三十路からはじめるキャンプ

30歳を過ぎてからキャンプをはじめたいと思い、日々妄想を重ねている備忘録。

MENU

キャンプにおける車はこれに決定。SUV?ミニバン?夢とロマンが詰まったハイエースのススメ。

どうも、みそおです。


今回は、少し趣きが違います。本気と書いてマジです。(いつも真面目に書いてます。笑)


当ブログは基本的に自分自身の金銭で購入したアイテムなどを偏見を持った目で綴っていますが今回だけは、違います。まだ手にしていません。

でも、手に入れる一歩手前まではいきました。

嫁ちゃんにプレゼン資料も用意しました。



今でも欲しい。

ふとした事でまた、調べてしまいます。

キャンプ、いやアウトドアと分野に限らず恐らく最高額となるアイテムでなるであろう・・・


欲望。憧れ。希望。ロマン。


それらの要素が全てが詰まった物。

それが、ハイエース。






日産セレナを愛車にしています。

所謂ファミリー向けのミニバン。売り上げランキング堂々1位のこの車、みそおさんはモデルチェンジの一つ前のやっちゃってない方のセレナ。

スライドドアで積載量も豊富、フルフラットにもなり、至れり尽くせりな車となりますが・・・

  • 座り心地のいいシート。
  • 主婦層を狙ったアラウンドビューモニター
  • 多彩なシートアレンジ。
  • その他、魅力的なオプション。


ええ、人気の理由は分かりますよ。

乗っていてもわかりますよ。

主婦層の痒いところに手が届いたスペック・オプション、旦那さんにもグッとくるスマートな顔つき。



でも、声を大にして言いたい


違うのではないか?


ハイエースが大好き。

はっきりと言ってこれからの内容は偏見・妄想・憧れの全てを詰め込みながら トヨタ ハイエースバン スーパーGL ナローについて綴りますので、1人で熱弁しているみそおをそっとしておいてあげてください。




●アウトドアにおける車
スノーボード、サーフィンをやっている人には定番人気車であるハイエースですが、アウトドア、事キャンプにおいて車といえばランドクルーザー、Jeep ラングラーなどのSUVではないでしょうか。

アウトドアと呼べるアドベンチャー感が溢れるイベントには、 屈強・豪快・スタイリッシュのSUVが特に人気がある のも理解できます。


が、ですよ。

スノーボードの雪道を考えてエクストレイルを購入した弟がいますが、意外と SUVは、車体の大きさの割に積載スペースが少ない。

また、みそおさんは、ファミリーキャンプを目的としているので コマーシャルで見るような「ラリカーか何か?」といった悪走路を走るとはどうしても思えない。


SUV以外にはやはり、ミニバン。

セレナやヴォクシー、特にデリカも人気があると思います。また、加えてラグジュアリー感溢れるアルファードやヴェルファイアなどさぞ、女子受けがいいんでしょう。

そう言った点、セレナの前はホンダ CR-Vを乗っていた経緯もあり アウトドアをやるには少なからずミニバンタイプが理想的 と結論に達している。



が、違う。違うんです。



●ハイエースの魅力とは?


一番にして最大の魅力は、その積載スペース

今回、取り上げているのは、ハイエースバンなので4ナンバーの小型貨物車扱いになり、荷台はかなりのスペースとなります。

画像出典:TOYOTA HIACE VAN スーパーGL



そしてこの荷台を利用したベッドキットなど多彩なカスタムパーツも流通しているだけではなく、 トランスポーター専門のプロショップなんかもある。

トランスポーターのプロショップ「オグショー」


また世の中には、DIYでベッドキットを作った頭のいっている人(褒め言葉)がいらっしゃり、それはもう調べれば調べるほど色々なカスタムがあって、もうハッキリ言ってこの時点でワクワクな訳です。


余談になりますがみそおさんも大好きな磯釣りで有名な ピースこと平和卓也氏のハイエース Peacebox

これは凄い(恐らくカスタム費用も)、このハイエースには、ロマンと夢が詰まっています。


画像出典: 協栄自動車工業所 釣り専用カスタム HIACE



二番目の魅力として、値下がりしないこと。

車を買い替える時に今の車を下取りに出し、購入するのは一般的であると思うが10万キロ以上走った車などは「値がつきませんがこのぐらいで・・・」と 値引きの一環のオマケ程度の下取り価格になる のではないでしょうか。(カスタム具合や車種人気度合いによりますが)


