三十路からはじめるキャンプ

30歳を過ぎてからキャンプをはじめたいと思い、日々妄想を重ねている備忘録。

MENU

工場勤務が使っている防寒対策。アウトドアにも使っているアイテムを集めてみた。

どうも、今日は寒いからホットコーヒーを飲もうと準備したものの、熱くてゴクゴク飲めないのが嫌で氷を入れるという暴挙を繰り返しているみそおです。



工場勤務のみそおさん、いくら暖房設備がある屋内といえど事務所などに比べるとこの時期になると寒い。
何か人権を与えられてない気がするが本件とは関係ない話しなので心に閉まっておこう。


仕事柄、流行りのワークマンを含めたホームセンターなど大好きな私が工業用と言えどコストを重視してアウトドアやその他、趣味にも使っているものを綴っていきます。



ランキングに参加しています。クリック・コメント等頂けると幸いです。
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村





デルタ グリップ 防寒

オススメ度 ★★★☆☆
オシャレ度 ★☆☆☆☆

はい、きましたよ。如何にも工場で使う軍手って感じの物です。

よくある厚手の軍手に属しますがこのデルタグリップは、 厚みが絶妙で暖かさを保持しながらも厚手によくある指先の使いにくさが他の軍手に比べて少ない事。

また軍手という性質上、滑り止め加工もバッチリしてあり薪割りなど手斧や鉈などを使う際にも疲れを軽減、怪我防止に役立ってくれました。


が、工業用軍手なので見た目がいかんせん悪いのが難点でお洒落な軍手とは程遠い気はしますがこの価格でワガママは言いません。暗くなれば見えません。


因みにみそおさんは、この軍手でスノーボードでもグローブ代わりにしていますがとても温かい上、先にあげた作業性の良さ、滑り止め加工がスノーボードに適していると思っています。
(ブーツを履いたり、ブーツを板にセットする時に厚手のグローブだとやり辛い。)


「あいつ、軍手と使ってるな?ダサッ!」

と、全身BURTONの意識高い系ボーダーの声が聞こえてきますが・・・

スノーボード用薄手グローブもありますが、1セット約¥5,000を軽く越え、ハッキリ言って高い。滑りに直結しないので 暖かい、濡れにくい、使い易いの三拍子が揃ったデルタグリップで十分だ。


他に愛用している軍手として釣りではお馴染みのネオプレン素材を使った軍手もあり、これもオススメ。めちゃ暖かい。怖いもの無し。

(ネオプレン素材は、分かりやすい所でウェットスーツなどに使われている素材で高い耐熱性、耐寒性、クッション性が特徴。他にはタブレットなどの保護ケースになんかも使われています。)

ワークマン 透湿レインスーツ STRETCH



オススメ度 ★★★★☆
オシャレ度 ★★★☆☆

(12月現在は売り切れ)


言わずと知れたワークマンブランドの雨具。

その中でこの透湿レインスーツはファスナーに加工をしてあり防水性機能が高い事から人気のある商品ですが、レインウエアである事から風もしっかりと遮ってくれている。

加えてストレッチ素材を使っているので非常に動きやすいが 少し細身のため、サイズには要注意。

一年前に買ったレインスーツがパツパツになっているのは下に着込んでいるからと言い訳させていただいて・・・


一見すると薄くて頼りない印象があったが意外にも使い勝手が良い。個人的な使い方として 大きめのサイズを選び、風が強い日、肌寒い時など1枚羽織りたい時に使っている。

これはキャンプに限らず釣りの時にも重宝しており、いつも車の中に保管しています。


とは言っても、そりゃゴアテックスを使ったアウトドアブランドのウェアには、憧れも含めて敵いません。

が、焚火で穴があく心配がある中で、高額商品を惜しげもなく使えない・簡単に買えないのが実情なので、 価格も抑えられ、コストパフォーマンスとしてはかなり高め。





HEAT TREK SOCKS 五本指

オススメ度 ★★★☆☆
オシャレ度 ★★☆☆☆


工場内では立ち仕事になる事も意外と多く、そんな時は、動かないのでやはり足先が冷たくなることが多い。

「何か良いものはないか?」と探してみると横文字だらけのこの靴下に出会うのだが、履いてみると確かに普段履いている靴下に比べて暖かみを感じる。

と言うよりは 冷たくなりにくい と言った印象。


あと、体感的に五本指ソックスの方が指間もしっかりと包んでくれているおかげか暖かい気がします。

嫁ちゃんからは洗いにくく、たたむのに大変と言われますが・・・。笑


他にはカプサイシン靴下なる如何にも暖かそうな靴下も出ているのでこれらも試してみたい所。




まとめ

真冬のゲレンデですら素足にクロックスを履き「寒いな、雪国よ」と言って、既に体温機能が崩壊しているみそおさんの意見なので果たして何処まで参考になるかわからないが、コストを重視したアイテムを綴ってみた。


「見た目がイマイチ、誰かに見られたら恥ずかしい。」

と言う被害妄想があるものの、誰も初心者であるみそおさんの背格好など気にするわけ無いと開き直りを見せ、これらを愛用している。

アウトドア・キャンプブランドで固めるのもいいが、こう言ったコストパフォーマンスが高い商品も数多くあり色々と試しているうちに・・・


「おっ!デルタグリップとスノピがコラボしたか?!やっとか、わかってるね〜。」

「なに?カプサイシン靴下にチャムス限定カラーが出ただと?!」


などとゼロに近い可能性を妄想という名の期待を抱きながら今日も何かないか?とホームセンターを練り歩きます。