ

でも、格安料金なので目を瞑りましょう。安いからね!


その階段を登ると正面に桃太郎神社があり、向かって左側に公衆トイレがあります

まぁー普通の公衆トイレです。洋式です

可もなく不可もなく……どうやら1日2回の清掃をしていただいている感じです。


桃太郎公園のサイト内の施設

こんなベンチが数ヶ所設置されており、当日はピクニック感覚で食事をされている夫婦も利用していたりしていました


夏には遊べそうなじゃぶじゃぶ池もあり、夏にはいいんじゃん! 水深は大人の足首からすねぐらいで、3歳のユーには十分楽しめる感じです


また、日を遮る木など芝生エリアにはない為、夏にはタープが必須なのは間違いない




他には〜……




……



(・ω・`)彡プィ





初アイテムの『DDタープ ハンモック』のダイヤモンド張りでデイキャンプ

そんなこんなで無事に受付けを済ませて今回、新たに手に入れたニューアイテムを設営していきます


駐車場付近はやはり人気があって、如何にも強そうなメンが揃っていたのでノミの心臓である私は遠くの人気のないスペースを利用しました


ニューアイテムのその名も 「DDタープ ハンモック」 設営方法については別記事にする予定なので詳細は割愛。続きはウェブでって感じです


では早速、設営してみることに



「めっちゃ、カッコいい!!」


今回はダイヤモンド張りという張り方を試しにやってみましたが設営自体もポール1つでとても簡単でオシャレ感がでていいですね



でも、もう少しポールが長くてもよかった。この傾きはもう少しこだわってもいい……いや、こだわりたい!



ハーとユーもテンション上がりまくっており、嫁ちゃんからも高評価でみそおさんは大変ご満悦なわけです。おそらく小遣いもあがるでしょう。たぶん




桃太郎公園は炭・焚き火はダメ!


時期的な事からか人も少なくハー・ユーと嫁ちゃんはボール遊びを楽しんでいます

そんな息子どもを尻目に、昼食の準備を進めますが 勿論、カップ麺ですよ? 湯を沸かすだけでめっちゃ楽ちん。手抜きとも言う




『カップ麺だー!?やったー!』

などと、いう息子が駆け寄ってくるのを見ながら「育て方、間違えたか?」と思いつつも給料日前なのでそんな気持ちは心に閉まっておけばいい! 誰も気にしない!!



また、この 桃太郎公園は焚き火・炭火がNGなキャンプ場でガス系しか利用できません。 守護者のオッチャンも言ってたので間違いないっ!




やっぱりね、家で食べるカップ麺とは違う。なんというのか芝生の味? って言うのそんなアウトドアな味がするんです。それがいいんです



桃太郎神社にも行ってみる

キャンプ場のすぐ隣(併設?)には桃太郎神社なる昭和感溢れるなんともノスタルジックな神社があるとの事で散策がてら行ってみることに





……やべぇ。マジで、真夜中にこれを見たら屈強な男でもガクブルですわ


『鬼さん、すみません。嫁ちゃんに内緒で冷蔵庫に一個だけあったチョコパイを食べたのはみそおです。許して下さい!!』


と、なるのは間違いない。スマホの機能を使って色反転すると更に怖いですよ? ホント閲覧注意


ユーは絶賛「鬼さん怖い怖い時期」なのでめっちゃビビっているので、取り敢えず『いい子にしてないと夜にこの鬼さん来るからね!』と伝えておこうかな


露店が並び、暖かい飲み物や食事など出来るようで意外と観光客が多いです


他には木曽川の堤防? があり、水辺の近くまで行く事ができます。が、わかりませんが恐らく水深も深くそれなりに流速もあるので泳がない方がいいでしょう


ハーとユーは

『お魚さんおった!!おったよー!!』

などと大人には見えない何かを見つけて喜んでいましたけどね。怖っ





サイトに戻ってから外遊びにも飽きてきたのかタダをこね始めるユー


空かさずに嫁ちゃんが……

『ユー、チョコレートあるけど食べる?』



(´⊙ω⊙`)

「食べる!!!」


ふっ、子供なんてちょろいぜ、嫁ちゃんグッジョブ!

嫁ちゃんお手製のスコーンとホットコーヒーをいれブレイクタイムを楽しみました






ニューアイテム第2弾 ニンテンドースイッチ


ふーまったりして最高やね



などと、思っているとおやつタイムを過ごしたハーがワタワタしながらとある物を見つけてテンションが上がっている


そうそれはニューアイテム2弾。それはまさかのニンテンドースイッチ。子供は残酷な素直さを持っているので「やってみる?」と聞いた瞬間に……


『パパ、やろ〜!!』

と、今日一番のテンションの上げっぷり


息子よ? 一応、持ってきたから聞いたけどな? アウトドアにゲームとか俗世間が如何にも好みそうなこんな事をして楽しいのか? 全く、外にいるのにわざわざこの場所で! この空間で、やる意義などあるのか?!


……なぁ息子よ!?














やべ、マリパーめっちゃ楽しい

しかも6歳児に負かされる31歳児がここにいます





桃太郎公園は町からも近く、格安料金て非常に楽しめるキャンプ場でした!


そんなこんなで時間も経ってきたので撤収する事に。最後に借りてきた旗を返却し無事帰宅


桃太郎公園は割と街に近い場所にあるキャンプ場でスーパーや温泉も近く非常に利用しやすいキャンプ場


今回はタープのみのデイキャンプ だったので無料でしたが、土日の宿泊には利用料金が必要となりますが その料金も500円と格安だしね!!


ただ、悩むのは設営位置


駐車場に近い場所に設営してしまうとトイレや洗い場が遠くなるというデメリットがあり、アウトドアワゴン等無いと荷物の運搬も大変なので装備に合わせて考える必要があります


にしても、この格安価格は魅力的で次回はテント泊で利用したいと思えるキャンプ場でした



おわり〜



関連・オススメ記事
www.misojicamp.com
www.misojicamp.com


最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