そんな中で友人の実例では、走行距離20万キロ、ハイエースバン ディーゼル4WDの 下取り価格は150万 ぐらいだったとの事。

ほかの友人も同様に250万で中古のハイエースバンを購入し、結婚を機に乗り換える為に 下取りしたら200万の値がついた 事もあります。


色々なケース・実例があると思いますが ここまで値下がりがない車種と言うのは少ない のではないでしょうか。

数万キロ程度で買い替える人には無縁な話しですが、 乗り潰すまで乗る派には下取り価格が良いと言うのはかなりの魅力ではないでしょうか。


意外と運転しやすいのも一つの魅力。

工場勤務で業務用ハイエースを乗る機会があるみそおさんならわかる、 ハイエースは運転し易い。

よく「ハイエースは大きくて、運転に自信がないから・・・」と勘違いをしている方々がいますが違います。

恐らく四角い形から大きさが目立ち、勘違いを産む原因になっていると思うのですがスペックを見てもらえればわかります。

  • ラクティス

全長3,995mm × 幅 1,695mm

  • セレナ ハイウェスター

全長4,770mm × 幅 1,735mm

  • ハイエースバン ナロー

全長4,695mm × 幅 1,695mm

  • ランドクルーザー

全長4,950mm × 幅 1,980mm


各車種のカタログ値を抜粋しましたがこう見るとお分かり頂けると思います。

流石にラクティス等のコンパクトカーと比較してしまうと大きいですが(でも車体幅は同じ) 一般的なミニバンのセレナと比べてみても同じく又は、小さい車体寸法なのです。

また、運転席より前部分が短い事で車体感覚が苦手の方も安心できますし、運転ポジションが高い為、見晴らしも良く特に長距離の運転が楽。

他にも 自動車税が安い や新しいハイエースにはトヨタセーフティセンスが導入されているなど多くのメリットがあります。


ハイエースのデメリット

いい事尽くめの車であるハイエースですが、やはり欠点もあります。


毎年車検が面倒。
小型貨物車で4ナンバーのハイエースバンなので毎年車検になるのが手間な点があげられます。

ですが、1年点検と捉えたらどうでしょうか?安心して乗れますよね?



乗り心地が悪い
小型貨物車なので、荷物が載っていないと特に後部座席は「バイン、バイン」っという感じで 乗り心地が決して良いとは言えません。

多少荷物を載せると改善しますが車酔いをする方の中には、ハイエースの乗り心地はチョット・・・って方もいるようですが、遊園地と思えば楽しくないですか?


お世辞にもスタイリッシュではない。

これは真っ向から否定したいのですが、やはり 商用車としてのイメージがあるのかデザインが好まれない事が多いのが実情で、実際に嫁ちゃんからもカッコ悪いと評価がありました。


あの「空気抵抗なんて考えませんよ?何か?」と言わんばかりの四角いシルエットが無骨でそんな車から似つかわしくない可愛らし女性が降りてきたら良くありませんか?



まとめ


キャンプと関係する様でしない記事になりましたが何を隠そう、みそおさんは、これらをA4資料にまとめセレナ購入前に嫁ちゃんにプレゼンをした訳ですが最後に上げたデザイン性でセレナに負けた。


独断と偏見にまみれた記事ですが賛同者も多いはずと思い、こうやって綴っている訳ですが、正直に言って特にこだわり等がなければ ファミリー層はセレナやその他のミニバンを購入した方が間違いなく幸せになります。


でも、憧れとはそういう事は関係ない。

あの 厳ついボディ、無骨さ、遊び心、その全てが男を魅力してやまないハイエース。




・・・え?みそおさんは諦めてるのかって?


息子2人に「世界一カッコいい車はハイエース」と刷り込みを入れて、いつになるかわからないセレナの買い替えに向けて着々と準備しています。笑




関連・オススメ記事
www.misojicamp.com
www.misojicamp.com
www.misojicamp.com



最期まで読んでいただき有難う御座います。ランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村